fc2ブログ

エッセイ「大寒のころの晩酌」

エッセイ「大寒のころの晩酌」大寒を過ぎ、節分、立春に至るまでの間は一年のうちで、一番気温の低い頃で寒さが身に滲みる時期である。暑さ寒さも彼岸までという言葉があるが体感としての寒さはまだまだ続く。しかし節分(今年は2月3日)、立春(同じく2月4日)を過ぎれば精神的に違う。暦の上での春の到来は落ち込みがちな気分を高揚させるものである。とは言え、節分まではあと二週間ほどある。読者諸氏に於かれてもこの厳寒... 続きを読む