fc2ブログ

伊達騒動中心人物・原田甲斐一族供養会の解散と石碑の設置

3871番目の投稿である。地元の新聞である河北新報に寛文事件(伊達騒動)の中心人物とされる原田甲斐宗輔一族供養会(正式名称「三地蔵尊供養会」)の解散と、新たな石碑の設置のことが掲載された。寺は仙台市青葉区新坂町の荘厳寺だが、原田甲斐の菩提寺ではない。供養会のメンバーは寺の檀家や歴史愛好家だということである。2004年から毎年活動(伊達騒動の講座や般若心経の写経など)を行い、2019年まで供養会を開... 続きを読む

ウイークエンドの私・伊達騒動あれこれ

大河ドラマ「樅ノ木は残った」オープニングリンク動画解説大変古いNHKの大河ドラマ・山本周五郎原作『樅ノ木は残った』(1970年放送)である。大河ドラマとしては第8作で全部で52回の放映であった。このオープニングはいわくつきで、様々な能面をいくつかのアングルから映しつつ、強風に翻弄される竹林の映像を映し出すもので、幼い子供は泣いて怖がったとされる。『樅ノ木は残った』は周五郎が独自の視点で伊達騒動(寛文... 続きを読む

山本周五郎時代小説『壺』

初めに久しぶりに山本周五郎の時代小説を読んだ。時代小説は歴史小説とは一線を画し、登場人物や出来事を史実に合わせる必要がない。それだけに自由度は高いのだが、反面作家は時代背景、仕える藩の状況、屋敷の佇まい、庭に咲く草花に至るまで、非常に幅広い知識が要求される。少なくとも、読者に対して真実味を与える作品とするならば、このようなことを知り尽くしていなければとても書けないのである。山本周五郎の作品を読んで... 続きを読む