FC2ブログ

横町利郎の岡目八目

仁と礼節を重視したお付き合いをさせて頂いております。波長の合うかたのお越しをお待ちしています。

安くて美味い!おおどりぃの麻婆豆腐弁当

本日は私が図書館に行った際、よく利用する昼食スポットを紹介したい。場所は仙台市中心部の晩翠通のドン・キホーテ晩翠通店である。ここの一階にある弁当店・欅屋 晩翠通店 おおどりぃである。おおどりぃとは恐らくオオドリー・ヘップバーンにあやかった名前ではないだろうか?隣にはお馴染みの銀だこが入っているが、こちらは開店前であった。左の店がおおどりぃである。東南アジアの露天風の店構え(屋根つきの外部に面したと... 続きを読む

期日前投票を済ませてきました

昨日、週の中休みを利用して第25回参議院選挙の期日前投票を住ませてきた。向かったのは青葉区役所である。投票時間は8時30分~20時で選挙日の前日まで投票可となっている。期日前投票が出来る条件として・仕事や学業、冠婚葬祭、地域行事の役員等の予定がある方(投票区の中での用務でも可)・旅行や買物等のレジャーまたは事故のため投票区の外に出る方・病気、負傷、妊娠、身体の故障等により歩行が困難と見込まれる方・... 続きを読む
[タグ] 期日前投票

へくり沢中流域の探訪

本日は去る7月11日(木)に巡ったへつり沢の続編として中流域(旧制二高アイスホッケーリンク跡地~春日神社まで)をお伝えしたい。砂利を敷き詰めた土地がアイスホッケーリンク跡地である。その後は畑地を経て現状に至ったようである。周囲とは落差が約20メートルあるが、この場所がかつてえぐられた沢(へぐり沢)であったことがよくわかるスポットである。Google3D立体画像で旧制二高アイスホッケーリンク跡地(黄色丸)... 続きを読む

雨中ウォーキング決行しました

一昨日の7月14日(土)雨中ウォーキングを決行した。自分は無類のへそ曲がりであり、天候にモチベーションを左右されるのを嫌う性分である。一昨日は「雨がなんだ、雨の中でも市街地ウォーキングをとことん愉しんでやるぞ!」という気持ちで家を出た。とは言え雨の中を数キロも歩くには雨具の完全装備は不可欠、完全防水のゴム長靴とヤッケズボン(通気性があるので蒸れない)で下半身を固め、上半身は長袖のシャツ(放熱の為、... 続きを読む

伊達藩火薬製造跡地を訪ねて

本日の2019年7月15日(月)は祝日(海の日)であるが、私はバイクで仙台市青葉区貝ヶ森地区の伊達藩火薬製造跡地を訪ねた。バイクはすぐ傍の貝ヶ森公園の入口に止めさせて頂いた。突き当たり(今は住宅が建っている)が火薬製造跡地だが、藩政時代とは打って変わり、今ではすっかり住宅地で囲まれてしまっている。昭和初期の地図(今昔マップより引用)をご覧頂きたい。90年近く前は目立たない山の中だったことがわかる。... 続きを読む

明智光秀はなぜ織田信長を裏切ったのか?

先日本能寺の変について記事を掲載したが、本日は明智光秀のサイドから主君・織田信長を裏切った動機や経緯について探って行きたい。参考にしたデータはNHKその時歴史が動いた「敵は本能寺にあり~なぜ光秀は信長を裏切ったのか~」の番組である。本能寺に関して扱ったその時歴史が動いたの番組は他にもあるが、前回の「信長暗殺を命じた男 新説・本能寺の変 浮上した黒幕」とは別な番組であることをお伝えしたい。明智光秀(... 続きを読む

追記のメリットとは一体何なのか?

本日、初めてFC2ブログの「追記機能」を使ってみたので、その印象を述べたい。初っ端からテンションが落ちるが、実は追記機能を使って掲載した記事は新着記事と認識されないようだ。新着を見る限りにおいて、2019年7月13日更新とはならないのである。これに関してのメリットは全く感じられなかった。これは追記をしたばかりの記事の状態である。継ぎ目のところはこんな感じで、何の変哲もないものである。追記とは文字通... 続きを読む
[タグ] 追記機能

横町利郎がトップでヒットするようになりました

本日からようやく「横町利郎」という検索ワードでネット検索した際に、私のFC2ブログがトップでヒットするようになった。昨日まで「横町利郎」で検索すると、2位のヤフーブログのほうがトップに出てきていたので逆転したことになる。ちなみにこれからは「横町利郎の岡目八目」で検索しなくても大丈夫である。今まで検索ワードにしていた「横町利郎の岡目八目」は長ったらしくて、読者様各位に大変不自由をかけ、肩身の狭い思い... 続きを読む

へくり沢下流の探検

本文「へくり沢」本文投稿:2019年7月11日(木)本日は休みを利用してへくり沢(仙台市内を流れる広瀬川の支流)を探訪した。インターネットで下調べに及んだ後に、私がまず向かったのは青葉区北七番丁の柏木市民センターである。柏木市民センターにはこのような立体模型が置かれている。へくり沢の名前の由来となった「へくる」とは谷の縁を縫うように川が通過することで、えぐられた地形を指すとのことである。恐らく「え... 続きを読む
[タグ] へくり沢 土橋

ハラスメントセミナーを受講してきました

皆さんは職場でパワハラなどを受けた経験がないだろうか?組織に在籍すれば誰しも経験し得るのがハラスメントである。立場の弱いほうが強いほうから圧力をかけられる。今の職場ではこれが問題になっている。今と述べたのは昔はこんな言葉すら存在しなかったからである。自分はこれを日本の悪しき遺産(ナショナリズムがもたらした全体主義が招いた負の遺産)と解釈している。今日の日本では人権が重視されるようになった。かつては... 続きを読む

さしみ蒟蒻「月のうさぎ」を肴に至福の晩酌

酒は自分にとって道楽であるが、健康を損ねるのは本末転倒である。ヘルシーに、体にダメージを与えないで酒を愉しむにはどうするか?これはけして人事でなく、今の自分の身に迫った切実な問題である。本日はその一助になる結構な食材を紹介したい。その名は「月のうさぎ」(さしみこんにゃく:価格は税込みで一袋¥78)である。実はこの品には姉妹品がある。それは「レバさしこんにゃく」というものである。(笑)但し、同じグラ... 続きを読む

サンマルクカフェ一番町店

自分の毎朝のリズムになっているのが朝カフェである。ホームグランドはサンマルクカフェ一番町店である。ここに通い詰めて一年半以上経つが、居心地の良いサルーンという感じで大変気に入っている。この一帯は全天候型のアーケードで覆われているので、天気の善し悪しにモチベーションを左右されないというメリットもある。左側の灯りのついた看板の店がサンマルクカフェである。人の往来に目を向けると、まだ午前7時前ということ... 続きを読む

信長暗殺を命じた影の黒幕とは?

前回まで織田信長が臨んだ戦を記事にしてきたが、今回は彼の最期となった「本能寺の変」に焦点を当て、彼が往時の日本に何をもたらしたのかについて掘り下げてゆきたい。参考にした資料は前回同様、NHKの歴史番組「その時歴史が動いた」の「信長暗殺を命じた男 新説・本能寺の変 浮上した黒幕」である。 往時の信長は独断に走る傾向が強く、抵抗勢力も多かったが、彼は抗う者の殆どを退けるという強引な手法で次々と... 続きを読む

伊達安芸仙台屋敷を訪ねて

ブロ友様の銀輪様に伊達騒動に関わった伊達安芸宗重の仙台屋敷の位置をご教示頂いたので、早速行ってみることにした。場所は青葉区の西公園通りの西側でYMCAのプールのほぼ向かい側である。立札の位置がいまいちで後ろに駐輪場が見えているが、家格は伊達一門の第四席ゆえ、敷地は数千坪にも及ぶものと推察している。この肖像画がいつ描かれたのはわからないが、かなり精巧である。遠田郡涌谷の菩提寺に祀られている像を手掛か... 続きを読む

随筆「フンコロガシの見る夢」

本日はヤフー時代に書いた6年前の随筆を紹介したい。二人のブロ友様を除いては初披露と認識している。但し、全く同じではあまりにも能が無いので、今の自分の心境に合わせてアレンジしてみた。※前書きフンコロガシが天の川の光を頼りにまっすぐに糞を転がすという研究結果が2013年1月25日、米科学誌カレント・バイオロジーに発表された。 【AFP2013年1月28日】スウェーデンのルンド大学などの研究者らと共同研... 続きを読む

ブログサイトの溝は埋まった

FC2ブログに本格的に打ち込んで二箇月以上が過ぎた。今は二箇月以上連続で毎日欠かさず更新している。最初の頃は勝手がわからず、だいぶ苦労したが、ブログランキングへの参加のこともあり、モチベーションは徐々に上がりつつある。本日は今のブロ友様との交流を模式図にしてみた。ここでいう橋とはブログ同士のリンクのことである。自分は現在28サイト(中には一人の人が二種類のブログを運営しているケースもあるので、敢て... 続きを読む

織田信長と斎藤道三の非情の絆とは?

天文22年(1553年)、美濃と尾張の国境に近い富田の聖徳寺で或る会見が行われようとしていた。会見に臨んだ二人は美濃の国を治める斎藤道三(60歳)と尾張の国を治める織田信長(20歳)である。道三は策略と陰謀で身内を次々と毒殺するなど、残念な手口で「美濃のマムシ」と言われ内外から恐れられた人物であった。これに対して信長は奇行などから「尾張の大うつけ」と呼ばれた人物である。柱にもたれかかり、わざと道三... 続きを読む

祖父と私と日本酒

私の祖父は昭和41年に亡くなったが、無類の酒好きだった。今の自分の酒好きは祖父から受け継いだ気がする。祖父は365日酒を嗜んだ人だったが、どんなに飲んでも酒に飲まれるということがなかった。但し、これは私が知る範囲であって、若い頃の祖父がどんな酒の飲み方をしたのかは定かでない。ただ言えるのは、祖父は何事にも筋が通っていて、常に折り目正しい生き方を貫いてきたのだろうということである。私から見た晩年の頃... 続きを読む
[タグ] 横町利郎

仙台中心街の路地裏

振り替えで帰宅時間が少し早かったので仙台市中心街の路地裏をさまよってみた。裏通りには様々な飲食店が店を構えている。突き当たりが目抜き通りの一番町通りである。Google航空写真で上の写真を撮影した路地をご覧頂きたい。路地側からタワービルを見上げた。ビルのガラスには青空が反射してなかなか快適な空間である。定禅寺通りでは造園業者による街路樹の枝払いが行われていた。仙台は杜の都と言われるが、こうした維持管理費... 続きを読む
[タグ] タワービル

今月のブログ運営を振り返って

自分にとって、今のFC2ブログは螺旋状のスロープのようなものである。但し、近道して一気に上に駆け上がる方法などは有り得ない。自分にはヤフーブログ時代の十年間のブログ運営の経験があるが、過去の経験には一切拘らず、一年生のつもりで新たなスタートを切りたいと考えている。本日は染谷昌利氏著「世界一やさしいブログの教科書」よりブログ運営に関する様々なヒントを頂戴した。その趣旨としては①、Google Search Console... 続きを読む

信長、姉川の戦で義弟と激突

今回は織田信長シリーズとして姉川の戦をメインにして話を進めて行きたい。参考にしたデータ(画像引用も含む)はNHKの歴史番組「その時歴史が動いた 肉を切らせて骨を断つ~織田信長・捨て身の復讐戦~」である。1560年代後半の京滋~越前地方の大名の勢力図をご覧頂きたい。百年近く続く越前の名門・朝倉氏は新興勢力の織田氏に対して、激しい対抗意識を持っていた。その朝倉氏は古くから浅井氏と同盟を結んでいたのである... 続きを読む

五百年前の胡椒は超高級品であった

昨日、私は久しぶりで朝マックを利用した。目的は読書である。青葉区一番町のマックはホームグランドではないが、時間のない時にたまに立ち寄る程度である。今読んでいる本は羽田正氏著「東インド会社とアジアの海」である。大航海時代に、いち早くアフリカ南端の東回り航路を拓いたポルトガルの狙いの一つは胡椒などの高価な香辛料であった。今は百均で買える塩胡椒だが、往時の香辛料は非常に高価な品であった。著者の羽田正氏で... 続きを読む

ブログのレベルは脱ビギナー

多くの人は自分のレベルを過大に評価する傾向にある。大変悔しいことであるが、次に掲げるデータを冷静に見ると、自分もその一人であるのを認めざるを得ない。これはGoogleアナリティクスによる最近一週間のPV(ページビュー:同人が一日に何度アクセスしてもカウントされる数字)である。人気記事はやはり自分のFC2ブログ運営を客観した記事であった。但し二番目に歴史関係の記事「織田信長の長篠の戦」が急浮上してきている。... 続きを読む
[タグ] 東北ランキング

裏技・サッシのクレセントカバーの修理

住まいの各部は経年とともに傷んでくるが、自分はその多くをDIYでこなしている。家を大事にする気持ちの根底に存在するのが家族愛であり、ルーツへの感謝の念が転じたものである。最近、アルミ製掃き出し窓のクレセントのカバーが破損した。普通なら交換するしかないと考えるのだろうが、自分は違う。飽くまでもDIYで直すのが横町流である。先ずはカバー(アルミ製)に穴を空ける目印をつける。(白の修正液を使用)万力でカバーを... 続きを読む

ブログではどんな記事に人気が集まるのか?

明日は週の中休みということもあり、今宵は琉球泡盛のロックを嗜んでいる。合わせる曲は或るブロ友様から教えて頂いた、50年代のシブいJAZZである。セカンドライフに入った今は特別なことは特に望んでいない。今の自分にとっては例えささやかでも、平凡な一日一日を刻むことが何よりの至福である。武骨な性分ゆえ、若い頃から随分と人間関係のごたごたを経験した。自分の物差しを人に当てはめようとしたことが、その原因の多くだ... 続きを読む

按配いいぞ!廃品を利用した工具入れ

本日は廃品(洗剤入れ)を利用した工具入れを紹介したい。自分は日曜大工が好きである。従っていつの間にかこのような道具が増えてしまった。この工具入れは中仕切りを設けたところがミソ(中仕切りによって小さい道具が中で倒れ難くなる)である。中仕切りの固定はコーキングで行った。ドライバーなどは似たような機能を持つものもいくつかある(笑)道具を立ててみるとこんな感じである。以前は中仕切りがなく、よく中で倒れて取... 続きを読む

長篠の戦、戦国を変えた両雄の決断

織田信長が臨んだ戦いで「桶狭間の戦」とともに、双璧に位置するのが「長篠の戦」である。 但し、長篠の戦は織田軍独自での戦いではなく、徳川家康と連合を組んでの戦いであった。甲斐の大大名・武田軍に台頭する勢力を誇った織田信長であったが、東の駿河や三河の備えを固めるには徳川家康の存在が不可欠だったのである。両者の思惑(往時の家康にしてみれば、まだまだ小大名で武田と戦うだけの力がなかった)が一致しての連合だ... 続きを読む

豚骨ラーメン「いちもんじ」に行ってみました

仙台に埼玉発の豚骨ラーメン店「ラーメン いちもんじ」がオープンしたので、本日息子を連れ立って行ってみた。外観は小奇麗な印象で合格である。メニューは至ってシンプルである。種類が少ないので迷うこともないと思うが、お勧めはワンコインで食べられる豚骨ラーメンで十分(トッピングは割り高感がある)である。麺の固さに「はりがね」というのがあるのにはビックリ!チャーシューのトッピング料の¥200は切り方が薄いので... 続きを読む

石の上にも三年…

ヤフーブログの閉鎖(自分はサービス中止という言葉を使わず敢て閉鎖という言葉を使わせて頂いている)に伴い、FC2ブログに移った自分だが、移行三箇月を過ぎ、ようやくリズムのようなものを掴みかけた気がする。当初は勝手がわからず、右往左往するのみであったが、ブロ友様の介添えもあり、ようやく軌道に乗ってきたのである。今更ヤフーブログに未練はないが、コミュニケーションというところにおいて、ヤフーブログのアドバ... 続きを読む

劣化したヘッドホンカバーの対処方法

●ヘッドホンカバーの修理●ヘッドホンカバーというのは非常に厄介な代物である。三四年使っただけで表層のビニールが劣化してボロボロになる。こうなると剥離した断片が耳につくのである;対処法としてヘッドホンカバーのみの交換も考えたが、¥1000以上するようだ。そこで指向を変え、インターネットで調べたところユニークな方法がヒットした。それは表面のボロボロをガムテープで取るというものである。なるほど、こんな方法... 続きを読む