fc2ブログ

エッセイ「木枯し紋次郎と私」

 木枯し紋次郎オープニング   エッセイ「木枯し紋次郎と私」最近、笹沢左保の往年の名作「木枯し紋次郎」シリーズを数作読んだ。このシリーズは完全なフィクションであるが多くの時代小説の類に漏れず、一度ハマると癖になるような快感を伴い、シリーズ中の他の作品も連続して読みたくなるほど強く興味を引かれるものである。きょうは紋次郎の魅力について述べたい。彼は作品の中で堅気でない渡世人という境遇であり、一見やく... 続きを読む