fc2ブログ

俗世間を避け、洞窟で43年間を過ごした男のサバイバル生活

【実話】「洞窟オジさん」13歳で家出して43年間、たった一人で洞窟や野山で暮らした男の壮絶サバイバル生活リンク動画解説「洞窟オジさん」という書籍がある。これは数奇な運命をたどった加村一馬氏によるノンフィクション(自叙伝)である。彼が家を出たのは13歳で1959年のことだった。群馬県の山村に生まれた彼が家出した理由は、父親からの激しい折檻(今で言えば虐待)や小学校での学友との軋轢としているが、弱い者、憎... 続きを読む