fc2ブログ

涼州詞に見る俊才王翰が残したシルクロードへの想い

  中国五千年倶楽部 『涼州詞』/王翰(おうかん)唐  リンク動画についてYOU TUBEで興味深い動画を見つけた。その名は「中国五千年俱楽部」である。中国と言う国は文化と歴史に彩られた国である。例えば漢詩に歌われる酒と人生は心情的にシンパシーを感ずるものが多い。「中国五千年俱楽部」の動画はまだ日が浅くチャンネル登録者数こそ少ないが、漢詩を多く扱っている。本日はその中からこれと思ったスレッドを掲げ、自分な... 続きを読む

バレンタインデーを前にして、本日の通勤

   Kitaro - Theme From Silk Road   リンク曲について(Wikipediaを参考にして横町が編集)喜多郎(本名:高橋正則)演奏によるシルクロードのテーマ曲である。1980年、喜多郎はNHK制作のドキュメンタリー番組『NHK特集 シルクロード』の音楽を担当し、そのテーマ曲が彼の代表作となった。同年発売されたアルバム『シルクロード・絲綢之路』『シルクロード・絲綢之路 II』、パルコ劇場でのライブ録音『イン・パー... 続きを読む

シルクロードから発掘された美女のミイラとは?

シルクロードの砂に埋もれ二千年後に発掘された謎の美女   1958年井上靖「楼蘭」概要 楼蘭は敦煌の西に存在した幻の小国である。この楼蘭が歴史上に名を現わすのは紀元前百二三十年頃から同七十七年までであり、わずか五十年ほどであった。この頃の楼蘭は匈奴(現モンゴル辺りに居着いた遊牧民)の脅威におびえていた。 ※写真はインターネットから借用楼蘭はこれを解消するために漢の庇護の下に入ろうとするが思うよ... 続きを読む

シルクロードの基点であった敦煌には何があったのか?

 井上靖 敦煌(とんこう)               井上靖「敦煌」概要11世紀の始め、漢人である趙行徳(ちょうぎょうとく)は、進士の試験の面接時の待合室で居眠りをしたためこれに失敗する。落胆した行徳は開封の町の郊外の市場の辺りを魂が抜かれた者のようにふらふらと彷徨い歩いた。そこで行徳が見たものは食肉として売られている生きた西夏の女であった。 行徳が情けをかけ救ってやろうとと言い出すと、女は「... 続きを読む
[タグ] 井上靖 敦煌