fc2ブログ

AIを駆使/仙台藩祖伊達政宗の仮想肉声で人生訓を聞く

【伊達政宗の蘊蓄】不遇や病を上手く乗り越えるには、どうすれば良いか。リンク動画解説先日ChatGPTが格段に進化し、ビジネスチャンスが広がったということをお伝えしたばかりだが、YouTubeを漁っているうちに、これを地で行くようなサイトを見つけた。チャンネル名は「AI偉人塾 -喋る百人の説教-」である。過去に存在した国内の偉人が生きていたら、どんな蘊蓄を語るのか?興味をお持ちのかたは多いのでないだろうか?ある程度AI... 続きを読む

宮城刑務所はなぜ史跡の上に建てられたのか?

宮城刑務所はなぜ史跡の上に建てられたのか?リンク動画解説My動画のリンクである。ここは宮城刑務所(仙台拘置支所)の入口である。実はここは仙台藩祖・伊達政宗の晩年の居城であったところである。伊達政宗と言えば、宮城県や仙台の骨格を創った人物なのでなら本来ならば史跡になるはずなのだが、どういうわけか刑務所が建てられたのである。その謎を解くために私は、何度も若林城跡(宮城刑務所)に足を運んだ。動画中には江戸... 続きを読む

スマホを使って絶景ポイントを撮影

The Outfield - Everytime You Cry"Everytime You Cry" 歌詞俺は君がどんな服を着ようがちょっかいは出さない髪型についても同じさ俺は自分の考えはめったに話さないのさだから好きかどうかも話さないのさ誰もいない世界で同情してくれる人が必要ならいつでも俺の名前を呼んでくれ俺はきっと君のそばにいることだろう※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※アート・フィールドの1985年のデビュー・アルバム『Play Deep』の中の一曲で... 続きを読む

3700番目の記事は宮城県庁県政広報展示室

本記事で通算3700番目の記事になります。日頃からご愛顧を頂いている読者様、ブロ友様には厚く御礼を申し上げます。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※所用があって宮城県庁に行ってきた。敷地内にはこのような花時計があるが、時刻のほうは調整中とのことであった。或いは春に先駆けて花壇の中に花でも植えているのかも知れない。お目当ては先日見学できなかった最上階にある、18階のロビーは非常に広く、時間つぶしの人な... 続きを読む

横町利郎 歴史作品『東街道をゆく』 みちのく春秋に連載中

私の歴史作品『東街道をゆく』その十一 陸奥国分寺界隈が文芸誌みちのく春秋(Vol,44)の秋号に連載された。みちのく春秋は年に4回発行される季刊誌である。私がこの文芸誌に投稿を始めたのが2014年の秋なので、今回で丸8年となる。これまで仙台藩士支倉常長のことや、サラリーマン啓発書などを執筆してきたが、今は『東街道をゆく』という作品を書いている。私が東街道のことを強く意識するようになったきっかけが、宮城県... 続きを読む

伊達政宗を育てた名僧・虎哉宗乙の人物像

久しぶりに「伊達政宗の研究」のカテゴリーの記事の掲載である。以前から気になっていたのだが、伊達政宗を育てた名僧・虎哉宗乙(こさい そういつ)のことである。仙台市の青葉区図書館(メディアテーク)には一冊の虎哉宗乙に関する資料があるのだが、非常に分厚い本ということもあり、恥ずかしながら気遅れしていた。伝記的な著はないものか?と探していたのである。私の目に留まったのは小和田哲男氏(NHKの歴史番組に何度も出... 続きを読む

祝!仙台育英ついに念願の初優勝

  第104回 夏 仙台育英高校 優勝 校歌   【コラム】仙台育英学園高校がついに快挙を成し遂げた。春夏を通じて高校野球の東北勢として、初めての優勝であった。歓喜に湧く仙台育英チーム。ご覧のように須江監督が胴上げされた。優勝インタビューで開口一番、須江監督は「宮城の皆さん、東北の皆さん、おめでとうございます」と述べ、声援に応えた。選手を持ち上げることも忘れず、堂々たるインタビューであった。リンクし... 続きを読む

伊達政宗公の命日 仙台の基盤はこの人物抜きに在り得ない

 NHK大河ドラマ 独眼竜政宗 オープニング 【コラム】今日5月24日は仙台藩祖・伊達政宗公(1567~1636)の命日である。政宗公の霊を弔う意味で、自分が普段から思っている政宗像を主に記事を書きたい。先ずはこの肖像画をご覧頂きたい、下膨れのよく知られた政宗公とは別人とも思えるが、隻眼で描かれたこの像こそが実像に近いのでは?と考えている。私は壮年期に描かれた隻眼の政宗公こそが、野心に生きた最後の戦国... 続きを読む

仙台・青葉まつり今週末開幕!

新型コロナのため、一昨年、昨年と中止になった仙台・青葉まつりが三年ぶりに開催される。開催日は5月14日(土)と15日(日)の二日間である。青葉区一番町と中央通りには既に山鉾が置かれている。これは政宗公山鉾である。仙台・青葉まつりは、昭和60年の伊達政宗公没後350年を契機とし、長年途絶えていた歴史ある「仙台祭」と「青葉まつり」を“市民がつくる市民のまつり”として復活したものである。仙台のみならず、今... 続きを読む

中世豪族の留守氏と国分氏、小鶴城で激突

初めに 私は去る7月末に宮城野区に位置する小鶴城跡を訪ねたが、本日は中世の頃、この城で行われた豪族同士の合戦について述べたい。参考にした資料は平成5年発行の紫桃正隆著、鈴木久光発行の『みやぎの戦国時代 合戦と群雄』と平成元年仙台市発行の『「新」目で見る仙台の歴史』である。 伊達氏が君臨する以前の仙台平野の支配者 伊達政宗が君臨する以前(中世の頃)の仙台平野の支配者は一時期、国分氏(中世豪族)に... 続きを読む

間もなく夏越祈祷が行われる中山鳥瀧不動尊

昨日、久しぶりに中山不動尊という神社に足を運んだ。バイクで通りかかったところ、このような旗を見かけたのである。どうやら今年も夏越祈祷が近いようだ。中山鳥瀧不動尊はそれほど大きな神社ではない。訪れた時は私一人だった。由緒は、実に1200年以上前に遡る。天平の初期淳仁天皇の御代中山仙人が在住した頃から不動尊があったとされる。後年、慈覚大師が諸国遍歴の途次本尊の前立を寄進されたということである。江戸時代... 続きを読む

仙台市郊外に絶景を求めてのウォーキング

  Johann Schrammel Wien bleibt Wien  【コラム】『ウィーンはいつもウィーン』はオーストリアのヴァイオリン奏者ヨハン・シュランメル(ドイツ語版)により1877年に作曲された曲である。珍しく火曜日に有休を取った。日本では朝日放送で長い間スポーツテーマとして使用されており、キー局・TBSあるいはテレビ朝日のスポーツテーマ曲(『コバルトの空』『朝日に栄光あれ』)の差し替えとして使用され、ナイター中継などで... 続きを読む

一番町を眼下に見据えて、伊達政宗の二つの漢詩を味わう

  馬上少年過ぐ 伊達政宗|漢詩朗読  リンク動画について私は過去において伊達政宗の漢詩を紹介したことがあった。数ある政宗の漢詩でもっとも有名なものは「馬上少年過ぐ」である。野望に満ちた彼の生涯だが、晩年近くになってからはこのような穏やかな詩も残しているのである。ちなみに、この詩には下の句もある。それは『四十年前少壮の時功名 聊 復 自 私に期す 老来識らず干戈の事 只把る春風桃李の卮』である。意... 続きを読む

仙台市北部の尾根筋にある三本松の探訪

本日の午後、私はバイクを駆って仙台市青葉区の尾根筋に向かった。左側は擁壁になっているが、この辺りは昭和三十年代からの古い住宅地で、以前はあけぼの団地と言われた場所である。建て替えられた建物も結構あり、今は新旧の住宅が混在した状態となっている。今はあけぼの町という地名に往時の名残を残している。崖の上が三本松緑地(三本松散策路)である。擁壁のところにバイクを止めた。こういう時にバイクのフットワークの軽... 続きを読む

二連休を前にして、いつものカフェにて

Wes Montgomery - Here's That Rainy Day - Live London 1965【コラム】ウェス・モンゴメリー(1923~1968)の心地よいJAZZを聞きながら、休み前のひと時を過ごしている。セカンドライフに入ってからは、週休三日で土日の他に水曜日が休みだが、今週は木曜日に有休休暇を取ったので明日から二連休である。私は現役時代の2010年頃から有休はフルに消化するというスタンスを取り続けた。サラリーマンは公私のバランスが... 続きを読む

年末の仙台市一番町の風情と寒波の影響

 a-ha - The Sun Always Shines on T.V. (Official Video) リンク曲について久しぶりにアハーの曲のリンクである。a-ha(アーハとも)は、ノルウェー出身のスリーピース・シンセポップバンドである。結成は1982年結成。テイク・オン・ミー(Take On Me)など多くのヒット曲を飛ばしたことで著名である。メンバーはモートン・ハルケット(ボーカル)、ポール・ワークター=サヴォイ(ギター)、マグネ・フルホルメン(キーボ... 続きを読む
 a-ha♪  -  -

随筆「仙台人気質」

初めに 先日、私は二箇月ほど前に『石巻人気質』という随筆https://gbvx257.blog.fc2.com/blog-entry-2737.htmlを書いたが、これに比して仙台人気質を論じるのは難しい。それは仙台人と言っても、元々全体の四分の三がよそ者であり、生え抜きの仙台人は四分の一ほどしか居ないからである。都市と言うのは元々が寄せ集めの住民で構成されるものだが、四分の一を占める先住の住民が、一体どんなものなのかという点についてスポット... 続きを読む

支倉常長帰国から400年

PACHELBEL CANON PERFORMED AT ST ANN'S CHURCH, MANCHESTER - JONATHAN SCOTT (ORGAN SOLO)リンク曲についてこの曲はバロック時代のドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベル(1653~1705)の室内楽曲で、作品番号はPWC 37。前半のカノンは「パッヘルベルのカノン」として有名である。「パッヘルベルのカノン」が作曲されたのは1680年頃と言われている。実は私はこの曲に関する深い思い入れを有している。50前後に或る事... 続きを読む

仙台駅3階に伊達政宗公の騎馬像が復活!

 HOLST - JUPITER (THE PLANETS) HUDDERSFIELD TOWN HALL ORGAN リンク曲についてホルストのジュピター(惑星)である。3分近くから始まるメロディーは名誉に満ちた旋律だが、スポーツの表彰式などで、来賓からプレイヤーがメダルやトロフィーを贈られる場面でよく用いられる。文字通り本日は永く名誉を讃えねばならない郷里の偉人を想い、この曲をリンクに選んだ。最寄りのシーンでは昨年のワールドカップ日本大会の決... 続きを読む

動画で振り返る 我が故郷石巻の昭和時代

 宮城県懐かしい昭和の映像★石巻市 リンク動画についてYOU TUBEでお宝映像を見つけた昭和時代の石巻の動画である。投稿者であるトコトコ煌チャンネル様にはこの場を借りて感謝を申し上げたい。冒頭では仙石線を走る昔の列車が映っている。大変懐かしい車両で昭和中期の頃のものと思われる。自分の親戚縁者の多くは物故してしまったが、この列車を見ていると、その一人一人の顔や生き様が脳裏に浮かんで来るのである。今となって... 続きを読む