FC2ブログ

横町利郎の岡目八目

実生活同様、ブログでも仁と礼節を重視したお付き合いをさせて頂いております。

生家のあった石巻市旧横町に行ってきました

2018年より文芸誌みちのく春秋に5回に渡って連載した『我がルーツと大河北上』が完結し、私は区切りをつけるために生家のあった石巻市旧横町(現千石町)に向かった。交通機関は高速バス(宮城交通)である。1時間40分ほどで、千石町(降車専用)の停留所に到着した。ここは旧横町に直行する新田町である。元禄2年(1689年)に松尾芭蕉が石巻を訪れた際に、曾良とともに宿泊した四平衛の家があったとされる石巻グランド... 続きを読む

業務スーパー・豚レバーパテを酒の肴に…

 マルケヴィチ指揮L・モーツァルト「おもちゃの交響曲」 0001 リンク曲についてモーツァルト「おもちゃの交響曲」である。自分は「オーソドックス」や「奇を衒わず」という言葉が好きだが、この音楽をアレグロ版(テンポが速くなること)は好みでない。自分の思い込みに過ぎないのかも知れないが、こちらのほうがより原曲に近いと感ずる所以である。週末の夕暮れのひと時を気に入ったクラシックのメロディーに聞き入り、心を委... 続きを読む

これが私の生まれた家です

私は数年前から自分のルーツを遡るべく、取り組んでいる。その一環が2017年4月の郷里・石巻千石船の会(郷土研究会)への入会であった。その集大成が『我がルーツと大河北上』という小説である。この作品は文芸誌みちのく春秋に2018年夏号から連載され、今回発行された2020年新年号で完結に至った。延べ5回に渡る掲載で、原稿用紙で60枚近くに相当する作品である。このモノクロ写真は昭和50年代中頃に撮影された... 続きを読む

仙台市安養寺保存緑地の探索

本日は去る1月12日(日)に訪れた宮城野区の安養寺(仙台市保存緑地)を紹介したい。位置的には木皿山保存緑地の東側に当たる地区である。西山コミュニティセンターというところにバイクを止めさせてもらった。バイクの傍にテトラポットに色を塗ったものが置いてあるが、わざと車を止めさせないためなのだろうか?詳しい事情はわからなかった。安養寺保存緑地の広さは4.48haである。周囲はほぼ住宅地と言っていい。北側に隣接す... 続きを読む

番ブラ&昔の恋愛映画の鑑賞

本日の仙台の最高気温は4度と寒かった。朝からみぞれの降る中、私が向かったのは仙台の都心部である。この建物は東北農政協などが入った合同庁舎だが、真向かいには県庁がある。私の服装は上が薄いコート、下が通気性に優れたナイロン製のヤッケ、履物は長靴、帽子が百均の山高帽(ビニール製のため防水)である。(笑)寒いのでじっとしていられない。とにかくひたすら歩くのみである。前方の幅の広いビルが定禅寺通と勾当台通の... 続きを読む

川瀬巴水という版画家

4日前の1月10日、版画家(日本画家)川瀬巴水の「日本風景集 東日本篇 石巻の暮雪(1935)」を紹介したが、川瀬の作品があまりにもインパクトが強かったので本日は彼の別な作品にスポットを当ててみたい。これは「牛堀」という作品である。雪がちらつく中の小舟の様子がノスタルジーを誘う。彼の作品は、古き良き日本の原風景を追ったものが多いようだ。特定の場所を描いてはいるものの、このような風景は日本の各地に点在... 続きを読む

シングルベッドをジャックベッドに改造

私は昨年12月にベッドから毛布が落ちないように百均で市販されているクランプ(強力な金属製)でDIYを行ったが、これにはオチがあった。それは夜中の体温調整がままならないことである。確かに毛布はずり落ちないが、暑くて寝苦しいと感じた際に毛布が剥げないのである。そのため、いつの間にか寝汗をかいてしまい、不快感を伴うことがあったのである。断面的にはこんな感じである。幅が900ミリしかないシングルベッドに敷布... 続きを読む

三連休の中日は東仙台ウォーキング

今シーズンは暖冬で今まで本格的な雪が降ってない。三連休半ばの本日は薄曇りながら、ウォーキング日和であった。私は以前から気になっていた東仙台地区に向かった。この地区には安養寺保存緑地があるからである。但し、すべてを紹介するにはあまりにも情報量が多いので、安養寺保存緑地は後日紹介することにして、今回はダイジェスト版で今日のウォーキングについて掲載したい。安養寺保存緑地散策を終えた後で、バイクに再び跨り... 続きを読む

「物故した人々」のカテゴリーを追加しました

三連休初日の本日私は図書館を訪れた。その際に通りかかったのは東北公済病院である。この病院には或る故人への思いがある。それはMさんである。あれは東京転勤で鬱を発した私が仙台に戻されて間もなく、確か2006年の秋のことだった。Mさんから電話がかかってきて「近頃体調が優れない、病院で診察を受けたら内臓の疾患で入院することになった」というのである。数日後、私はMさんを見舞いに東北公済病院を訪ねた。Mさんは笑顔... 続きを読む

85年前の日本画「石巻の暮雪」

本日は今から約85年前の石巻を描いた日本画「日本風景集 東日本篇 石巻の暮雪(1935)」を紹介したい。1935年と言えば、昭和10年で第二次世界大戦が始まる前のことである。高村光太郎が石巻を訪れたのは昭和6年なので、それからわずか4年後となる。昭和6年8月に石巻を訪れた高村光太郎は紀行文「三陸廻り」の中の一節で「石巻西内海橋に近い福島屋旅館の欄干の前を大北上川が鷹揚に流れている。仲の瀬島(中瀬)を... 続きを読む

全国的にも珍しい…仙台門松とは?

松の内も終わり、仙台では14日とどんと祭(仙台では正月様を焼く祭りをこう呼ぶ)を待つだけとなった。昨日は今シーズン初めて雪が積もったが、3センチだけですぐに解けてしまった。街中は相変わらず雪がない。下の写真は西公園通と広瀬通の交差点の歩道橋から撮影。そんな中、街中で変わった門松を発見した。その名は仙台門松である。松の木が二本立てられ、これに棒のようなものが渡され、棒にはしめ縄が巻かれている。それに... 続きを読む

ウインドーズ10を無事にアップデート

 English Patriotic Song - I Vow to Thee, My Country リンク曲についてホルストの惑星でもお馴染みのこの曲だが、自分としては、昨年秋のW杯ラグビー日本大会のBGMとして演奏されたのが印象に残っている。秋篠宮様が優勝カップを南アフリカ初の黒人キャプテンであるシヤ・コリシ選手に授与された後で、南アフリカの各選手が歓喜に極まるシーンがTVで放送された。スポーツの友和は国境を越えるとよく言われるが、あの日の表彰式... 続きを読む

魂が震える英の応援歌スウィング・ロウ・スウィート・チャリオット

 swing low sweet chariot - england rugby team 静かに揺れる愛しのチャリオット僕を迎えに来る静かに揺れる愛しのチャリオット故郷へと運んでおくれヨルダン河に見たものは故郷へと運んでおくれ舞い降りる天使の群れ故郷へと運んでおくれ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※リンク曲「スウィング・ロウ・スウィート・チャリオット」についてラグビーW杯が開催された昨年の秋、皆さんは準優勝したイングランドラグビーチームにどん... 続きを読む

仙台市一の坂保存緑地の探索

本日は去る1月3日に訪問した仙台市一の坂保存緑地を紹介したい。場所はJR仙山線東北福祉大駅の南側である。一の坂保存緑地の面積は0・99haで、正方形に換算すればほぼ100メートル四方とかなり狭い。西側からの遠望である。左側の茶色の建物が東北福祉大学で、右側の林が一の坂保存緑地である。西側の市道に面した側にはこのような立札が立っている。一の坂保存緑地は南側の擁壁側の階段を登って中に入れるが、ほとんどが... 続きを読む

久しぶりの若林ウォーキング

Elmer Bernstein "The Magnificent Seven" 14.10.2016 St. Petersburg Philharmonia Symphony Orchestraリンク曲について映画音楽「荒野の七人」である。新春に相応しい曲と思い、数曲を聞き比べリンクに至った。アメリカ西部の壮大なスケールを彷彿とさせるこの曲を聴くには、オペラハウスのような大きな器が必要である。但し下手なアレンジなどは無用。この曲はあくまで西部劇のテーマ曲である。然らば原曲に近く、且つ聴く者に... 続きを読む

世相を斬るブログでありたい!考える葦になりたい!

本日は年始休みを利用してブログの整理を行った。ヤフー時代のリンクが未だに残っているのは頭が痛い問題だが、訂正作業を地道に進めて行きたい。整理していて気になったのが自作エッセイ(親カテゴリー)の中の一般エッセイ(子カテゴリー)である。なんと数が238もあって、古い記事は影になってほとんど読まれないと考えたのである。私は考えた。FC2ブログはカテゴリーが二階層(親と子)になっているのでカテゴリー数がヤ... 続きを読む

仙台市村上山保存緑地の探索

今年の仙台の年末年始はずっと好天に恵まれているが、経験上珍しい気がする。週間天気予報によると1月8日あたりに雪が降るらしいが、本格的な寒波とは異なり最高気温が7度前後と予想されている。その後どうなるかはわからないが、今冬は1月前半までは暖冬という傾向が強いようである。本日も私は仙台市の保存緑地に出かけることにした。住宅地の向こうに尾根のようになった林があるが、これが本日目指す村上保存緑地である。村... 続きを読む

仙台市藤松保存緑地の探索

本日午後から向かったのは青葉区の藤松団地の中にある藤松保存緑地である。先日は北川山というマイナーな地名のつく保存緑地を紹介したが、今回から新たに「仙台市保存緑地の探索」をカテゴリーに加えた。これからどんどん紹介して行きたい所存である。藤松保存緑地北側の道路は画像からはやや伝わり難いが結構な急坂である。藤松保存緑地はこのようにバイクも止められる。(但し走行は不可)もちろん歩行での立ち入りはOKである... 続きを読む

新年の挨拶&仙台一番町散策

◆新年の挨拶◆皆さん、明けましておめでとうございます。お陰様で今年も穏やかな新年を迎えることが出来ました。改めまして、今年も本ブログを宜しくお引き回しのほどお願い致します。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※今年も昨年に引き続き雪のない元日を迎えた。朝になって外を見ると日照こそないものの、薄曇である。本日の初日の出は地平線から顔を出した太陽でなく、雲の合間から顔を出したものとなった。とは言え、初日の出を見... 続きを読む

12月のブログ棚卸し公開します

South African National Anthem - National Orchestra of South Africa南アフリカ国歌「神よアフリカに祝福を!」歌詞(コサ語)主よ、アフリカに祝福をその栄光が高く掲げられんことを(ズールー語)我らの祈りを聞き届け、あなたの子である我らを祝福したまえ(ソト語)主よ、我らの国を護りたまえ御手によりすべての争いを鎮めたまえ我らと我らの国を護りたまえこの南アフリカの国を(アフリカーンス語)我らの上なるこの青き空... 続きを読む

仙台・北川山保存緑地の探索

今年もあと一日を残すのみとなったが、連休三日目の本日、私はかつてからの思い入れを果すことを思いついた。それは北川山保存緑地の散策である。北川山とは一体何処なのか?実は北川山は自分自身も本日始めて知った地名であった。それだけ低い知名度の場所だが、存在感はけして捨てたものではない。下の表をご覧頂きたい。北川山の面積は3・27ヘクタールとさほど広くない。Google3D立体画像で北川山保存緑地をご覧願いたい。... 続きを読む

仙台の官庁街の年の瀬

 映像の世紀OPテーマ:パリは燃えているか リンク曲について過去にNHKで放映された「映像の世紀」は多くの日本人に戦争の悲惨さを訴えるものだった。歴史は繰り返すと言われるが、世界の各地で紛争が続いている。力による制圧は報復の連鎖を呼ぶ。アメリカが国家第一主義を唱えれば、それが歪となってどこかに現れる。火種は中東だけでなく、朝鮮半島の情勢が気になるところである。先ほどディスカバリーチャンネルで「映像の... 続きを読む

9連休初日、横町流の過ごし方

今日から年末年始の9連休に入った。連休は初日が肝心。私が真っ先に向かったのは、いつも通勤で通る一番町商店街である。時刻は8時を回ったばかり。気温が3度とかなり低いが、アーケード街に朝日が差し込んで気持ちがよい。幸先のいい連休スタートに私の胸は高鳴った。いつもは出勤のサラリーマンで混雑する一番町だが、きょうはガラガラであった。商店街には早くも「迎春」の提灯が飾られ、一足早く正月気分に浸った。今年の仙... 続きを読む

本日はサラリーマンの千秋楽

今日で多くの企業が御用納めである。当社もそうであった。午後から大掃除をして来年からの心機一転を心に誓い、定禅寺通の光のページェントを横目に見ながら安堵に浸り帰路についた。長いようで短い一年、年を取るにつれ、時の過ぎ行く速さに加速がつく。全員とまでは言わぬが、これは多くのかたが異口同音に唱えることである。セカンドライフ3年目に入った今年は、更に職場での人間関係を深めるのに至ったのは願ってもないことで... 続きを読む

セリアメガネ式拡大鏡の評価

つい数日前、百均のセリアで1・6倍の拡大鏡を購入した。同社の拡大鏡は1・6倍の他に1・8倍もラインナップされているが、見やすさ(倍率が高いと目が疲れる)を考えて1・6倍にした。見た目は普通の黒縁メガネそのものである。老眼鏡とどう違うのか、私自身よく理解していない。(使い勝手が大切であり商品名は二の次という理由で)これは数箇月前に購入したダイソーのメガネ式拡大鏡(倍率は同じく1・6倍)である。こちら... 続きを読む

角田市民ゴルフ場での年忘れゴルフ

本日私は息子を伴って宮城県南部の角田市民ゴルフ場に向かった。仙台からの移動時間は1時間40分ほど掛かり、けして近くないのだが格安で利用できる点が気に入っている。実はこの角田市民ゴルフ場は去る10月13日の台風19号の水害を被った場所である。当日は未曾有とも言える降水量が、阿武隈川に対して考えられないほどの堤防決壊もたらしたのである。(阿武隈水系だけで本支流を含め数十箇所が決壊)市民ゴルフ場の傍の堤... 続きを読む

大先輩Aさんからのメール

先日、以前在籍した企業の先輩であるAさんにメールを送ったところ、二日後に返事が来た。今日はその内容を公開したい。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※先ずは私がA先輩に書いたメールである。A兄 ご無沙汰しております。年の瀬も近づきましたが如何お過ごしでしょうか? さて先月末、今年から年賀状のやり取りを、全てのかたに対して止める旨の封書が届いたものと存じます。大変申し訳ございませんが、自らのロハス思考もあり、... 続きを読む

ボリューム満点・満州飯店の味噌タン麺

一昨日の21日(土)、私は泉区に向かってバイクを走らせた。目的は泉区図書館と七北田公園の散策である。図書館に行く前にラーメン店に行って腹ごしらえした。店の名は満州飯店である。ヤフーブログ時代何度か紹介した記憶がある。満州飯店は昭和の時代から続く老舗である。頼んだのは特製味噌タン麺(税込み¥750)である。これで普通盛りだが量が半端でない。カキ氷状に盛られた野菜と格闘すること5分、ようやく麺にありつ... 続きを読む
[タグ] 満州飯店

長期滞在可能な仙台のネットカフェ

本日私が向かったのは青葉区晩翠通のメディアカフェポパイ(インターネット、コミックカフェ)である。ビルの名前は山口ビルで2~3階はドン・キホーテが入っている。1階にはおおどりぃという弁当屋さんとたこ焼きの銀だこがテナントとして入っている。各フロア毎のテナントを紹介したい。ドン・キホーテ晩翠通店は紹介するまでもないが、おおどりぃは本ブログで過去に何度か紹介した経緯がある。この店は大変コストパフォーマン... 続きを読む

廃材のワイヤでキーホルダーを自作しました

愛用していたバイクのキーホルダーが壊れて紐で代用していたが、不安を感じたためワイヤーを用いてDIYで作ることにした。紐だと走行中の振動で他のキーが暴れて隙間に入り込む恐れがあったからである。ワイヤーは建築用資材で排煙窓の操作に使われるものだが、廃材なのでコストはゼロである。追従性に優れ、強度があるので用途的には最適と考えた。用意した工具である。但し一番下のセットハンマーだけは使わず仕舞だった。上か... 続きを読む

昨日の光のページェント

 アルビノーニ - 弦楽とオルガンのためのアダージョ ト短調 リンク曲について荘厳な宗教音楽を聴きながら至福のひと時を自覚しながら週末の酒を嗜んでいる。今の宮城県の骨格を創った伊達政宗公は自らの運命を能動的姿勢をもって切り拓いた人物であった。自分も政宗公にあやかり、自らの人生を他に委ねることなく常にポジティブな精神を心に抱きつつ、人生と真摯に向き合いたい。「アルビノーニ - 弦楽とオルガンのためのアダ... 続きを読む

ライオンのような面構えと優しさを持ち合わせた男

 Duane Vermeulen | THOR MODE リンク動画について世界ラグビー日本大会は南アフリカチーム(通称:スプリングボグス)が優勝して幕を閉じた。本日はその南アフリカでも特に印象に残った選手を挙げたい。彼の名はドウェイン・フェルミューレンである。南アフリカチームは名前の発音が独特の選手が多いが、彼もその一人である。彼のポジションはフォワードでも花形と言われるナンバーエイトで、スクラムの最後尾(4列目)の中央... 続きを読む

良心的な通販専用バイクバッテリー

休みを利用してバイクで市街地を走ってきた。私はウォーキングにもよくバイクを利用している。それは駐輪場が市内のあちこちにあるからである。私はバイクを乗らない日でもなるべくエンジンをかけるようにしているが、その理由はバッテリーを長持ちさせるためである。今使っているバッテリーは今年の冬で丸三年を向えるが至って快調である。それでも年数が年数なので万全を期す意味で充電を行った。この充電器は密封式バッテリーに... 続きを読む