fc2ブログ

仙台都心部における立冬前の過ごし方

明日の11月7日は立冬なので暦の上では冬になる。実際は晩秋がまだまだ続くといった印象である。それでも本日は例え暦上でも、過ぎゆく秋の名残を惜しみたいという心情に駆られた。繰り出したのは定禅寺通である。アララギ派の女流歌人・河野愛子(1922~1989)をして「パリに似ていて素敵なところね」と言わせしめたスポットである。私は散り行く欅並木を横目に見ながら、再開したばかりのメディアテークに足を運んだ。... 続きを読む

仙台市街地歩き&定禅寺通の冬景色

  Largo Ombra mai fu "Serse" G.F.Händel 【コラム】久しぶりにヘンデル作曲によるオンブラ・マイ・フ(ラルゴ)のリンクである。オペラではペルシャ王セルセ(クセルクセス1世)によって歌われる。詩はプラタナスの木陰への愛を歌ったものとされる。多くのオペラ曲を作曲したヘンデルだが、多くが淘汰され、一部のみが現代に残っている。理由はもちろん名曲だからである。プラタナスの木陰への愛とは少しわかり難いものが... 続きを読む

定禅寺通の冬支度:欅並木の剪定作業

 DVORAK - LARGO - NEW WORLD SYMPHONY - ORGAN SOLO - JONATHAN SCOTT 堀内敬三作詞・ドボルザーク作曲(「新世界から」より)「遠き山に日は落ちて」遠き山に 日は落ちて星は空を ちりばめぬきょうのわざを なし終えて心軽く 安らえば風は涼し この夕べいざや 楽しき まどいせんまどいせん※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※【コラム】ジョナサン・スコット演奏のアントニン・ドヴォルザーク作曲新世界である。... 続きを読む

秋晴れの中の仙台市街地歩き

 "I Can't Explain" - Live at the Royal Albert Hall 【コラム】The Who(ザ・フー)によるI Can't Explain(訳:説明できない)のリンクである。最近The Whoの曲のリンクが多くなってきている拙ブログだが、これからもイギリスの三大ロックバンドのうちの一つであるThe Whoにスポットを当てて行きたい。Wikipediaでリード・ボーカリストのロジャー・ダルトリ―の過去を調べて驚いた。少年時代は成績優秀で前途有望と見られていた... 続きを読む

観測史上初めて宮城県に上陸した台風8号&仙台市街地の様子

 A-HA - THE SUN ALWAYS SHINES ON TV - The 2015 Concert リンク曲について2015年収録、a-ha(アハー)のThe Sun Always Shines On(1985年リリース)のコンサ―トである。a-haは1982年結成のノルウェーのロックバンドである。ヒット曲として「テイク・オン・ミー」が有名だが、一方で映画『007リビング・デイライツ』の主題歌「リビング・デイライツ」、1994年に開催されたリレハンメルパラリンピックのテー... 続きを読む
 a-ha♪  -  -

雇用契約を済ませて、新緑の中の出勤

  Queen - Radio Ga Ga (Live Aid 1985)  【コラム】往年のフレディ・マーキュリーのRadioGa Gaを聞きながら週末の晩酌を愉しんでいる。フレディ・マーキュリーは1991年、45歳の生涯を閉じた。短いながら太い人生であった。彼の人生を振り返れば、あまりにも生き様が強烈でマグネシウムの燃焼を重ねる。人の寿命に長い短いはつきものだが、彼のような才能に恵まれたミュージシャンはなかなかお目にかかれない。そう思う... 続きを読む

若葉の季節を前にして

  Thad Jones / April in Paris 1956  【コラム】この曲を直訳すれば「1956年の4月 パリにて」とでもなるのだろう。「パリの4月」という別な曲もあるが、自分としては、リンクしたJAZZに明らかなアドバンテージを感じたゆえ、選曲に至った次第である。北半球で温帯とされる地域の4月は春酣であり、これから向かえようとしている初夏とともに、多くの人々に愛される季節である。芸術と文化の都であるフランスのパリは、... 続きを読む

歌人河野愛子が愛した仙台定禅寺通り

  仙台探訪  定禅寺通り  リンク動画についてユーチューバー・いつだってアウトドア様からの初のリンクである。欅並木を有する定禅寺通りは仙台人の誇りである。初夏の若葉の頃も素晴らしいが、枯れ葉の季節も趣のある風情を見せてくれる。そして間もなく始まる光のページェントも見物である。本日は定禅寺通りに関わる、或る女流歌人の話をしたい。その話はさておき、私は本日のAM仙台市図書館から借りている本の更新をする... 続きを読む