fc2ブログ

エッセイ『媚を売らなかったことの代償』

木枯し紋次郎オープニングエッセイ「媚を売らなかったことの代償」サラリーマンを長く続けて行けばいつしか魂を売らなければならない場面に出くわすことだろう。そんな私もそんな想いを何度抱いたかわからない。あれはそんなに遠くない日のことだった。魂を売るか売らないかの決断に迫られた際に私が選んだ道は紋次郎と同じく気高く生きる選択であった。一般常識から見れば、私の選択は馬鹿げたことに映るのかも知れない。但し、一... 続きを読む