fc2ブログ

随筆『金華山への船旅』

生まれて初めての船旅 小学校一年で父を亡くした利郎は家庭の事情で七回も住まいを替えることとなった。多感な少年時代、利郎は父を早く亡くしたことで友達にも引け目を感じ、そのことが常に暗い影を落としていた。利郎は友達と遊んでいても、父親がいないことを友達に知られることをひどくきらっていたのである。 肩を落とし勝ちだった利郎に大きな影響を与えたのは、小学時代夏休みに父方の祖父母に連れられて行った金華山... 続きを読む

祖父からのメッセージ

日本ブログ村、短編小説ランキングに登録しています。クリックすると同サイトにリンクします。https://novel.blogmura.com/novel_short/※この小説は筆者の少年時代の記憶によって書いたノンフィクションである。昭和41年に亡くなった祖父が残したもの小学校一年で父を亡くした利郎は家庭の事情で七回も住まいを替えることとなった。多感な少年時代の様々な出来事の中でその後の修作に大きな影響を与えたのは、小学時代夏休みに実... 続きを読む