fc2ブログ

40年前の仙台のYouTube画像/現在との比較

[写真]昭和58-59年 仙台 Sendai City 1983 & 1984リンク動画解説YouTubeでノスタルジーを誘う動画を発見した。whreimgonである。昭和後期~平成初期にかけての日本各地の都市や名所の動画である。既に五百数十の動画をアップロードしているので、興味のあるかたはリンク先をご覧頂きたい。さて、この動画は昭和58年頃(1983年頃)の仙台の各地の風景画像である。最近の風景と比較の上で、主なものを説明したい。最初の画... 続きを読む

花見の下見(青葉区西公園の桜事情)

仙台で桜開花宣言/バイクで西公園に行ってきました!リンク動画解説仙台で桜の開花宣言が出されたのは二日前の3月28日のことである。これを受け青葉区の西公園(市内の桜の名所の一つ)に行ってきた。内容は動画をご覧頂きたい。撮影アイテムとして、今回初めてAKASOの純正マイクを使った。時々ボツッ、ボツッと音切れする部分があったが編集して取り除いている。マイクの配線のプラス端子に抵抗を入れるといいらしいので、今日... 続きを読む

我が仙台の気候、住みやすさなど

 魔理沙の都市研究所...宮城県仙台市【ゆっくり解説】 本日の土曜日、ウォーキングで西公園周辺を通りかかった。ご覧のような色鮮やかな紅葉が私の目を楽しませてくれた。既に二十四節気の大雪に入ったが、いよいよ紅葉も見納めである。今日の仙台の最高気温は11℃、この時期としては暖かかったので元気に遊ぶ親子連れが目立った。自分にもかつてこういう時代があったわけだが、心情として抱くのは「光陰矢の如し」である... 続きを読む

今年の仙台の花見事情&川沿いの一本桜にまつわる人情の触れ合い

  パッフェルベル カノン  【コラム】パッフェルベル カノンは久しぶりのリンクである。この曲から思い浮かべるのは、これまでの人生で袖を擦り合った様々な知人のことである。人の世の儚さを若年時に悟るのは難しい。若い時分の私は自分が年老いてしまうことに対して実感が湧かなかった。 40代~50代にかけて、まさかあの人が…という人が数人亡くなり、劉廷芝の『代悲白頭翁』の一節である「年年歳歳花相似たり、歳歳年... 続きを読む

音楽、仙台の街歩き…横町流の春の愉しみ方

 Electric Light Orchestra Part II - Twilight 【コラム】1981年リリースのELO(Electric Light Orchestra)のヒット曲であるTwilightのいかすBEET♪を聞きながら、春宵の一刻を過ごしている。春宵の一刻を価千金にするもしないも己次第だが、それにはお気に入りの音楽と酒が欠かせない。過ぎ去りし青春の日は二度と返らないが、しいて言うならば、バーチャル上ではその限りではない。自分にとって青春を取り戻せる唯一の方法... 続きを読む

小雨の仙台市街でのビルウォッチング

ヘンデル-司祭ザドク(コロネーションアンセム)- ジョナサンスコット【コラム】『ジョージ2世の戴冠式アンセム』は、ドイツ出身でイギリスに帰化した音楽家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルが、1727年にイギリス王ジョージ2世の戴冠式のために作曲した戴冠式アンセムである。4曲からなり、第1曲目の『司祭ザドク』は、歴代国王の戴冠式にも演奏される。国王の戴冠式にも演奏されるだけあって格調高い曲だが、これまで刻んで... 続きを読む

入梅前の仙台色街界隈の散策

 The Who - Baba O'Riley (Shepperton Studios / 1978) リンク曲についてThe Whoの曲のリンクはこれで二曲目である。曲の初めの頃に雄たけびを上げ、徐々に意識を高揚させてゆく演出が今日の私の感性を捉えた。ブログにリンクする曲というのは元々リスクがある。それは読者各位の嗜好の多様性に必ずしも重ならない所以である。それでも気にすることなく、ひたすら好きな曲をリンクすることは開き直りの気持ちがないとと... 続きを読む

本日の仙台西公園事情

本日は仙台市図書館に行く用事があったので、目と鼻の先にある西公園に寄ってみた。西公園と言えば桜の名所ゆえに、あわよくば花見ができるのでは?という期待感があった。こちらは西公園でも北側のほうである(広瀬通との交差点である立体歩道橋の上から撮影)こちらは西公園の北の端の界隈である。昔は常磐町と言って遊郭があった場所である。遊郭があったのは日清戦争(1894~1895)の頃というから、今から125年も前... 続きを読む

全国的にも珍しい…仙台門松とは?

松の内も終わり、仙台では14日とどんと祭(仙台では正月様を焼く祭りをこう呼ぶ)を待つだけとなった。昨日は今シーズン初めて雪が積もったが、3センチだけですぐに解けてしまった。街中は相変わらず雪がない。下の写真は西公園通と広瀬通の交差点の歩道橋から撮影。そんな中、街中で変わった門松を発見した。その名は仙台門松である。松の木が二本立てられ、これに棒のようなものが渡され、棒にはしめ縄が巻かれている。それに... 続きを読む

仙台市街地の紅葉が始まりました

昨日から本日にかけて仙台は秋晴れに恵まれた。仙台市街地の街路樹もそろそろ色づきだす頃である。宮城県庁前のイチョウの街路樹もやや黄色に色づいてきた。歩道も車道も落ち葉がいっぱいである。県庁脇の匂当台公園には赤痢菌を発見した志賀潔(1871~1957)の銅像がある。志賀潔は仙台藩士の子として生まれ、代々藩医を務める家柄である志賀家の養子になった。文化勲章を受章するなどの栄誉で仙台名誉市民ともなっている... 続きを読む

立町界隈のウォーキング

本日は三連休の中日だが、メディアテークで本を借りた後、ウォーキングを行った。連休だからといって身体をなまらせてはいけないと考えたからである。立町は一方通行の狭い通りである。私は広い通りよりもこのような路地裏を好む。路地裏には人々の喜怒哀楽がこもる。それを肌で感じたいというのがその理由である。縦横に交わる路地裏を抜け広瀬通に出た。もうすぐ西公園との交差点である。右側のフェンスのある学校に注目。仙台市... 続きを読む