fc2ブログ

立春にちなんで”春の祭典”&帽子のイメチェン

ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」【コラム】今日は立春である。南にお住いのブロ友からは、そろそろ蕗の薹の話題や蝋梅の開花に関する話題も出てきている。ブロガー冥利に尽きるが、それだけに胸の鼓動が高鳴るのを感じる。暦の上では今日から春だが、三寒四温の卵が誕生する日でもある。今日の仙台は気温が8℃まで上がり、十分春を感じさせるものがあった。今日は立春を愛で、また夜勤明けの解放感に浸り、燗酒を心行く... 続きを読む

新たな晩酌用アイテムの自作で冷めない燗酒を…

  ZZ Top - Got Me Under Pressure (Live)  【コラム】今日の仙台は寒かった。日中の最高気温は2度でかろうじて真冬日だけは免れたが、今は日中にぱらついた雪が、融雪剤によって一旦融け夕方から凍ってアイスバーンになった。仙台で主要道路がアイスバーンになるのは、ひと冬で数回あるかないかであり、厳寒期の大雪~立春以外の頃では珍しいことである。だからと言ってひるんではいられない。今こそが踏ん張り時である。そ... 続きを読む

立春と重なった休日・春探しの散策へ

Felix Mendelssohn - Spring song Op. 62 No. 6 - Song Without Words (Boston Pops)リンク曲についてフェリックス・メンデルスゾーン作曲の「春の歌」は私の好きな春の曲である。メンデルスゾーンは音楽の才能にあふれた人物であったが、ユダヤ人に生まれたことでいわれのない迫害を受けたという。彼の死後は反ユダヤ主義の影響もあって過少に評価されることが多かったが、近年彼の実力が見直されてきている。春の歌は短い構成な... 続きを読む