FC2ブログ

五百年前の胡椒は超高級品であった

昨日、私は久しぶりで朝マックを利用した。目的は読書である。青葉区一番町のマックはホームグランドではないが、時間のない時にたまに立ち寄る程度である。今読んでいる本は羽田正氏著「東インド会社とアジアの海」である。大航海時代に、いち早くアフリカ南端の東回り航路を拓いたポルトガルの狙いの一つは胡椒などの高価な香辛料であった。今は百均で買える塩胡椒だが、往時の香辛料は非常に高価な品であった。著者の羽田正氏で... 続きを読む