fc2ブログ

仙台市街地歩き&定禅寺通の冬景色

  Largo Ombra mai fu "Serse" G.F.Händel 【コラム】久しぶりにヘンデル作曲によるオンブラ・マイ・フ(ラルゴ)のリンクである。オペラではペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。詩はプラタナスの木陰への愛を歌ったものとされる。多くのオペラ曲を作曲したヘンデルだが、多くが淘汰され、一部のみが現代に残っている。理由はもちろん名曲だからである。プラタナスの木陰への愛とは少しわかり難いものが... 続きを読む

仙台都心部:週末の帰宅風景

 XERXES 'Ombra mai fu' Handel - Deutsche Oper am Rhein リンク曲についてOmbra mai fu(ヘンデルの作曲したオペラ曲)『セルセ』第1幕冒頭のアリアで、ペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。詩はプラタナスの木陰への愛を歌ったものとされるが、自分としてはプラタナス云々よりも、世を去った故人の面影を偲ぶに相応しい曲である。芸術(音楽、絵画、彫刻etc)においてはそんな解釈があっても許されるのでは... 続きを読む

青葉区小松島のトチノキ林の訪問

   Handel "Largo" from Xerxes   【コラム】ヘンデル(1685~1759)の作曲したオペラ『セルセ』(Serse, Xerxes)第1幕冒頭のアリアの一節となるオンブラ・マイ・フ(Ombra mai fu)である。ペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。調性はヘ長調。詩はプラタナスの木陰への愛を歌ったものとされる。多くのオペラ曲を作曲したヘンデルだが、多くが淘汰されごく一部のみが現代に残っている。その残った... 続きを読む

仙台市街地堤通界隈のウォーキング

  Handel's Largo from Xerxes Orchestra  リンク曲雑感ヘンデル(1685~1759)の作曲、ゼルクセスオーケストラ演奏の「オンブラ・マイ・フ」(Ombra mai fu)である。(昨日にアップしたばかりの曲)この一節はしたオペラ『セルセ』(Serse, Xerxes)第1幕冒頭のアリアである。ペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。調性はヘ長調。詩はプラタナスの木陰への愛を歌ったものとされる。ヘンデルは生... 続きを読む

仙台市一番町牛たん料理閣のテイクアウト弁当

Andreas Scholl: Largo di Handel : Ombra mai fu : Aria da Xerxes HWV 40 countertenor Bonazeta YTリンク曲についてヘンデル(1685~1759)の作曲したオペラ『セルセ』(Serse, Xerxes)第1幕冒頭のアリアの一節となるオンブラ・マイ・フ(Ombra mai fu)である。ペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。調性はヘ長調。詩はプラタナスの木陰への愛を歌ったものとされる。多くのオペラ曲を作曲したヘ... 続きを読む

仙台市青葉区西公園の紅葉・夢の中で逢える故人

 HANDEL - LARGO - ORGAN OF ALBION CHURCH - JONATHAN SCOTT リンク曲についてパイプオルガンの名手ジョナサン・スコット演奏の「オンブラ・マイ・フ」(Ombra mai fu)である。この一節はヘンデル(1685~1759)の作曲したオペラ『セルセ』(Serse, Xerxes)第1幕冒頭のアリアである。ペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。調性はヘ長調。詩はプラタナスの木陰への愛を歌ったものとされる。荘厳な... 続きを読む

白露を迎えた仙台定禅寺通散歩

 HANDEL - LARGO - ORGAN OF ALBION CHURCH - JONATHAN SCOTT リンク曲についてリンク曲はヘンデルのLargoである。今更過ぎ去った過去は返ってこないが、これまでの苦い経験を無駄にすることのないよう、残されたセカンドライフを大切にしたい。幸い今の自分は人様の役に立つべき仕事(建設業の安全管理部門を司る)がある。それは尊い人命を守ることである。安全管理と言う仕事はけして高飛車に出てはいけない仕事であ... 続きを読む

今日の帰宅風景IN仙台一番町

HANDEL - OVERTURE - MUSIC FOR THE ROYAL FIREWORKS - ORGAN OF ST. JOHN'S CHURCH, DUMFRIESリンク曲についてヘンデルの曲である。荘厳な響きの中に矜持を感じる。彼は1685年に生まれ、1759年に没している。この時代で74歳まで生きたのは珍しいが、最後の7年くらいは視力を失っている。彼はオペラ曲にも名作を残したが、様々な軋轢もあったようで生まれ故郷のドイツを捨てイギリスに帰化している。自分は古い新しいと... 続きを読む