fc2ブログ

仙台市街地歩き&定禅寺通の冬景色

  Largo Ombra mai fu "Serse" G.F.Händel 【コラム】久しぶりにヘンデル作曲によるオンブラ・マイ・フ(ラルゴ)のリンクである。オペラではペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。詩はプラタナスの木陰への愛を歌ったものとされる。多くのオペラ曲を作曲したヘンデルだが、多くが淘汰され、一部のみが現代に残っている。理由はもちろん名曲だからである。プラタナスの木陰への愛とは少しわかり難いものが... 続きを読む

年末の仙台市一番町の風情と寒波の影響

 a-ha - The Sun Always Shines on T.V. (Official Video) リンク曲について久しぶりにアハーの曲のリンクである。a-ha(アーハとも)は、ノルウェー出身のスリーピース・シンセポップバンドである。結成は1982年結成。テイク・オン・ミー(Take On Me)など多くのヒット曲を飛ばしたことで著名である。メンバーはモートン・ハルケット(ボーカル)、ポール・ワークター=サヴォイ(ギター)、マグネ・フルホルメン(キーボ... 続きを読む
 a-ha♪  -  -

仙台市一番町・今日の通勤風景

  Leopold Mozart-Toy Smyphony  リンク曲についてモーツアルト作曲の「おもちゃのシンフォニー」である。おもちゃが交響曲を奏でる。そんな夢のあるこの曲が作られたのは、今から250年近く前のことであった。そんな遠い昔にモーツアルトはどんな気持ちでこの曲を作ったのだろう。考えるだけでわくわくしてくる気がする。少年特有の’心のときめき’を失っては、このような曲は作れないのではないだろうか?私はこの歳になっ... 続きを読む

仙台光のページェント準備始まる

 ALBINONI: ADAGIO - XAVER VARNUS' HISTORIC INAUGURAL ORGAN リンク曲について久しぶりにザバー・バーナスのチャーチオルガン演奏アルビノーニ作曲「弦楽とオルガンのためのアダージョ」をリンクした。ザバー・バーナス(1964~)は日本では知名度がないが、ハンガリー生まれでカナダ市民権を獲得したパイプオルガン奏者である。人間は時に過酷な運命を背負わねばならない。例えそれが明日来ようが現実を確と受け止めなけ... 続きを読む

昨日の光のページェント

 アルビノーニ - 弦楽とオルガンのためのアダージョ ト短調 リンク曲について荘厳な宗教音楽を聴きながら至福のひと時を自覚しながら週末の酒を嗜んでいる。今の宮城県の骨格を創った伊達政宗公は自らの運命を能動的姿勢をもって切り拓いた人物であった。自分も政宗公にあやかり、自らの人生を他に委ねることなく常にポジティブな精神を心に抱きつつ、人生と真摯に向き合いたい。「アルビノーニ - 弦楽とオルガンのためのアダ... 続きを読む

仙台光のページェント開幕

本日12月6日(金)は仙台光のページェント開幕日である。私は昼食を食べに定禅寺通に出てみた。点灯は17時半なので5時間後となる。私はケヤキ並木を見ながら、今夜の感動を心に浮かべた。我が仙台において、今年も年の瀬が近づいたという情感に至る最たるイベントこそが光のページェントである。勤務を終えた私は常禅寺通に差し掛かった。まだ早い時刻にも関わらず人出がすごい。とても昼間と同じ通りには思えない。年齢層を... 続きを読む

定禅寺通の落ち葉&イルミネーション

朝晩、私は定禅寺通を通っているが、本日はその様子をお伝えしたい。先ずは出勤時である。欅並木は紅葉のピークを過ぎ、落ち葉がすごい。北風が強い日は落ち葉が舞うが、その様は街全体が初冬を迎える前の儀式でもある。※定禅寺通で撮影ビルのテナントとして入っているカフェの店員さんが落ち葉を集めていた。毎年のこととは言え頭が下がる思いがする。※定禅寺通で撮影これは帰宅時に一番町で撮影した写真である。光のページェント... 続きを読む