fc2ブログ

仙台亀岡八幡宮の365段の石段

一昨日の10月17日、私は仙台市青葉区川内の鶴岡八幡宮をバイクで訪ねた。神社の西隣にはマンションが建っている。新旧折衷と言った印象は否めないところである。ほぼ同時に4輪駆動車に乗った若いカップル💏が来ていた。思い起こせば自分にもそんな眩しい時代があった。私はそんな気持ちに駆られ、二人の恋路の邪魔をしないよう極力控え目に行動した。亀岡八幡宮は、文治年間(1185年~1190年)に伊達氏の始祖である伊... 続きを読む

郷里石巻の日和山公園の桜をYOU TUBEで紹介

 石巻・日和山公園 海を見下ろす桜並木 リンク動画についてKAHOKUSHIMPOチャンネルへのリンクである。今年は故郷の郷土研究会「石巻千石船の会」の総会がコロナで中止となり、少し落胆していたが、YOU TUBEで地元新聞のスレッドを発見し、リンクに至った次第である。目の前には太平洋が広がる。幼い時から親しんだ海である。日和山は伊達の所領となる以前の中世までは、葛西氏が城を構えた場所であり、元禄2年(1689年)に... 続きを読む

東街道をゆく 名取編その1

本日は去る5月に訪れた名取市笠島地区の笠島廃寺跡についてお伝えしたい。元禄2年(1689年)5月、藤原実方(実方中将とも)の墓や西行の足跡を辿ろうとした松尾芭蕉は生憎の梅雨の天候にたたられ、ぬかり道によって進路を阻まれ、その無念さを「笠島はいづこさ月のぬかり道」という句に遺している。笠島廃寺跡と藤原実方ゆかりの佐倍乃神社(さのえ神社)とは200メートルほどの距離である。佐倍乃神社と藤原実方の墓は1... 続きを読む

石巻での松尾芭蕉の足取りを追う

石巻に松尾芭蕉が立ち寄ってから今年で330年となる。私が所属している石巻千石船の会は去る6月26日(松尾芭蕉の訪れた旧暦を新暦に換算)に、松尾芭蕉の足取りを追うという企画を催した。(会報誌の画像から十数人が参加した模様)残念ながら私は参加しなかったが、石巻千石船の会の資料から元禄2年(1689年)5月10日当日の凡その足取りを推定してみた。その前に仙台~石巻~登米にかけての芭蕉の足取りを掲げる。石... 続きを読む