fc2ブログ

エッセイ「夏至の日」

   エッセイ「夏至の日」若年の頃は目先のことだけ考えて生きていた。俗に言えば煩悩にまみれて生きていた。従って季節の候にもさほど関心がなく「夏至」というものについて深くも考えもしなかったし、考えようとも思わなかった。しかしながら長い年月は時勢とともに人を変えゆくものである。現実主義的なものの考え方はさほど昔とさほど変わっていないが、昨今はこれに情の入る度合いが相当増してきたように思えるのである。き... 続きを読む