fc2ブログ

随筆「K親方と桃の缶詰」

K親方が80歳で亡くなってから十四、五年が経った。本日は供養を兼ね、生前の親方の人となりを偲んでペンを執ることにした。K親方は昭和一桁生まれで建設業の鳶土工一筋に歩んできたかたであった。K親方との出逢いは85年頃と記憶している。100キロ近いがっしりとした体格で如何にも偉丈夫といういでたちは貫禄十分で、ゴリラのようないかつい顔立ち(真っ黒に日焼けし、下膨れで顎と口が大きい)とも相まり、初対面の場では... 続きを読む