fc2ブログ

Outfieldのロック(私は彼女を必要としない)/街歩き

 Outfield I Don't Need Her リンク曲について若かりし頃、カーオーディオでよく聞いたのがアートフィールドのこの曲I Don't Need Herである。直訳すれば「私は彼女を必要としない」となるが、これは強がりであり、恋の駆け引きというものである。内心はI Need Herとなるのだが、性格的にどうしても素直になれなかった。私が怖いのは若い頃の感性を失うことである。「ああ、自分にもそんな時代があったんだな」という... 続きを読む

仙台都心:日々近づく春を感じての帰宅

春の祭典 ストラヴィンスキー London Symphony Orchestra/Sir Simon Rattle【コラム】自分は春になると決まってすることがある。それは自分のブログにストラヴィンスキーの「春の祭典」をリンクすることである。生涯を通じて作風が目まぐるしく変わったストラヴィンスキーだが、「春の祭典」は最高傑作と言えるほど完成度が高い。実際の春を思い浮かべて頂きたい。イギリスの古い諺に「春はライオンのようにやってくる」というもの... 続きを読む

支倉常長408年前の出航&本日の帰宅風景

Hasekura Tsunenaga the Samurai Ambassador to Europe in 1615リンク動画について昨日の10月28日で、支倉常長が仙台領月浦を出航して408年が経つ。自分は出航400周年を迎えた2013年に支倉常長に関する歴史小説『金色の九曜紋とともに』を書いた。あれから早いもので8年が過ぎた。歴史小説は自分が主人公に成りきるくらいの気持ちがないと書けない。それだけ大きなモチベーションが必要である。自分にとっての救い... 続きを読む

今朝は晩翠通を通っての出勤

 Rolling Stones - Brown Sugar (live) HD 【コラム】セカンドライフに入った今は寄る年波との戦いと言っても言い過ぎでない。リンク曲は2006年にテキサスで行われたローリング・ストーンズのコンサートである。ミック・ジャガーは1943年生まれなので、この時は63歳(誕生日が来ていれば)である。シャープな動きに際し、どう見ても63歳には見えないが、これがミック・ジャガーの常人離れしたところである。一見する... 続きを読む

久しぶりに青空の下を通勤

盆休みに入ってこのかた、一週間近くも晴れ間が望めず、ストレスが溜まっていたが、本日の朝は久しぶりに夏晴れに恵まれた。湿度がやや高いものの私は清々しい思いで出勤した。すっかり建物が完成した「変なホテル」は入口の前にバリケードが設置されたままであったが、いつオープンするのか?気になるところである。広瀬通を行き交う人々(時間帯から言ってほとんどが通勤中のサラリーマン)の表情も心なしか明るかった。梅雨時の... 続きを読む

雇用契約を済ませて、新緑の中の出勤

  Queen - Radio Ga Ga (Live Aid 1985)  【コラム】往年のフレディ・マーキュリーのRadioGa Gaを聞きながら週末の晩酌を愉しんでいる。フレディ・マーキュリーは1991年、45歳の生涯を閉じた。短いながら太い人生であった。彼の人生を振り返れば、あまりにも生き様が強烈でマグネシウムの燃焼を重ねる。人の寿命に長い短いはつきものだが、彼のような才能に恵まれたミュージシャンはなかなかお目にかかれない。そう思う... 続きを読む

仙台都心のビル街を通っての出勤

  Asia - Don't Cry  リンク曲についてAsia(エイジア)のDon't Cryは今回が初めてのリンクである。過ぎ去った青春時代は二度と戻って来ないが、バーチャルの中は例外である。但し、これは能動的に往時のシーンを創り出す必要がある。その際、洋楽とアルコールによるトリップが欠かせない。本日選んだ曲のDon't Cryは91年にリリースされた大ヒット曲である。往時の自分はマイカーで通勤していたのでカーステレ... 続きを読む

今年初の薄暮の中の帰宅/仙台広瀬通

Stravinsky The Rite of Spring // London Symphony Orchestra/Sir Simon Rattle【コラム】ストラヴィンスキー(1882~1971)作曲のバレエ音楽「春の祭典」である。ロシアで成功をおさめた彼は1920年からはフランスにおいて、また1939年からはアメリカにおいて作曲活動を続け名声を上げた。分野としてはバレエ音楽やオペラなどを手がけ、晩年に至るまで作曲への意欲を燃やし続けた。春と言って思い浮かぶのは変わ... 続きを読む

私の通勤路/仙台一番町を動画で紹介します

【仙台一番町】一番町四丁目商店街と裏通り、東一市場【宮城県仙台市】リンク動画について本日は私の通勤路となっている一番町を紹介したい。お借りしたYOU TUBE動画は「チューリップ太郎の日本放浪様」のものである。一番町は東北唯一の繁華街でとにかくにぎやかなところである。今の企業に入って三年以上経過したが、朝晩の通勤がいい刺激になっている。朝はカフェに立ち寄るのが日課となっていて、夜の帰宅時はよく業務スーパー... 続きを読む

全国的にも珍しい…仙台門松とは?

松の内も終わり、仙台では14日とどんと祭(仙台では正月様を焼く祭りをこう呼ぶ)を待つだけとなった。昨日は今シーズン初めて雪が積もったが、3センチだけですぐに解けてしまった。街中は相変わらず雪がない。下の写真は西公園通と広瀬通の交差点の歩道橋から撮影。そんな中、街中で変わった門松を発見した。その名は仙台門松である。松の木が二本立てられ、これに棒のようなものが渡され、棒にはしめ縄が巻かれている。それに... 続きを読む