FC2ブログ

Fukushima 50見て参りました。

 映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)予告編 リンク動画について去る3月6日に封切りされた映画Fukushima 50を見に行った。自分は震災当日の2011年3月11日に福島第一原発で働いていただけに、以前から大変気になっていた映画である。一昨日に予告編を見て、昨日は虎ノ門ニュースの映画紹介コーナーで概要を知り、この映画を鑑賞することに使命感を強く感じ、本日実現に至った次第である。この映画の主役は二人と... 続きを読む

九割がた人が戻った仙台の繁華街

本日の帰宅時、仙台の繁華街を歩いてみた。テイクアウトの店が増えたが、ここは屋台風(トラックで移動できる店)である。販売しているのはハンバーガー🍔やお好み焼きなどのB級グルメのメニューのようだ。御覧のようにテーブルとイスも用意しているが、梅雨時はちょっと辛いものがあるのかも知れない。ここは一杯飲み屋の店である。もう少し安い店もあるが、こちらのほうがこぎれいで入りやすい気がする。一杯飲み屋の対面にはライ... 続きを読む

五月闇の中で我が人生を振り返るポタリング

 Boz Scaggs - We're All Alone (Unplugged Version) リンク曲についてボズ・スラッグスいつの間にかこのような穏やかな曲を好むようになった自分が居る。かつてはこのような曲はけしてリンクしなかったわけだが、セカンドライフを迎えて人間が丸くなったのかも知れない。自分がこの境地に至るには様々な紆余曲折があった。それでも現実から目を離したことはなかった。あることがきっかけで、これがトラウマになり人間不信に陥っ... 続きを読む

「夏至までが花」という我が季節感

 Arrival of the Queen of Sheba - G.F. Händel - Saint Martin-church Dudelange リンク曲についてゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルは1685年ドイツに生まれ、イギリスに帰化した作曲家である。歌劇「シバの女王の入場」は華やかさと威厳を兼ね備えたオペラ音楽である。出だしの部分は特に印象的な旋律で、一度はまると病みつきになるほど躍動にあふれた曲である。空梅雨の多い昨今だが、初夏と夏の中間でありなが... 続きを読む

一番町の英国パブ 2箇月ぶりに営業を再開

 Bon Jovi - Runaway (Official Music Video) リンク曲についてこう見えても自分は記事内容に合う曲をいろいろと模索している。本日の記事は或るパブの二箇月ぶりの再開を祝うものであり、それを祝うに相応しい曲を選んだつもりである。ボン・ジョヴィの曲で80年代のものである。曲へのこだわりは千差万別ゆえに、けして万人受けを狙わないというのが自分のポリシーである。こういうやりかたを黙々と貫くにはモチベーションは... 続きを読む

夏至が近づいた…帰宅時の仙台市街の様子

そろそろ夏至も近くなった。今のところ、我が宮城県では新型コロナウイルスの第二波が押し寄せる気配もなく、街中は解放的なムードに満ちている。一番町の北端をご覧いただきたい。道を往来する人の数もだいぶ戻り、ざっと見て以前の8割近くまで回復した気がする。今日はやや暑いこともあり、外歩きでマスクをしている人の割合は全体の8割ほどといった感じである。夏至まで二週間を切り、日もだいぶ長くなった。明るいうちに帰宅... 続きを読む

入梅前の仙台色街界隈の散策

 The Who - Baba O'Riley (Shepperton Studios / 1978) リンク曲についてThe Whoの曲のリンクはこれで二曲目である。曲の初めの頃に雄たけびを上げ、徐々に意識を高揚させてゆく演出が今日の私の感性を捉えた。ブログにリンクする曲というのは元々リスクがある。それは読者各位の嗜好の多様性に必ずしも重ならない所以である。それでも気にすることなく、ひたすら好きな曲をリンクすることは開き直りの気持ちがないとと... 続きを読む

仙台の街に更に活気が戻ってきた‼

 Giuseppe Verdi - Aida - Gloria all'Egitto e Marcia Trionfale リンク曲について本日も一週間前の記事に続きジュゼッペ・ヴェルディのオペラ曲。俗にアイーダ(凱旋行進曲)と称される曲である。我が人生において凱旋などと言った華々しいことなどは一度もなかったが、この勇壮極まるオペラ曲を聴き、週末の美酒に酔い仮想空間に己の身を置く時、叶わなかった願いが叶うのを感ずる。誇大妄想と言われればそれまでだが、ちっぽ... 続きを読む

久しぶりの番ブラで元気を取り戻す!

 Johann Strauss I - Radetzky-Marsch, Op. 228 リンク動画について久しぶりのラデツキー行進曲リンクである。ラデツキー行進曲はヨハン・シュトラウス1世が作曲した行進曲で最高傑作といわれ、クラシック音楽全体でも有数の人気曲である。1848年革命の最中に、当時はオーストリア帝国領であった北イタリアの独立運動を鎮圧したヨーゼフ・ラデツキー将軍を称えて作曲された。自分は行進曲を好むが、この曲は歌劇カルメンのMarch ... 続きを読む

久しぶりに折り畳み自転車でポタリング

 REO Speedwagon - Keep on Loving You (Official Music Video) リンク曲について1981年のTOP SONGSからの選曲である。REO Speedwagonは私のゾーンだが、記憶の中でこの曲は初めて聞く曲である。人を好きになるのに理屈などないのと同様に、洋楽を好きになるのにいちいち理由もないし、能書きもない。自分の感性がこの曲に強く惹かれたがゆえに、今宵はこの曲をブログに掲載した次第である。しいて言うならば、この曲にはフ... 続きを読む

仙台一番町商店街の連休事情

 Simple Minds - Don't You (Forget About Me) リンク曲についてTOP SONGS 1982からの選出である。1982年と言えば、自分の中で多くのものが輝いていた時であった。この頃の自分にはもちろん戻れない。だが例外がある。それはTOP SONGSの中から気に入った曲を抽出しブログに掲載したうえで、アルコールを飲むことである。自分はけしてアルコール依存症ではない。週二回の禁酒日も設けており、自分を制した上での飲酒を愉... 続きを読む

連休中の店舗営業状況IN仙台

緊急事態宣言下の昨日(憲法記念日)、私は仙台市の北環状線(八乙女折立線)沿いの商店街を訪ねた。先ずは百均のダイソーに行った。ここで驚いたのはレジに数十人が並び長蛇の列を作っていたことである。店内では「一階のレジ付近で密集状態が発生しているのでご注意ください」などと放送があり、購入をあきらめるしかなかった。とても買い物を楽しむ雰囲気ではない;北環状線を挟んだ向かい側にはパチンコ店が二店は、市からの要... 続きを読む

今年の連休の過ごし方を模索して…

 ZZ Top - Stages (Live) リンク曲について後で理由を述べるが、今は頭の中がもやもやしている。こんな時に聞くべき曲はアメリカンロックである。ZZ TOPは最近聴き始めたグループだが、髭面にサングラスのスタイルが如何にも自由の国アメリカを彷彿とさせる。カウボーイハットもよく似合うが、こういう特化的なキャラクターを打ち出した彼らのアイディアと才能を高く評価したい。芸術や音楽の分野で成功を治めるにはオリジナル度... 続きを読む

緊急事態宣言にもめげずに体を鍛える!

スーザ 行進曲集 / ズービン・メータ ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1993)リンク曲について本日は久しぶりに行進曲のリンク(メドレー)である。頭の中のもやもやを一掃してくれる。そんな音楽を探し求めると、やはりマーチに行き着く。この状況下で悩むなというほうが無理というものである。YOU TUBEを見ていると悲観的なものも多いが、その一方で楽観的なものもある。最近は敢えて暗い内容のもの(世界大恐慌が起きるor第... 続きを読む

雨天でもけしてモチベーションを落とさない策とは?

Electric Light Orchestra, BBC Concert Orchestra - Don't Bring Me Downリンク曲について自分に最も肌の合う洋楽を探るとき、自ずと70年代~80年代のロックとなる。理由は自分の人生の中で最もHOTだった頃だからである。月日はけして人を待ってくれないが、早いものであれから40年近くが過ぎた。今自分にできるのは、短いながらもあの頃にトリップできることである。それにはもちろん音楽の他に酒の力を借りなければならな... 続きを読む

崖っぷちの桜

仙台の桜のいよいよ見納めといった感じだが、本日は珍しい場所に根付いた桜を紹介したい。その名は「崖っぷちの桜」である。(笑) 但し命名は私が勝手につけただけで、名もない桜と言ったほうがいいのかも知れない。正面の桜をご覧いただきたい。フェンスの外は崖である。桜(ソメイヨシノ)の寿命は一般的に60年くらいと言われるが、この団地が出来たのが昭和40年代前半なので50数年前の造成ということになり、樹齢(老木... 続きを読む
[タグ] 崖っぷちの桜

散歩でいつものように、少年~青年の頃に通っていた床屋に出向く

  Wednesday Night  リンク曲について数十年もの時を遡るとき、静かに聴きたい曲がある。自分にとってのそれが、このWednesday Nightである。水曜ロードショーのオープニング曲として有名だが、過ぎ去りし日々を辿るのに相応しい曲がこの曲である。イントロには口笛が入るが、少年時代の自分もよく口笛を吹いた。あの頃の自分はそれだけ将来を楽観していたのかも知れない。人生の行く末に何が待ち構えているのか知る由もなかっ... 続きを読む

台原森林公園でコロナから解放される

本日は久しぶりに台原森林公園に行った。ここは南側の入口である。桜もそろそろ見ごろなので期待してきたが、ほぼ期待通りで七分咲き~満開といった感じである。仙台の本日の最高気温はほぼ平年並みの14度である。春を十分感じる好条件ゆえ、コロナウイルスさえなければ憂いはないのだが…Google3D立体画像で本日のルートを確認して頂きたい。台原森林公園は一周3キロとなっているが、途中からやや遠回りしたためトータル歩行... 続きを読む

本日の仙台西公園事情

本日は仙台市図書館に行く用事があったので、目と鼻の先にある西公園に寄ってみた。西公園と言えば桜の名所ゆえに、あわよくば花見ができるのでは?という期待感があった。こちらは西公園でも北側のほうである(広瀬通との交差点である立体歩道橋の上から撮影)こちらは西公園の北の端の界隈である。昔は常磐町と言って遊郭があった場所である。遊郭があったのは日清戦争(1894~1895)の頃というから、今から125年も前... 続きを読む

一番町の木製ベンチの作り替えが始まった

私の通勤路である一番町の三越前の今朝の画像に着目して頂きたい。実は先週ころから老朽化した木製ベンチの作り替えが始まった。(撮影時間はAM6時50分頃)これが新たに作られた木製ベンチである。先週の末頃、数人の大工さんが手掛けていたのを目撃した。最後はペンキを塗って仕上げるものと思われる。老朽化したベンチは座れないように、このようにカラーコーンで立ち入り禁止措置が取られている。脚の部分だけを取り換えて再... 続きを読む

五連休初日は番ブラでSTART

The Who ''You Better You Bet'' (Album Version) from "Face Dances" March 16, 1981 https://www.youtube.com/watch?v=h_9Dv7UYz-Qリンク曲についてヤフー時代はさておいて、FC2ブログを始めてから初めてリンクするのがThe Who(フー)の You Better You Bet である。80年代初頭の私は念願の車(スバル・レオーネクーペRX)を手に入れ、休日にはドライブというのが定番であった。※若かりし頃の私が乗ったスバルレ... 続きを読む

運転免許センター界隈七北田川河畔の散策

太平洋沖大震災から今日で9年となるが、既に5日前の3月6日に既に震災絡みの記事を書いた経緯もあり、本日は敢えてこれをパスしたい。私にできるのは亡くなられたかたを追悼することだけである。これからも3月11日という日を特別な日と認識し、心の片隅に留めたい。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※本日は休みだったので息子の運転免許の更新に付き合うことにした。訪れたのは泉区市名坂の宮城県運転免許センターである。場内... 続きを読む

仙台市山上清水地区を訪ねて

本日は去る2月19日に訪れた仙台市西部の山上清水(さんじょうしみず)地区についてお伝えしたい。ここは青葉城恋歌で有名な広瀬川である。目的はウォーキングである。遠くに見える橋は牛越橋、対岸は山居沢である。バイクは近くのショッピングセンターの駐輪場に止めさせて頂いた。左岸沿いに進むと支流(小川)との合流がある。小川には橋が架かっている。小川の上流にはこのような滝がある。工事現場のように単管で組まれた仮... 続きを読む
[タグ] 山上清水

春を感じる縁なし眼鏡をかけての若返り&街歩き

 The Rolling Stones - Mixed Emotions (MTV Video Music Awards) - 1989 ローリングストーンズ「ミックスト・エモーションズ」和訳First仕事を果たしてさ、ベイビー!コートにボタンをして踊りに行こうぜ !野暮な仕事は忘れよう!過去は拭んだ一緒に愛し合おうぜ!通りにとどまってなお前は特別な存在なんだ だから俺は複雑な気持ちなんだ!お前はこの海を漂う特別な存在の船なんだ!お前の動きが俺を変にしているお前の思わ... 続きを読む

今は街のど真ん中になってしまった村堺の明神

昔は村堺にあった明神が今は街のど真ん中になってしまった。仙台青葉区の市街地にそんなスポットがある。場所は北一番丁と北二番丁の間の細い通り(住所は二日町)である。ここから右に50メートルほど行くと二日町のローソンである。その明神はちびっこ広場の中に鎮座している。明神の名は榎明神。昔すぐ傍に榎の木があったという。大変残念ながら、元あった場所はここではない。石碑には、榎明神は荒巻村(荒牧とも)と小田原村... 続きを読む
[タグ] 榎明神

番ブラ&昔の恋愛映画の鑑賞

本日の仙台の最高気温は4度と寒かった。朝からみぞれの降る中、私が向かったのは仙台の都心部である。この建物は東北農政協などが入った合同庁舎だが、真向かいには県庁がある。私の服装は上が薄いコート、下が通気性に優れたナイロン製のヤッケ、履物は長靴、帽子が百均の山高帽(ビニール製のため防水)である。(笑)寒いのでじっとしていられない。とにかくひたすら歩くのみである。前方の幅の広いビルが定禅寺通と勾当台通の... 続きを読む

川瀬巴水という版画家

4日前の1月10日、版画家(日本画家)川瀬巴水の「日本風景集 東日本篇 石巻の暮雪(1935)」を紹介したが、川瀬の作品があまりにもインパクトが強かったので本日は彼の別な作品にスポットを当ててみたい。これは「牛堀」という作品である。雪がちらつく中の小舟の様子がノスタルジーを誘う。彼の作品は、古き良き日本の原風景を追ったものが多いようだ。特定の場所を描いてはいるものの、このような風景は日本の各地に点在... 続きを読む

三連休の中日は東仙台ウォーキング

今シーズンは暖冬で今まで本格的な雪が降ってない。三連休半ばの本日は薄曇りながら、ウォーキング日和であった。私は以前から気になっていた東仙台地区に向かった。この地区には安養寺保存緑地があるからである。但し、すべてを紹介するにはあまりにも情報量が多いので、安養寺保存緑地は後日紹介することにして、今回はダイジェスト版で今日のウォーキングについて掲載したい。安養寺保存緑地散策を終えた後で、バイクに再び跨り... 続きを読む

久しぶりの若林ウォーキング

Elmer Bernstein "The Magnificent Seven" 14.10.2016 St. Petersburg Philharmonia Symphony Orchestraリンク曲について映画音楽「荒野の七人」である。新春に相応しい曲と思い、数曲を聞き比べリンクに至った。アメリカ西部の壮大なスケールを彷彿とさせるこの曲を聴くには、オペラハウスのような大きな器が必要である。但し下手なアレンジなどは無用。この曲はあくまで西部劇のテーマ曲である。然らば原曲に近く、且つ聴く者に... 続きを読む

仙台の官庁街の年の瀬

 映像の世紀OPテーマ:パリは燃えているか リンク曲について過去にNHKで放映された「映像の世紀」は多くの日本人に戦争の悲惨さを訴えるものだった。歴史は繰り返すと言われるが、世界の各地で紛争が続いている。力による制圧は報復の連鎖を呼ぶ。アメリカが国家第一主義を唱えれば、それが歪となってどこかに現れる。火種は中東だけでなく、朝鮮半島の情勢が気になるところである。先ほどディスカバリーチャンネルで「映像の... 続きを読む

9連休初日、横町流の過ごし方

今日から年末年始の9連休に入った。連休は初日が肝心。私が真っ先に向かったのは、いつも通勤で通る一番町商店街である。時刻は8時を回ったばかり。気温が3度とかなり低いが、アーケード街に朝日が差し込んで気持ちがよい。幸先のいい連休スタートに私の胸は高鳴った。いつもは出勤のサラリーマンで混雑する一番町だが、きょうはガラガラであった。商店街には早くも「迎春」の提灯が飾られ、一足早く正月気分に浸った。今年の仙... 続きを読む

昔の澱橋の痕跡が今でも残っています

これはつい先日撮影した仙台市青葉区川内の澱橋(よどみばし)である。左側の現在の橋のすぐ西側(上流側)に昔の澱橋の痕跡(レンガ造らしき柱脚)が残っている、資料によると古い橋は1891年(明治24年)に造られたものらしい。川内側(右岸)から角五郎丁(左岸)を望んでみた。新しい橋と古い橋の離隔距離は川内側で数メートル、角五郎丁側で二十数メートルである。手前の蔦のような植物で覆われているのが川内側の残存柱... 続きを読む
[タグ] 昔の澱橋

仙台市北西部の三本松の散策

本日は久しぶりに仙台市北西部の丘陵地の一角である三本松緑地を訪れた。冬至も近い仙台だが気温が11月並みの14度まで上がり、やや風があったものの気持ちのいい一日であった。三本松緑地は住宅地の中にある。バイクを擁壁の脇に止めさせてもらった。左上方向が三本松の山頂だが、山というよりも丘である。履きなれたスニーカー(富士手袋工業製造の安全スニーカー)は歩きやすい。さほど寒くはなかったが、ヤッケのズボンを履... 続きを読む

大雪の本日、雪なし…仙台緑化センターへ

本日の12月7日(土)は二十四節気の大雪(たいせつ)である。但し仙台には雪もなく、外出への士気を砕く気候に至らなかった。私はこれを幸いにバイクで出かけた。泉図書館(ドーム型の建物)で本を借りた後、隣接する七北田公園に向った。七北田公園はユアテックスタジアムとも隣接しているが、本日は試合もなく閑散としていた。雪のない七北田公園では家族連れが思い思いに愉しんでいた。深呼吸には最高のシチュエーションであ... 続きを読む

仙台光のページェント開幕

本日12月6日(金)は仙台光のページェント開幕日である。私は昼食を食べに定禅寺通に出てみた。点灯は17時半なので5時間後となる。私はケヤキ並木を見ながら、今夜の感動を心に浮かべた。我が仙台において、今年も年の瀬が近づいたという情感に至る最たるイベントこそが光のページェントである。勤務を終えた私は常禅寺通に差し掛かった。まだ早い時刻にも関わらず人出がすごい。とても昼間と同じ通りには思えない。年齢層を... 続きを読む

晩秋の公園の散策

仙台は一昨日に初雪が降った。積雪はなかったが朝起きると車のボンネットに霜が降りていて「今日は初霜か?」と思ったが、これは雪が微かに降った痕跡だったようだ。それはさておき、昨日の土曜日に継いで本日の日曜日も天候が思わしくなく、小雨の降り続く一日となった。私はこの陰鬱を少しでも吹き飛ばすため、或る公園に向った。運動不足解消と紅葉を見たいという希望があったからである。その公園はご覧の通り住宅地の中に存在... 続きを読む

見ごろを向えた晩翠通のイチョウ並木の紅葉

いつもより会社を早く上がったので、散り行く前の落葉樹を見物し、堪能してから帰ることにした。これは定禅寺通の欅並木だが、だいぶ落葉が進んでこのような状態である。杜の都を代表する定禅寺通では、来月の6日から恒例の「仙台光のページェント」が開催されるが、今から楽しみである。晩翠通に出た。毎年今頃の晩翠通はイチョウの紅葉が見事である。ビルのガラスに通の向かい側のビルが反射する。このような写真が撮れたのは非... 続きを読む

仙台市街地の紅葉が始まりました

昨日から本日にかけて仙台は秋晴れに恵まれた。仙台市街地の街路樹もそろそろ色づきだす頃である。宮城県庁前のイチョウの街路樹もやや黄色に色づいてきた。歩道も車道も落ち葉がいっぱいである。県庁脇の匂当台公園には赤痢菌を発見した志賀潔(1871~1957)の銅像がある。志賀潔は仙台藩士の子として生まれ、代々藩医を務める家柄である志賀家の養子になった。文化勲章を受章するなどの栄誉で仙台名誉市民ともなっている... 続きを読む

久しぶりに太白区図書館へ

本日は休みを利用して久しぶりに太白区図書館に行った。これから執筆しようとしている粟野氏のことを調べる為である。マンネリ防止の為にもたまに図書館を変えるのもいいのかも知れない。こちらは隣接する太白区文化センターである。一階が広いピロディー(吹き抜け)になっているので雰囲気も良い。本を借りた後ショッピングモールのほうに移動した。足代わりのバイクは長町モールの駐輪場に止めさせて頂いた。今日の仙台の気温は... 続きを読む

仙台東一番丁始源地とは

仙台に住んでいながら、「東一番丁始源地」(現在の青葉区一番町の南限)を知らない人は意外と多いと察している。恥ずかしながら自分もその一人であった。フレックスを使い会社を早上がりした私は一番町(昔で言う東一番丁)と交差する柳町を訪ねた。大した理由もないが、しいて目的を挙げるならば番ブラ(一番町をぶらつくこと)である。柳町と交差する教楽院丁(一番町と並行して走る通り)である。一方通行の狭い路地だが、この... 続きを読む

旧笊川の散策

本日は休みを利して太白区の旧笊川沿いの散策を楽しんだ。旧ということは新もあるということであるが、本日の本当の目的は歴史散歩の取材であったので旧笊川に絞ることにした。但し今回笊川にまつわる歴史を書くと様々なしがらみが出てくるので、今回はさわりの部分だけに留めたい。笊川の流路と近辺の地図は後でご覧頂くことにして、先ずはバイクをこの橋の傍に止めた。上流側、河口側とも柵があって遊歩道となっている。仙台市内... 続きを読む

桜ヶ丘のウォーキング

 Eminem - Not Afraid (Official Video) リンク曲についてFC2ブログには始めてリンクを試みる曲がエミネムのナット・アフレイドである。オフィシャルビデオはアーチストの広報を用途とするもので、まず消されることはないと踏んでのリンクである。超高層ビルの屋上のパラペットの上で歌うエミナム。正に一歩間違えば真っ逆さまに墜落という息を飲むようなシーンである。視聴者の皆さんはこの動画から一体どんな印象を受けるこ... 続きを読む

勾当台公園のハイウェイフェスタとうほく

三連休初日の本日は勾当台公園市民広場で開催されているハイウェイフェスタとうほくを見に行ってきた。東北六県のグルメ、物産のアピールに大きな役割を果すイベントである。時刻は11時頃だが始まったばかりでこの人出である。先週の宮城バスまつりとは盛況の度合いが全く違い、見応え十分である。主催者はNEXCO東日本(東日本高速道路株式会社)で、東北各地の名物グルメや特産品が目玉である。開催日は今日21日から明日の2... 続きを読む

立町界隈のウォーキング

本日は三連休の中日だが、メディアテークで本を借りた後、ウォーキングを行った。連休だからといって身体をなまらせてはいけないと考えたからである。立町は一方通行の狭い通りである。私は広い通りよりもこのような路地裏を好む。路地裏には人々の喜怒哀楽がこもる。それを肌で感じたいというのがその理由である。縦横に交わる路地裏を抜け広瀬通に出た。もうすぐ西公園との交差点である。右側のフェンスのある学校に注目。仙台市... 続きを読む

定禅寺ストリートジャズフェスティバル

定禅寺ストリートジャズフェスティバル(正式名称:定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台)に行ってきた。ここは一番町通である。この通りだけを見ると大道芸風の雰囲気だが、開催は広範囲に渡っているのが特徴である。今日と明日の二日間で75万人の人出が見込まれている。幸い今年は二日間とも天候に恵まれそうである。学生風のステージも多い。演奏者のほとんどはアマチュアだが、レベルが高いグループが多いのが特徴... 続きを読む

仙台匂当台公園でエコフェスタ開催

本日青葉区の匂当台公園の市民広場を通りかかたところ、或るイベントに遭遇した。イベントの名前はエコフェスタである。3R(リデュース・リユース・リサイクル)が叫ばれて久しいが、正に時勢にあったイベントである。全体的には衣類が多いようである。変わり種としてはこけしも売られていた。私の家にもこけしがあり、処分に困っていたところであったが、こうしたバザーで不要な人から必要な人の手に渡れば、願ってもないことで... 続きを読む
[タグ] エコフェスタ

土井晩翠ゆかりの地・晩翠通の散策

本日の仙台の最高気温は28度と昨日を2、3度ほど下回った。久しぶりに真夏日を免れたことになる。けして涼しいとまでは言えないが、最近数日中では最もウォーキングに適した日と解釈し、迷わずに決行に至った。理由としては単に天気予報の最高気温だけではなく、晴れ間に誘われたせいもある。北四番丁(旧国道48号線)に差し掛かり、或る小学校の前を通りかかった。本日紹介する学校は土井晩翠(1871~1952、詩人、英... 続きを読む

七北田公園へのポタリング

顧客から季刊誌への寄稿(歴史散歩)を依頼され、ここ数日余裕がなかった。本日の朝、ようやく校正が済み、縛りから解放されたので、近場にポタリングに出てみた。訪れた場所は泉区の七北田公園である。Google航空写真で七北田公園の位置を確認して頂きたい。J1サッカーチームのベガルダ仙台のホームグランドがあるユアテックスタジアムのある場所である。七北田公園の施設には仙台市緑化ホール(植物園他)がある。緑化施設だけ... 続きを読む

仙台の街中で涼んできました。

本日の仙台の最高気温は31度、昼近くになって台風接近のため、風やや強くなってきた。私は束の間の涼を求めて街に出てみた。ここは定禅寺通と一番町の交差点である。適度な風がある為、欅並木の緑陰に入ると凌ぎやすい。私は汗かきでいつもならタオルが手放さないのだが、本日は無用なほど涼しかった。盆中ということもあって車の通りも少なかった。街ゆく人も涼しそうである。一番町に入るとビル風の効果(一番町が風の通り道に... 続きを読む

仙台のうどう沼の今昔

十連休も今日で半分以上が過ぎ、残り四日となった。これまで殆ど日照のない毎日だが、一日中雨の日もない。本日は中途半端だったが、仙台育英VS鳴門高校、鶴岡東VS習志野高校の高校野球をテレビで観た後、合羽を着用してバイクでポタリングに行った。向かった先は仙台市北西部のうどう沼である。うどう沼は何度かブログに登場しているが、うどう沼は七北田川の支流である梅田川の源流地点でもある。合羽を着ても水辺ゆえ、蒸し... 続きを読む