fc2ブログ

ウイークエンド/明日から相馬野馬追/総大将は14歳

三橋達也 福島県民謡「相馬流山」リンク曲「相馬流山」「相馬流山」は相馬にとって国歌ともいうべきもので、極めて格調高い調子で歌われる曲である。ここでいう「流山」とは相馬中村藩(奥州相馬藩)祖の故郷である下総の国「流山」(今の千葉県流山市)の地名にあやかったものである。この歌は1323年、奥州相馬家六代藩主・相馬重胤が従者三十余人を率い、住み慣れた下総を後に、奥州相馬地方に下向した際、口ずさんだものと... 続きを読む

相馬野馬追:初陣の総大将は14歳の相馬言胤氏

 無形民俗文化財「相馬野馬追」3年ぶり本格開催 リンク動画について国の無形民俗文化財となっている相馬野馬追が7月23日~25日までの3日間に渡って開催された。一昨年と昨年はコロナのために規模縮小となったが、今年は三年ぶりに本格的な開催となった。話題としては総大将が14歳で初陣を飾ったことである。総大将の名は相馬言胤(としたね)氏である。相馬野馬追の総大将は相馬家の血をひく者だけがなり得るものである... 続きを読む

懐かしい福島県浜通り:常磐線の車窓を収録したDVDを借りてきました

本日、私は仙台市図書館(通称:メディアテーク)の4階に行って、新しい本を借りた。その足で2階のビデオ・DVDコーナーに立ち寄った。コロナの為、視聴覚コーナーはいまだにクローズのままだが、貸出は行っている。下の画像は私が本日借りたDVDである。右から①JR東日本常磐線運転席展望②NHK新漢詩紀行(監修:石川忠久)③その時歴史が動いた「吉田松陰編」である。実は私が定年する1年半前に福島県の相馬勤務となり、JR代行バス... 続きを読む

相馬野馬追に込められた相馬人の志

福島県民謡「相馬流山」4月1日から相馬勤務となった。その地に赴任したからにはとことんその地を好きにならねばならない。私はそういう一心で帰宅時に相馬駅前の相馬図書館に立ち寄った。相馬図書館はこの建物の2階にある。宮城県在住のゆえ、手続きに時間が掛かったが数日を経てこのような貸出券を手に入れた。昨日、早速借りたのがこの本「相馬野馬追」福島中央テレビ企画、岩崎敏夫著である。著者はこの本の中で相馬藩が幕末... 続きを読む