fc2ブログ

Peter Cetera - Hard to Say I'm Sorry&久しぶりの番ブラ

eter Cetera - Hard to Say I'm Sorry - 2017  リンク曲についてご存じ、シカゴの元ボーカリスト ピーター・セテラ(Peter Cetera 1944年~)の「素直になれなくて」(邦題)である。若年時から今日まで過ぎ去ったことを懺悔する時、なぜあの時もっと素直になれなかったのかが脳裏を過る。まさに後悔先に立たずだが、一人っ子で我儘に育ったがゆえに、小さい頃から素直にはなれなかった気がする。そんな私の我儘を理解... 続きを読む

久しぶりの若林区ウォーキングで大いに煩悩を養う(笑)

仕事が休みの本日、私は街に出た。目的は仙台市地下鉄東西線に乗って若林区方面に向かい、気ままなウォーキングをするためである。先ずは久しぶりの番ブラ(一番町をぶらつくこと)である。青葉通一番町駅から地下鉄東西線に乗って荒井方面(東側)に向かう。間の3駅を経て、着いたのは薬師堂駅である。google map 3D画像で本日のウォーキングルートを確認して頂きたい。周囲は住宅地と商業地が入り混じった地域である。東北医科... 続きを読む

ウイークエンドの私/Mr. Mister - Kyrie/番ブラ

Mr. Mister - Kyrie Official video3873番目の記事である。一年半ぶりのMr.ミスターの曲ヒット曲”Kyrie”のリンクである。Mr.ミスターはアメリカのロックバンドで1981年に結成された活動期間は1982年~1990年という大変短い期間である。それでも1985年、2作目のアルバム『ウェルカム・トゥ・ザ・リアル・ワールド』からシングルカットされた「ブロウクン・ウィングス」が全米1位を記録すると、続くシングル「... 続きを読む

ウイークエンドの私/お気に入りの洋楽と番ブラ

The Rolling Stones - One Hit To The BodyOne Hit To the Body歌詞お前は澄んだ青空から下の暗闇へ落ちてきたお前の肉の匂いが俺を興奮させる!血が巡り始めるああ助けてくれ! お前は退屈な舞台に飛び込んできたお前は暗闇を切り開いたんだたった一回のキスが俺の呼吸を奪ったんだひと目見るだけで星が輝くんだそれは、ボディーへの一撃だ!ボディーへの一撃は心の底からストレートに出てくるんだ俺を真っすぐに突き落とし... 続きを読む

pet shop boys Live/番ブラ

pet shop boys - always on my mind in Hyde Parkリンク曲について80年代ディスコソングをYouTubeで聞いていたところ、のペット・ショップ・ボーイズのalways on my mindがヒットした。一世を風靡した曲なので大変懐かしい。2019年のイギリスのハイドパークでのライブだが、ボーカルのニール・テナントは1954年生まれなので65歳ということになる。往年のイケメンイングリッシュミュージシャンぶりとは異なり、スキンヘ... 続きを読む

梅雨の中休みに久しぶりに街歩き

今日の仙台は小雨こそ降ったが、その後は薄曇りの天気であった。ここ数日ほど街に出てないので、バイクで都心部に向かった。先ずは番ブラ(一番町をぶらつくこと)である。街中を歩くことで脳に刺激を受け、自ずと歩みも速くなる。また人々の視線を意識することで背筋も伸びる。郊外を歩くのも悪くないが、街歩きはそれ以上に老化防止の効果があるようだ。定禅寺通から広瀬通の少し手前まで歩き、Uターンして戻った。お目当ては業... 続きを読む

年末の風物詩/仙台駅近くの蕎麦屋で昼酒を嗜む

池波正太郎は1923年に東京の浅草に生まれたが、勝手知ったる浅草で散歩して、よく蕎麦屋に入ったという。好物は鴨なんばんで、それを肴にして日本酒を昼間から飲んだという。彼の時代小説ににはよく食べ物が登場するが、作品へのヒントを昼飲みから得ていたのかも知れない。多くの作家もそうであったように、彼は芝居見物にもよく行ったという。時代小説は肩が凝るので読まないが、時代劇チャンネルで池波正太郎の作品はよく見... 続きを読む

仙台都心部における立冬前の過ごし方

明日の11月7日は立冬なので暦の上では冬になる。実際は晩秋がまだまだ続くといった印象である。それでも本日は例え暦上でも、過ぎゆく秋の名残を惜しみたいという心情に駆られた。繰り出したのは定禅寺通である。アララギ派の女流歌人・河野愛子(1922~1989)をして「パリに似ていて素敵なところね」と言わせしめたスポットである。私は散り行く欅並木を横目に見ながら、再開したばかりのメディアテークに足を運んだ。... 続きを読む

私のモチベーションの原点は仙台都心の街歩き

Tom Petty and the Heartbreakers - So You Want To Be A Rock and Roll Star【コラム】ブログに洋楽を貼ることにこだわっている。理由はアイデンティティを失わないためである。哲学者の三木清は自著の「人生ノート」の中で「人生は希望である。人生は自分なりのフィクションを描くことである」という旨のことを述べているが、自分も同感である。同時にこの指向はブログにも当てはまることである。誰が何と言おうが自分流を貫く。... 続きを読む

仙台育英優勝後の番ブラ

 Led Zeppelin - Rock and Roll Live 2007 【コラム】レッド・ゼッペリンは1968年にロンドンで結成されたイギリスのロックバンドである。この曲が収録されたのは2007年ゆえ40年近い年月が経っている。メンバーは結構いい歳になっているが、ロックンロールをやっているだけあって、生気がみなぎっている。老いるのはまだまだ早いと言った演奏ぶり(歌唱ぶり)である。自分もロックンロールから若さを補充してい... 続きを読む

新しい洋楽カテゴリー&日曜日の番ブラ

Foreigner - That Was Yesterday (Official Music Video)Foreigner That Was Yesterday歌詞君のことよくわかってるつもりだっただけど今の今まで気づかなかったのさ君を逃してしまったことを僕は昼も夜もくよくよしてるんだ君はただ一人の恋人だった信頼していた唯一の友人だったそれなのにどうやって去っていく君を見送れって言うんだい?今日君がここにいてくれるなら何でもあげるよだけど僕はプライドを捨てられず立ってるんだ... 続きを読む

レポート:半袖の空調服を使ってみて

 AC/DC - Highway to Hell (Official Video) Highway to Hell(邦題: 地獄のハイウェイ 1979リリース)歌詞 気ままに行けよ!したいように生きるんだ どうせ片道の定期券さ!問答無用だ 俺に任せれば難なくやれるぜ!理由なんていらねぇ どんな詩もいらねぇ!やりたいことなんて得ねぇ それでいいんだ!堕落してパーティーするだけさ 俺のダチもみんなそこに居るだろうしな!最高だぜ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※【... 続きを読む

音楽、仙台の街歩き…横町流の春の愉しみ方

 Electric Light Orchestra Part II - Twilight 【コラム】1981年リリースのELO(Electric Light Orchestra)のヒット曲であるTwilightのいかすBEET♪を聞きながら、春宵の一刻を過ごしている。春宵の一刻を価千金にするもしないも己次第だが、それにはお気に入りの音楽と酒が欠かせない。過ぎ去りし青春の日は二度と返らないが、しいて言うならば、バーチャル上ではその限りではない。自分にとって青春を取り戻せる唯一の方法... 続きを読む

今年初の番ブラと仙台の積雪事情

  Nocturne No.2 Op 9-2 Cyprien Katsaris  リンク曲についてショパン作曲の夜想曲第2番、ピアノ奏者はフランス人のシプリアン・カツァリス(1951~)である。あれは小学生6年の時だった。西公園にあった天文台を友人と訪ねた際、プラネタリウムを見ながら聞いたのがこの曲だった。恥ずかしながらこの曲の名は知らず仕舞だったが、一昨日BSテレビのCMのクラシックCDの紹介でこの曲が流され、初めて曲名を知った次第であ... 続きを読む

週のハーフタイムの番ブラ

 The Rolling Stones - Rocks Off (Live) - OFFICIAL リンク曲について久しぶりにローリング・ストーンズのリンクである。収録は今から8年前の2012年と思われるが、この時のミック・ジャガーは69歳。とても70を目前にした人物とは思えない軽快なフットワークは若々しい。ちなみに彼は今から4年前、73歳にして8人目の子供ができたというから驚き😆である。まさに老いても衰えを感じさせないミック・ジャガーである。... 続きを読む

コロナからの立ち直りを期して番ブラ

 Van Halen - Dreams (Blue Angels) リンク曲について久しぶりにVAN HALENのDREAMS(Blue Angels バージョン)のリンクである。HDバージョンゆえにリンク無効とされるリスクはあるが、それでもあえてこの曲を選んだのは理由がある。それはコロナ渦のうやむやを早く脱出することへの強い期待に他ならない。昨年末中国武漢に発した新型コロナウイルスの暗雲が未だに立ち込めたままだが、雲の上には燦然と輝く大空がある。コロナ明け... 続きを読む

久しぶりの番ブラで元気を取り戻す!

 Johann Strauss I - Radetzky-Marsch, Op. 228 リンク動画について久しぶりのラデツキー行進曲リンクである。ラデツキー行進曲はヨハン・シュトラウス1世が作曲した行進曲で最高傑作といわれ、クラシック音楽全体でも有数の人気曲である。1848年革命の最中に、当時はオーストリア帝国領であった北イタリアの独立運動を鎮圧したヨーゼフ・ラデツキー将軍を称えて作曲された。自分は行進曲を好むが、この曲は歌劇カルメンのMarch ... 続きを読む

一番町の木製ベンチの作り替えが始まった

私の通勤路である一番町の三越前の今朝の画像に着目して頂きたい。実は先週ころから老朽化した木製ベンチの作り替えが始まった。(撮影時間はAM6時50分頃)これが新たに作られた木製ベンチである。先週の末頃、数人の大工さんが手掛けていたのを目撃した。最後はペンキを塗って仕上げるものと思われる。老朽化したベンチは座れないように、このようにカラーコーンで立ち入り禁止措置が取られている。脚の部分だけを取り換えて再... 続きを読む

番ブラ&昔の恋愛映画の鑑賞

本日の仙台の最高気温は4度と寒かった。朝からみぞれの降る中、私が向かったのは仙台の都心部である。この建物は東北農政協などが入った合同庁舎だが、真向かいには県庁がある。私の服装は上が薄いコート、下が通気性に優れたナイロン製のヤッケ、履物は長靴、帽子が百均の山高帽(ビニール製のため防水)である。(笑)寒いのでじっとしていられない。とにかくひたすら歩くのみである。前方の幅の広いビルが定禅寺通と勾当台通の... 続きを読む

仙台東一番丁始源地とは

仙台に住んでいながら、「東一番丁始源地」(現在の青葉区一番町の南限)を知らない人は意外と多いと察している。恥ずかしながら自分もその一人であった。フレックスを使い会社を早上がりした私は一番町(昔で言う東一番丁)と交差する柳町を訪ねた。大した理由もないが、しいて目的を挙げるならば番ブラ(一番町をぶらつくこと)である。柳町と交差する教楽院丁(一番町と並行して走る通り)である。一方通行の狭い路地だが、この... 続きを読む