fc2ブログ

ウイークエンド/明日から相馬野馬追/総大将は14歳

三橋達也 福島県民謡「相馬流山」リンク曲「相馬流山」「相馬流山」は相馬にとって国歌ともいうべきもので、極めて格調高い調子で歌われる曲である。ここでいう「流山」とは相馬中村藩(奥州相馬藩)祖の故郷である下総の国「流山」(今の千葉県流山市)の地名にあやかったものである。この歌は1323年、奥州相馬家六代藩主・相馬重胤が従者三十余人を率い、住み慣れた下総を後に、奥州相馬地方に下向した際、口ずさんだものと... 続きを読む

随筆「東奥の君子国相馬の生き残り」

※本作品は去る2016年7月19日に掲載した記事「相馬の本城があった小高城址を訪ねて」を見直し、加筆や修正を加えて歴史エッセイとしたことを初めにお断りする。初めに「東奥の君子国」とは民俗学者故岩崎敏夫氏が自らの郷里である相馬を評した言葉である。岩崎敏夫氏(1909~2004)福島県相馬市生まれ。先祖は修験(山伏)で代々相馬家の祈願院だった。旧制相馬中から國學院大学高等師範部へと進む。大学では折口信... 続きを読む

相馬の本城があった小高城址を訪ねて

相馬の本城があった小高城址を訪ねて去る7月16日、私はかつて相馬氏の本城があった小高城址(現:小高神社)を訪ねた。小高神社では毎年、相馬野馬追の最後に行われる野馬懸(のまかけ)が開催される場所である。今回小高を訪問した目的の一つが小高城跡(現小高神社)探訪であった。相馬野馬追を一週間後に控え、己のモチベーションを更に高揚に至らしめるのがその狙いである。これは西側(前川上流)から見た小高城址の遠景で... 続きを読む