FC2ブログ

榎本武揚と星恂太郎の生き様

明治維新に於いて注目度の高い人物と言えばなんと言っても吉田松蔭や坂本龍馬、高杉晋作、西郷隆盛あたりが挙げられる。幕府側の人物では勝海舟、土方歳三と言ったところが人気どころゆえ、同じ幕府側の榎本武揚はどうしても隠れがちになる。ところがどっこい、私は旧幕臣ながら多くの軋轢と戦い、政治家となって明治の世を強かに生きた榎本武揚が殊の他好きである。彼が宮城県松島湾東名浜寒風沢に艦隊を率いて立ち寄ってから、そ... 続きを読む

榎本武揚に学ぶ負けても生き残る術

榎本武揚に見る負けても生き残るテクニック一昨日NHK Eテレ「知恵泉」でこのような番組が放映された。「だから、生きる」榎本武揚 敗北からの復活劇である。私は中世史が好きで様々な戦国武将から現代社会で生き残る術を模索してきた。例えば伊達家の家臣となった大内定綱などは数度に渡る寝返りを行ったにも関わらず、伊達政宗に抱えられ、晩年は伊達藩の参謀として君臨した武将である。但し、今回の舞台は幕末である。今回の主... 続きを読む