fc2ブログ

随筆「坂口安吾という作家」

随筆「坂口安吾という作家」坂口安吾という作家の独創性は認めるが、尊敬する人物には至っていない。その理由は二つある。一つは尊敬して止まない伊達政宗公のことを見下した作品「安吾の新日本地理 伊達政宗の城に乗込む」-仙台の巻-(1951年発行)の存在である。この作品ははっきり言って「仙台藩祖・伊達政宗公へのダメ出し」である。坂口は冒頭から政宗公のことを田舎豪傑、田舎策士などと決めつけ、天守閣を築かなかっ... 続きを読む