fc2ブログ

ウイークエンドの私/久しぶりに緑が戻った仙台定禅寺通

Bruce Hornsby and The Range - The Way It IsThe Way It Is和訳(by昔時様)一列に並んで 足踏みしてる景気がよくなるのを待ってるんだわずかな生活保護をいただくために金がなくちゃ仕事も買えないんだよシルクのスーツを着た男が急いで横を通り過ぎる貧しい女性達が見てるのに気付いてヤツは面白半分にこう言うんだ"仕事見つけろよ"どうせそんなものさ変わらないものだってあるんだよどうせそんなもんだああでも きみは信じるの... 続きを読む

ヘンデル「オンブラマイフ」&出勤前の西公園ウォーキング

   ヘンデル「ラルゴ」(ロンドン交響楽団)   【コラム】ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルによる「オンブラマイフ」(別名「ラルゴ」)である。この曲はオペラにおいて、ペルシャ王がプラタナスの木陰への愛を歌った曲とされる。しかしながら私としてはその意をまともに捉えるのではなく、自分なりの想像を加えた上で厳かな情感に捉われながら、聞き入っている。平素に聞く曲ではなく、週末のひと時に己の歩んできた人生を... 続きを読む

小雨の仙台市街でのビルウォッチング

ヘンデル-司祭ザドク(コロネーションアンセム)- ジョナサンスコット【コラム】『ジョージ2世の戴冠式アンセム』は、ドイツ出身でイギリスに帰化した音楽家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルが、1727年にイギリス王ジョージ2世の戴冠式のために作曲した戴冠式アンセムである。4曲からなり、第1曲目の『司祭ザドク』は、歴代国王の戴冠式にも演奏される。国王の戴冠式にも演奏されるだけあって格調高い曲だが、これまで刻んで... 続きを読む

横町流平常心の保ち方:禅寺を訪ねて

セカンドライフに入ってしばらく経過したが、振り返って思うことは現役時代の頃と比べて、年月の経つのが早いということである。これは先賢から聞いていたことだが、現役時代はどうしても実感が湧かなかったのである。それがセカンドライフに入ったとたんに他人事ではなくなり、今は切実な実感として受け止められるようになったのである。既に自分が物心ついた頃の祖父母の年齢に達した昨今、改めて「光陰矢の如し」、「少年老い易... 続きを読む

祝!仙台市図書館一箇月半ぶりにサービスを再開

新型コロナ拡大のため、3月26日から休館していた仙台市図書館(仙台メディアテークのみでなく、各区の分館の全て)がサービスを再開した。実に47日ぶりの再開である。自分としては歴史作品を執筆するための資料収集ができなくて、我慢を重ねた日々であった。それだけに今日の再開はひとしお嬉しいものがある。ほとんどのサービスは再開されたが、2階の視聴覚コーナーは貸出のみで、館内でDVDやビデオを見ることはできない。... 続きを読む

速報☆仙台市中心街の紅葉事情

Wagner — Overture to Die Meistersinger von Nürnberg — Scott Dettra, organistリンク曲についてヴィルヘルム・リヒャルト・ワーグナー作曲の楽劇「ニュルンベルクのマイスターシンガー」である。Wikipediaによると16世紀中ごろのニュルンベルクを舞台としており、全3幕、15場からなる。上演時間は4時間以上に及ぶ。ストーリーは、人間と芸術の価値を輝かしく肯定するとともに、天才が得た霊感を形式の枠の中で鍛え上げる必... 続きを読む

秋を迎えた仙台晩翠通の散歩

 Handel - Music for the Royal Fireworks (Proms 2012) リンク曲について本日もヘンデルの曲のリンクである。ブログ運営は常にモチベーションとの戦いを強いられるが、自分のゾーンの曲のリンクは運営の大きな追い風となる。たかがブログ、されどブログである。公私のバランスは大切だが、明日からの英気を養う意味で日曜日の記事のリンクにどんな曲を選ぶかは極めて大きい。週の初めに好スタートを切る意味で、この格... 続きを読む

上司Sさんへの思いを誘うTOTOの名曲

 TOTO - I'll Be Over You - ''Live 1990'' リンク曲について久々にTOTOのI'll Be Over Youのリンクである。この曲を聞く度に思い出すのが定年半年を前に世を去った上司Sさんのことである。Sさんは中庸の美徳を地で行く人物であり、数少ない自分の理解者であった。そんなSさんが職場を去るときに、電話で交わしたあの日の言葉は今でも忘れられない。10年前の今頃、ガンを宣告されたSさんにかける言葉すら思い当たら... 続きを読む

定禅寺通沿い東龍門での食事

 Foreigner - That Was Yesterday (Official Music Video) リンク曲について久しぶりにForeignerの曲のリンクである。最近はハード路線が影を潜め、代わりにソフト路線と言うべき洋楽のリンクが増えている。それでもたまにはスパイスの効いた曲をリンクしたい。このThat Was Yesterdayは定年を迎えるころによく聞いた曲だが、精神の高揚をもたらす曲として、大変想い出深い洋楽である。曲を聞きオンザロックをあおる時、もちろん... 続きを読む

仙台市図書館・久しぶりに一般開放!

 Pachabel Cannon in D major Perfect Version.wmv リンク曲についてヨハン・パッヘルベル(Johann Pachelbel)作曲のカノンは教会音楽(室内楽曲)である。正式な曲名は『三つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグニ長調』(原題: Canon a 3 Violinis con Basso c. / Gigue) である。ヨハン・パッヘルベルはバロック時代のドイツの作曲家だが、それにしても荘厳極まる曲を作ったものである。仙台市博物館... 続きを読む

久しぶりの番ブラで元気を取り戻す!

 Johann Strauss I - Radetzky-Marsch, Op. 228 リンク動画について久しぶりのラデツキー行進曲リンクである。ラデツキー行進曲はヨハン・シュトラウス1世が作曲した行進曲で最高傑作といわれ、クラシック音楽全体でも有数の人気曲である。1848年革命の最中に、当時はオーストリア帝国領であった北イタリアの独立運動を鎮圧したヨーゼフ・ラデツキー将軍を称えて作曲された。自分は行進曲を好むが、この曲は歌劇カルメンのMarch ... 続きを読む

本日の街歩き&世界ラグビー雑感

本日の土曜日、いつものルーティーンで私が向かったのは仙台市青葉区図書館(仙台メディアテーク)である。街中の途中にバイクを止めて徒歩で向かったが、今秋になって初めて暑さから解放された気になった。私は歩くスピードが結構速いので夏場はタオルが欠かせないのだが、気温こそ26度あったが湿度が低く、今日は無縁で大変過ごし易い気候であった。10月に入って、ようやく待望の季節来たりという印象である。北二番町を晩翠... 続きを読む