fc2ブログ

チープ・トリックの洋楽&今後の抱負

Cheap Trick - The Flame - live Daytona 1988【コラム】今宵もキーボードをたたき、更新のために3786番目の記事を書く。我ながらよく今日まで続いたものである。周囲を見渡せば、ここ数年様々な事情でブログを去って行ったブロ友が目立つ。FC2ブロガーに多い、記事を黙々と更新し続けるスタンスもあるが、どうも自分の性には合わない。コミュニケーション型(コメントを交互に交し合う)の運営のほうが合っている。FC2ブログ... 続きを読む

熱燗が憂いを消してくれる。今の心境を二つの漢詩に託す。

 短歌行 曹操孟徳|漢詩朗読 リンク動画について漢詩ユーチューバー・左大臣光永さんの動画のリンクである。自分もYOU TUBE動画でもいつしか中国の漢詩を取り入れたいと思っていた矢先、興味深い動画を見つけた。三国志の英雄・曹操孟徳(155~220)は『短歌行』の中で對酒當歌 人生幾何譬如朝露 去日苦多慨當以慷 幽思難忘何以解憂 惟有杜康酒を前にして歌おうではないか。人生など短いもの。たとえば朝露の如く。日... 続きを読む

内臓を春が通過するように温まる…白楽天の卯時の酒

今年も燗酒が美味い季節になった。健康に配慮して私は酒を飲み過ぎないように心がけているが、数年来愛用してきたメスシリンダーにひびが入って漏るようになった。オーバーフローさせない為にこれまでは蓋つきのメスシリンダー(蓋は自作)を使ってきたが、今回ダイソーで購入したもの(右)は楕円断面である。目盛りにテープを貼って酒の種類に応じて量(2合)を管理している。上段は日本酒(15度を基準:360CC)、中段は焼... 続きを読む

定年後の不安:日本と中国の考え方の相違

 第二の人生「定年後の不安」原因と対策 視点を変えてみる リンク動画についてお馴染み、仙台在住のユーチューバー・Camper-hiroTV(キャンパーヒロTV)さんのスレッドのリンクである。今回は定年後に遭遇する不安について、どう取り組んだらいいのか?という点がテーマである。前回(6月30日)にもお伝えしたが、ヒロさんはGoogle翻訳を駆使して、世界各国から有益な情報を選りすぐっているとのことである。そういうことも... 続きを読む

明日は啓蟄出生地石巻の地酒で春を愛でる

 春の歌 Felix Mendelssohn Spring Song 横内愛弓 【コラム】明日は啓蟄である。我が宮城もここ数日は10度前後まで気温が上がり、すっかり春の陽気を呈している。これに週末特有の解放感が重なれば何も言うことはない。中国の詩人白楽天(白居易)は『卯時(ぼうじ)の酒』(明け方に飲む酒)と称して、次のようなことを語っている。「一杯を手に持って三口飲んで腸に至れば内臓を春が通り抜けるように温まり、日の光が背をあ... 続きを読む

新潟米五百万石を使用:石巻清酒墨廼江特別純米酒

本日は石巻清酒墨廼江特別純米酒を飲んでいる。自分は港町石巻に生を受けたが、石巻の酒と言えば墨廼江と日高見が有名である。どちらも甲乙つけがたいが、生家と近いせいもあって墨廼江を贔屓にしている。今頃出回る酒は春陽と呼ばれる。石巻市千石町の墨廼江酒造の命名の由来は住吉神社にある。墨廼江と住吉は同義であるが、石巻の北上川右岸の地域を指す固有名詞ながら、謎の多い地名である。少なくとも歴史書にはほとんど出てこ... 続きを読む

陶淵明:こせこせすることをやめ、酒を楽しもう!

明後日の9月27日に振替休日を取ったので、本日から三連休となった。初日の本日は飲酒に対して自分がどんな価値観を持っているかについて、陶淵明の心境を引き合いにして綴ってみたい。私が彼に共感を抱いた理由として、宮仕えには向いていないという点である。「五斗米の為に腰を折らず」は私の理想だが、なにせ家族持ちの身ゆえそれはかなわなかった。40代前半で宮仕えを止め、故郷の田園で悠々自適な生活を送った彼には、時... 続きを読む

シルバーウイークを迎えるに当たって相応しい白楽天の詩

早いもので今年もシルバーウイークに入った。ゴールデンウイークと比べればややインパクトに欠けるものの、文化の秋たけなわということもあり、気候的には全く引けを取らない。気になるのは今後の台風14号の進路である。明日は一日雨降りのようだが明後日以降の秋晴れには期待している。さて、今日は今の自分の心境にぴったりな白楽天(本名は白居易)の漢詩を紹介したい。白楽天(本名:白居易)詩人。字は楽天。号は酔吟先生・... 続きを読む

秋晴れの中の仙台市街地歩き

 "I Can't Explain" - Live at the Royal Albert Hall 【コラム】The Who(ザ・フー)によるI Can't Explain(訳:説明できない)のリンクである。最近The Whoの曲のリンクが多くなってきている拙ブログだが、これからもイギリスの三大ロックバンドのうちの一つであるThe Whoにスポットを当てて行きたい。Wikipediaでリード・ボーカリストのロジャー・ダルトリ―の過去を調べて驚いた。少年時代は成績優秀で前途有望と見られていた... 続きを読む

週のハーフタイムを前にして

 HANDEL - LARGO - ORGAN OF ALBION CHURCH - JONATHAN SCOTT リンク曲について以前も紹介したが、ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルは1685年ドイツに生まれ、イギリスに帰化した作曲家である。流れからして、恐らく彼はアングロサクソン系の人物と思われる。UK(グレートブリテンとアイルランドの二つの島々に存在する国々の総称)では本流となったがゆえに、作曲活動には追い風があったに違いない。但し、並々なら... 続きを読む

酒燗器で今シーズン初の燗酒を愉しむ

今日の仙台は午後から雨模様で、最高気温が10度とやや寒かった。雪が降るまではまだあるが、木枯らしの吹く季節の到来もそう遠くないことだろう。そんな事情もあり本日は今シーズンの初燗酒を嗜むことにした。実はツインバード工業社製の酒燗器は今年の4月にも紹介した経緯があるが、その時はFC2ブログを知り尽くしてないがゆえに、TOP画面表示に問題を生じてしまった。FC2ブログのこのテンプレート(bootstrap_cyborg... 続きを読む