fc2ブログ

知人より送られた埼玉幸手権現堂の桜と菜の花の画像

私は不定期で敬愛して止まないA先輩(以前の記事で紹介済み)からメルマガ(画像と簡単な説明文が入ったメール)を頂戴しているが、今日は桜と菜の花の画像を紹介したい。場所は埼玉県幸手市権現堂とのことである。菜の花と言って連想するのは文部省唱歌「朧月夜」である。夜になればそれを彷彿させるような風情があるのではないだろうか?美しい花には自ずと人が集うわけだが「桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す」(出典:史記... 続きを読む

太白区三神峯公園の桜/桜の森の満開の下はなぜ怖いのか?

なぜ桜の満開の森の下は怖いの?坂口安吾の暗喩するものリンク動画解説今日は仙台の桜の三大名所の一つとされる太白区の三神峯公園に行ってきた。先日西公園と榴岡公園に行ったので、これですべての桜の名所に行ったことになる。私としては初めてのことであるが、動機づけがYouTubeということもあり、足取りは軽かった。ここは入り口が一つしかない(駐車場も一箇所)ということで毎年花見時になると混雑する。私はそれを見越して... 続きを読む

随筆「坂口安吾という作家」

随筆「坂口安吾という作家」坂口安吾という作家の独創性は認めるが、尊敬する人物には至っていない。その理由は二つある。一つは尊敬して止まない伊達政宗公のことを見下した作品「安吾の新日本地理 伊達政宗の城に乗込む」-仙台の巻-(1951年発行)の存在である。この作品ははっきり言って「仙台藩祖・伊達政宗公へのダメ出し」である。坂口は冒頭から政宗公のことを田舎豪傑、田舎策士などと決めつけ、天守閣を築かなかっ... 続きを読む