fc2ブログ

「笊川の戦い」新考察&仙台市太白区富沢館の探訪

まえがきこれまでブログに戦国期に行われた「笊川の戦い」(戦国期に伊達と相馬によって繰り広げられた戦い)のことを書いてきた。先ずは「笊川の戦い」について簡単におさらいしておきたい。笊川の戦い概要郷土史家の故紫桃正隆氏(1921~2008)によると、この頃は相馬氏による宮城県南部(名取郡も含めて)の跳梁が行われたというが、伊達と相馬との間に起こった笊川の戦いは最低でも三回に渡って行われたようだ。(小競... 続きを読む

歴史随筆「北目城を巡る笊川の戦い」

北目城跡の現在 仙台領古城書上などによると北目城は寛正年間(1461年~1466年)に粟野氏によって築かれ天正年間(1573年~1592年)まで粟野氏の居城で、その後慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで伊達政宗が白石城の上杉と戦うための拠点として使われたとされる。北目城を拠点とした粟野氏は他に、茂ヶ崎城や沖野城にも拠点を持ち、北は国分氏、南は伊達氏を境にして、戦国期には東西に細長い領地を得ていた... 続きを読む