fc2ブログ

ウイークエンドの私/オンブラ・マイ・フ鑑賞と青春期への回想

HANDEL - LARGO - PIPE ORGAN - JONATHAN SCOTT【コラム】久しぶりのゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルによる「オンブラ・マイ・フ」(別名「ラルゴ」)のリンク(大聖堂のパイプオルガン)である。演奏者はオルガニストのジョナサン・スコットである。オペラにも登場する曲だが、ペルシャ王がプラタナスの木陰への愛を歌った曲である。しかしながら、私としてはその意をまともに捉えるのではなく、自分なりの想像を加えた上で、ヘ... 続きを読む

薄暮から徐々にダークグレーへ、本日の帰宅風景

FIGARO'S ARIA - ROSSINI - Basílica de Santa María, Elche, Spain JONATHAN SCOTT【コラム】いよいよ9月もあと二日を残すのみとなった。月の前半は夏と言って差し支えないほど暑い日が続いた。それが中旬となれば徐々に涼しくなり過ごしやすくなってきた。そして下旬に入ってからは秋も深まり、いよいよ芸術の秋到来を感じさせる気候となった。私は秋に、この世への生誕を授かったが、それだけにこの季節には胸躍るものを感じる... 続きを読む

今日の仙台&雨中ウォーキングでの心構え

 PROCOL HARUM - A Whiter Shade of Pale - STEREO 【コラム】雨足こそ強くならなかったが、朝から雨模様となった今日一日だった。こういう日はいまいちテンションが上がらないが、今は成すべきことを成し、ウイスキーのオンザロックを嗜んでいる。気づけば自分が物心ついたころの祖父母の年代に近くなってきた。自分が年を取り、祖父母のような年代になることなど想像だにできなかったが、これまでの自分の歩んできた人生を振り... 続きを読む

週の中休みの前の帰宅&お気に入りのJAZZで晩酌を

 Charles Mingus - Hot House [Tadd Dameron 1945] 【コラム】夏至を過ぎてから二週間以上経った。そろそろ徐々に日が短くなるのを実感できる時期に差し掛かった。少し寂しい気はするが、夏はこれからと思えば少しは気も紛れることだろう。明日の7月7日は二十四節気の小暑に当たる。暑気に入り梅雨のあけるころとされるが、我が東北の梅雨明けはまだ先になりそうである。海風が入って凌ぎやすい仙台だが、ここ数日は太平洋側気... 続きを読む