fc2ブログ

ハングリーと劣等感は文章を書く原動力である

【松本清張】謎に包まれた出生と少年時代のコンプレックス、反骨精神の源流リンク動画について仕事の関係で松本清張の小説を複数読んだ。清張に興味を抱き、生い立ちをYouTubeで見て驚いた。それは父親の道楽(飲む打つ買う)のため、故郷(広島)を捨て夜逃げ同然に北九州の小倉に引っ越して、幼少期を送ったということである。このハングリーな幼少期がその後の清張に大きな影響を及ぼすことになったのである。本日は精査の上、... 続きを読む

退職届を出してからでは遅い!知人からの失業保険相談

懇意にさせて頂いている知人(以後Aさん)より、「特定理由離職者」となり、最少のタイムラグ(受給資格決定日から7日間の待機期間を経てから給付が開始)で失業保険をもらうにはどうすれば良いですか?」という相談を受けた。特定理由離職者とは、会社(組織)都合の解雇や雇い止め、または「病気や怪我などのやむを得ない理由による自己都合」で退職した人のことを指す。仮にパワハラが原因で鬱を発症した場合は、退職届を出す前... 続きを読む

労使紛争の戦い方:弁護士抜きでも労働審判は勝てる。

労働審判は弁護士なし個人で行えば1万円で出来る/ブラック企業の人からのパワハラ相談リンク動画解説ユーチュバーのラファエル社会問題解決さんは、これまで十数回の労働審判を経験し、すべてを勝ち取ってきた。(相応の示談金を得たが、弊害として取り巻きは少なくなったとしている)特筆するべきは弁護士を依頼せずに一人で労働審判を戦ってきたということである。労働審判を簡単に説明すれば、労使紛争で裁判に至る前の審判(... 続きを読む

松本清張『鴉』のあらすじと読後感想

松本清張『鴉』あらすじ浜島庄作は風采が上がらない男(小説の中では松本清張の外見とそっくりに描かれている)だが、仕事でもうだつの上がらない中年サラリーマンだった。中堅家電メーカー「火星電器株式会社」に勤めていたが、38歳になっても平社員(既婚)のままであった。販売部の所属だが、複数の後輩から出世で先を越され、会社では肩身が狭く仕方なく漫然と毎日を過ごしていた。そんな時にどういう風の吹き回しか、浜島は... 続きを読む