fc2ブログ

ユアテックスタジアム・泉七北田公園周辺の散策

 ビゼー:《アルルの女》第2番から「メヌエット」 【コラム】ジョルジュ・ビゼーは1838年、パリに生まれた。幼少期から並々ならぬ才能を発揮した彼は19歳でカンタータ『クローヴィスとクロティルデ』でローマ大賞を獲得した。1861年(23歳の時)にはリストの新作のパッセージを一度聴いただけで演奏し、さらに楽譜を渡されると完璧に弾いてのけ、リストを驚かせた。その後は、オペラなどの劇音楽を作曲の中心とし、... 続きを読む

最高気温1度の中でのウォーキング

BIZET FARANDOLE - THE ORGAN OF MONTSERRAT ABBEY (JONATHAN SCOTT - ORGANIST)リンク曲についてジョナサン・スコット演奏の「アルルの女」である。フランスの作曲家・ジョルジュ・ビゼーが作曲した全27曲の付随音楽であり、アルフォンス・ドーデの同名の短編小説『アルルの女(フランス語版)』およびそれに基づく戯曲 の上演のために1872年に作曲された。非常にスピーディーな曲だが、それを難なく弾きこなすスコットの技... 続きを読む