FC2ブログ

入梅前の仙台色街界隈の散策

 The Who - Baba O'Riley (Shepperton Studios / 1978) リンク曲についてThe Whoの曲のリンクはこれで二曲目である。曲の初めの頃に雄たけびを上げ、徐々に意識を高揚させてゆく演出が今日の私の感性を捉えた。ブログにリンクする曲というのは元々リスクがある。それは読者各位の嗜好の多様性に必ずしも重ならない所以である。それでも気にすることなく、ひたすら好きな曲をリンクすることは開き直りの気持ちがないとと... 続きを読む

本日の仙台西公園事情

本日は仙台市図書館に行く用事があったので、目と鼻の先にある西公園に寄ってみた。西公園と言えば桜の名所ゆえに、あわよくば花見ができるのでは?という期待感があった。こちらは西公園でも北側のほうである(広瀬通との交差点である立体歩道橋の上から撮影)こちらは西公園の北の端の界隈である。昔は常磐町と言って遊郭があった場所である。遊郭があったのは日清戦争(1894~1895)の頃というから、今から125年も前... 続きを読む

全国的にも珍しい…仙台門松とは?

松の内も終わり、仙台では14日とどんと祭(仙台では正月様を焼く祭りをこう呼ぶ)を待つだけとなった。昨日は今シーズン初めて雪が積もったが、3センチだけですぐに解けてしまった。街中は相変わらず雪がない。下の写真は西公園通と広瀬通の交差点の歩道橋から撮影。そんな中、街中で変わった門松を発見した。その名は仙台門松である。松の木が二本立てられ、これに棒のようなものが渡され、棒にはしめ縄が巻かれている。それに... 続きを読む

仙台市街地の紅葉が始まりました

昨日から本日にかけて仙台は秋晴れに恵まれた。仙台市街地の街路樹もそろそろ色づきだす頃である。宮城県庁前のイチョウの街路樹もやや黄色に色づいてきた。歩道も車道も落ち葉がいっぱいである。県庁脇の匂当台公園には赤痢菌を発見した志賀潔(1871~1957)の銅像がある。志賀潔は仙台藩士の子として生まれ、代々藩医を務める家柄である志賀家の養子になった。文化勲章を受章するなどの栄誉で仙台名誉市民ともなっている... 続きを読む

立町界隈のウォーキング

本日は三連休の中日だが、メディアテークで本を借りた後、ウォーキングを行った。連休だからといって身体をなまらせてはいけないと考えたからである。立町は一方通行の狭い通りである。私は広い通りよりもこのような路地裏を好む。路地裏には人々の喜怒哀楽がこもる。それを肌で感じたいというのがその理由である。縦横に交わる路地裏を抜け広瀬通に出た。もうすぐ西公園との交差点である。右側のフェンスのある学校に注目。仙台市... 続きを読む