fc2ブログ

ウイークエンドの私・伊達騒動あれこれ

大河ドラマ「樅ノ木は残った」オープニングリンク動画解説大変古いNHKの大河ドラマ・山本周五郎原作『樅ノ木は残った』(1970年放送)である。大河ドラマとしては第8作で全部で52回の放映であった。このオープニングはいわくつきで、様々な能面をいくつかのアングルから映しつつ、強風に翻弄される竹林の映像を映し出すもので、幼い子供は泣いて怖がったとされる。『樅ノ木は残った』は周五郎が独自の視点で伊達騒動(寛文... 続きを読む

連休中に読まれた歴史関連の記事とは?

久しぶりにGoogleアナリティクスで分析を試みたところ、意外なことが判明した。それは二年前に書いた歴史関連(郷土史)の記事に、連休中に多くのアクセスがあったことである。通常は過去の記事を読まれることは滅多にないが歴史関連の記事に関してはたまに’特需’がある。その記事は伊達騒動に関わった一人の仙台藩士(重臣)伊達安芸宗重の仙台屋敷についてである。恐らく何らかの検索ワードに拙ブログが引っ掛かったようだ。※「... 続きを読む

山本周五郎時代小説『壺』

初めに久しぶりに山本周五郎の時代小説を読んだ。時代小説は歴史小説とは一線を画し、登場人物や出来事を史実に合わせる必要がない。それだけに自由度は高いのだが、反面作家は時代背景、仕える藩の状況、屋敷の佇まい、庭に咲く草花に至るまで、非常に幅広い知識が要求される。少なくとも、読者に対して真実味を与える作品とするならば、このようなことを知り尽くしていなければとても書けないのである。山本周五郎の作品を読んで... 続きを読む

伊達安芸仙台屋敷を訪ねて

ブロ友様の銀輪様に伊達騒動に関わった伊達安芸宗重の仙台屋敷の位置をご教示頂いたので、早速行ってみることにした。場所は青葉区の西公園通りの西側でYMCAのプールのほぼ向かい側である。立札の位置がいまいちで後ろに駐輪場が見えているが、家格は伊達一門の第四席ゆえ、敷地は数千坪にも及ぶものと推察している。この肖像画がいつ描かれたのはわからないが、かなり精巧である。遠田郡涌谷の菩提寺に祀られている像を手掛か... 続きを読む