fc2ブログ

3535番目の記事、これまでで一番気合が入った記事とは

   Europe 'The Final Countdown'   かれこれ14年に渡るが、自分は今までブログと言う媒体に様々な喜怒哀楽を綴ってきた。もしその中でどの記事が印象に残ったか?と聞かれれば即座にこの記事と答えることだろう。それは数年前、現役時代にピリオドを打ち、無事に定年を果たした際の早春の記事『ポエム「最後のカウントダウン」』である。長年当り障りなくサラリーマンを勤め上げたかたにとっては無縁なのかも知れないが、... 続きを読む

笹沢左保原作・木枯し紋次郎「大江戸の夜を走れ」感想

 だれかが風の中で 木枯し紋次郎 リンク動画について映画やドラマを鑑賞された時のことを思い起こしてほしい。成りきりは誰にでもあり得ることだろう。但し私の場合は少し事情が異なる。それは過去に躁うつ病を発症した際、様々な人物に成りきり、現実との境界を彷徨った経緯があったということである。成りきった人物は武士が多かったが、木枯し紋次郎のような任侠物の主人公もあった。自分が紋次郎に成りきったのは、今から8... 続きを読む

あっしは礼儀作法と仁義を重視する人間にござんす

 前書き私は一年前の9月3日或るポエムをブログに発表した。その題名は「上州長脇差の心で現代を生きる」である。江戸時代に於けるヤクザ者の本場は何といっても上州(今の群馬県)であった。他の渡世人から一目も二目も置かれる所以は①腕っぷし②度胸③反骨精神④礼儀作法と言われる。 ポエム「上州長脇差の心で現代を生きる」今まで数々の修羅場をくぐり抜けてきた。もうダメかと思ったときも何度かあった。しかし俺には度胸があ... 続きを読む

仙台好日♪

 William Tell Overture Final 信念の長脇差を持ち、強かに残り僅かとなったサラリーマン生活を生き残る明日1月20日は大寒である。きょうは有給休暇を取った。そろそろ年度末が迫ってきた。有給休暇を予定通りに消化するのも仕事のうちである。有給休暇を取るに当たって一切の遠慮もなければ気負いもない。但し私がこの境地に達するまでは多くの右往曲折があった。出世を目指すもサラリーマン、法の下に労働者の権利... 続きを読む