fc2ブログ

サードライフという名のフィクション/送迎車の車窓から

サードライフで送迎と言う仕事に就いて二箇月が経つ。自分なりのルーティーンも出来上がり、すっかり仕事に慣れたが、今日は自分なりに見えてきたものを述べてみたい。断っておくが送迎と言っても、介護送迎とは全く異なる。乗客は幼稚園児や、小中学校の児童や生徒、企業の社員etcと様々な職場があり、一概には言えないものがある。今の職場のシチュエーションを一言で言えば、黙々と働くことが可能であり、外部(顧客・所属会社... 続きを読む

新たなルーティーンのポイント・夜勤とどう向かい合うか?

私はサードライフ(セカンドライフをもじった造語)で送迎ドライバーという仕事に就いた。近い職業として介護施設の送迎ドライバーがあるが、接点はあるものの異なる仕事という印象である。それは①乗客の乗り降りに補助を必要としない。②運行には分単位の時間管理が適用される。③待ち時間を自由に使うことが可能。という点が挙げられる。逆に言えば、③の持て余し気味となる待ち時間をどう有効に使うか?(自己ゾーンをどう構築する... 続きを読む

5種類の度数の老眼鏡を使い分けて特に問題なし

加齢とともに老眼が進んだ。普通老眼は遠くのものは見えると言うが、更に進むと遠くのものも見えにくくなる。遠近両用眼鏡という手もあるが、自分の場合は5種類の老眼鏡を適宜使い分けている。これは家にいる時、テレビを見たり食事をしたりするときにかけている縁なし老眼鏡である。ドン・キホーテで数年前に購入し、一度は丁番部分のネジが外れたが、DIYで修理(プラスチックレンズにドリルで穴を開け、小さなボルトとナットで... 続きを読む