FC2ブログ

仙台東一番丁始源地とは

仙台に住んでいながら、「東一番丁始源地」(現在の青葉区一番町の南限)を知らない人は意外と多いと察している。恥ずかしながら自分もその一人であった。フレックスを使い会社を早上がりした私は一番町(昔で言う東一番丁)と交差する柳町を訪ねた。大した理由もないが、しいて目的を挙げるならば番ブラ(一番町をぶらつくこと)である。柳町と交差する教楽院丁(一番町と並行して走る通り)である。一方通行の狭い路地だが、この... 続きを読む

旧笊川の散策

本日は休みを利して太白区の旧笊川沿いの散策を楽しんだ。旧ということは新もあるということであるが、本日の本当の目的は歴史散歩の取材であったので旧笊川に絞ることにした。但し今回笊川にまつわる歴史を書くと様々なしがらみが出てくるので、今回はさわりの部分だけに留めたい。笊川の流路と近辺の地図は後でご覧頂くことにして、先ずはバイクをこの橋の傍に止めた。上流側、河口側とも柵があって遊歩道となっている。仙台市内... 続きを読む

桜ヶ丘のウォーキング

 Eminem - Not Afraid (Official Video) リンク曲についてFC2ブログには始めてリンクを試みる曲がエミネムのナット・アフレイドである。オフィシャルビデオはアーチストの広報を用途とするもので、まず消されることはないと踏んでのリンクである。超高層ビルの屋上のパラペットの上で歌うエミナム。正に一歩間違えば真っ逆さまに墜落という息を飲むようなシーンである。視聴者の皆さんはこの動画から一体どんな印象を受けるこ... 続きを読む

勾当台公園のハイウェイフェスタとうほく

三連休初日の本日は勾当台公園市民広場で開催されているハイウェイフェスタとうほくを見に行ってきた。東北六県のグルメ、物産のアピールに大きな役割を果すイベントである。時刻は11時頃だが始まったばかりでこの人出である。先週の宮城バスまつりとは盛況の度合いが全く違い、見応え十分である。主催者はNEXCO東日本(東日本高速道路株式会社)で、東北各地の名物グルメや特産品が目玉である。開催日は今日21日から明日の2... 続きを読む

立町界隈のウォーキング

本日は三連休の中日だが、メディアテークで本を借りた後、ウォーキングを行った。連休だからといって身体をなまらせてはいけないと考えたからである。立町は一方通行の狭い通りである。私は広い通りよりもこのような路地裏を好む。路地裏には人々の喜怒哀楽がこもる。それを肌で感じたいというのがその理由である。縦横に交わる路地裏を抜け広瀬通に出た。もうすぐ西公園との交差点である。右側のフェンスのある学校に注目。仙台市... 続きを読む

定禅寺ストリートジャズフェスティバル

定禅寺ストリートジャズフェスティバル(正式名称:定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台)に行ってきた。ここは一番町通である。この通りだけを見ると大道芸風の雰囲気だが、開催は広範囲に渡っているのが特徴である。今日と明日の二日間で75万人の人出が見込まれている。幸い今年は二日間とも天候に恵まれそうである。学生風のステージも多い。演奏者のほとんどはアマチュアだが、レベルが高いグループが多いのが特徴... 続きを読む

仙台匂当台公園でエコフェスタ開催

本日青葉区の匂当台公園の市民広場を通りかかたところ、或るイベントに遭遇した。イベントの名前はエコフェスタである。3R(リデュース・リユース・リサイクル)が叫ばれて久しいが、正に時勢にあったイベントである。全体的には衣類が多いようである。変わり種としてはこけしも売られていた。私の家にもこけしがあり、処分に困っていたところであったが、こうしたバザーで不要な人から必要な人の手に渡れば、願ってもないことで... 続きを読む
[タグ] エコフェスタ

土井晩翠ゆかりの地・晩翠通の散策

本日の仙台の最高気温は28度と昨日を2、3度ほど下回った。久しぶりに真夏日を免れたことになる。けして涼しいとまでは言えないが、最近数日中では最もウォーキングに適した日と解釈し、迷わずに決行に至った。理由としては単に天気予報の最高気温だけではなく、晴れ間に誘われたせいもある。北四番丁(旧国道48号線)に差し掛かり、或る小学校の前を通りかかった。本日紹介する学校は土井晩翠(1871~1952、詩人、英... 続きを読む

七北田公園へのポタリング

顧客から季刊誌への寄稿(歴史散歩)を依頼され、ここ数日余裕がなかった。本日の朝、ようやく校正が済み、縛りから解放されたので、近場にポタリングに出てみた。訪れた場所は泉区の七北田公園である。Google航空写真で七北田公園の位置を確認して頂きたい。J1サッカーチームのベガルダ仙台のホームグランドがあるユアテックスタジアムのある場所である。七北田公園の施設には仙台市緑化ホール(植物園他)がある。緑化施設だけ... 続きを読む

仙台の街中で涼んできました。

本日の仙台の最高気温は31度、昼近くになって台風接近のため、風やや強くなってきた。私は束の間の涼を求めて街に出てみた。ここは定禅寺通と一番町の交差点である。適度な風がある為、欅並木の緑陰に入ると凌ぎやすい。私は汗かきでいつもならタオルが手放さないのだが、本日は無用なほど涼しかった。盆中ということもあって車の通りも少なかった。街ゆく人も涼しそうである。一番町に入るとビル風の効果(一番町が風の通り道に... 続きを読む

仙台のうどう沼の今昔

十連休も今日で半分以上が過ぎ、残り四日となった。これまで殆ど日照のない毎日だが、一日中雨の日もない。本日は中途半端だったが、仙台育英VS鳴門高校、鶴岡東VS習志野高校の高校野球をテレビで観た後、合羽を着用してバイクでポタリングに行った。向かった先は仙台市北西部のうどう沼である。うどう沼は何度かブログに登場しているが、うどう沼は七北田川の支流である梅田川の源流地点でもある。合羽を着ても水辺ゆえ、蒸し... 続きを読む

イオンタウン塩釜・ラーメン四六時中

10連休初日の本日、息子とともに塩釜に行ってきた。塩釜は宮城県の三大漁港の一つで古くから開けた港町である。所用を済ませた後で昼食に立ち寄ったのは複合商業施設・イオンタウン塩釜 四六時中である。塩釜市の位置をGoogle地図で確認して頂きたい。仙台から北東に約20キロである。イオンタウン塩釜の駐車場は非常に広く、おまけに無料である。ウイークデーの本日の昼頃でこの状態なので、土日は恐らく満ぱい状態でないだろ... 続きを読む

タンクトップでの暑中ウォーキングは快適

本日の仙台は最高気温が35度まで上昇し昨日に引き続き猛暑日となった。普通ならウォーキングなど思いも尽かないのだろうが、そこは横町流。思い切って炎天下の町に出ることにした。町場(中心街)をウォーキングに選んだ理由はビルによる日陰が多いからである。それと本日工夫したことは男性用タンクトップの着用である。私は今まで生まれてこの方、袖のない夏服で外出したことは一度もないが、本日は敢てそれにチャレンジしてみ... 続きを読む

本日の暑中ウォーキング

本日の仙台は最高気温が31度まで上がった。日中は青空こそ臨んだが、台風崩れの熱帯低気圧の影響で湿度が高かった。そんな時に思い立ったのは暑中ウォーキングである(笑)先ずは仙台メディアテークから路地を北に向かう。位置的には法務局の裏側に当たる部分である。体が暑さモードに慣れきっていないが、大敵はなんと言っても熱中症である。公園の水道でペットボトルの水を補い、小まめに水分を補給しながら歩いた。ベンチに座... 続きを読む

へくり沢上流域の探訪

本日は去る2019年7月11日に訪ねたへくり沢の上流域についてお伝えしたい。へくり沢については以前も説明したが、仙台市青葉区広瀬町~八幡町~国見地区の「えぐられた沢」に由来とする川のことであり、今はその大半が暗渠となっている。のへぐり沢については学者や郷土史家など、様々なかたの研究や探索の対象になっており、インターネットでもそこそこヒットするのだが、その多くは航空写真や地図がなく、今一つわかり難い... 続きを読む

へくり沢中流域の探訪

本日は去る7月11日(木)に巡ったへつり沢の続編として中流域(旧制二高アイスホッケーリンク跡地~春日神社まで)をお伝えしたい。砂利を敷き詰めた土地がアイスホッケーリンク跡地である。その後は畑地を経て現状に至ったようである。周囲とは落差が約20メートルあるが、この場所がかつてえぐられた沢(へぐり沢)であったことがよくわかるスポットである。Google3D立体画像で旧制二高アイスホッケーリンク跡地(黄色丸)... 続きを読む

雨中ウォーキング決行しました

一昨日の7月14日(土)雨中ウォーキングを決行した。自分は無類のへそ曲がりであり、天候にモチベーションを左右されるのを嫌う性分である。一昨日は「雨がなんだ、雨の中でも市街地ウォーキングをとことん愉しんでやるぞ!」という気持ちで家を出た。とは言え雨の中を数キロも歩くには雨具の完全装備は不可欠、完全防水のゴム長靴とヤッケズボン(通気性があるので蒸れない)で下半身を固め、上半身は長袖のシャツ(放熱の為、... 続きを読む

へくり沢下流の探検

本文「へくり沢」本文投稿:2019年7月11日(木)本日は休みを利用してへくり沢(仙台市内を流れる広瀬川の支流)を探訪した。インターネットで下調べに及んだ後に、私がまず向かったのは青葉区北七番丁の柏木市民センターである。柏木市民センターにはこのような立体模型が置かれている。へくり沢の名前の由来となった「へくる」とは谷の縁を縫うように川が通過することで、えぐられた地形を指すとのことである。恐らく「え... 続きを読む
[タグ] へくり沢 土橋

仙台中心街の路地裏

振り替えで帰宅時間が少し早かったので仙台市中心街の路地裏をさまよってみた。裏通りには様々な飲食店が店を構えている。突き当たりが目抜き通りの一番町通りである。Google航空写真で上の写真を撮影した路地をご覧頂きたい。路地側からタワービルを見上げた。ビルのガラスには青空が反射してなかなか快適な空間である。定禅寺通りでは造園業者による街路樹の枝払いが行われていた。仙台は杜の都と言われるが、こうした維持管理費... 続きを読む
[タグ] タワービル

国見ヶ丘地区のウォーキング

私は水曜日を「週のハーフタイム」と呼んでいる。現役の頃とは異なり、月、火と二日出て水曜日に一日休む。これに土日を加え、週休三日となっているが、このバランスが丁度いい按配で絶妙なバランスなのである。仮に、水曜にどうしても出勤しなければならない事情が生じた際は、出勤し木曜に振り替え休日を取ることもあるが、この場合はハーフタイムとは呼べない。水曜の休みが週の中間に位置するからハーフタイムなのである。私が... 続きを読む

今年も夏至が近づいた

今年の夏至は6月22日なので間もなくである。仙台市役所前で帰宅途中に撮影した写真をご覧頂きたい。17時40分でまだこの明るさである。梅雨晴れはどうも今日、明日くらいで明後日からは再び梅雨空に戻るらしい。或いは暫くは青空が望めないのかも知れない。今年は例年よりも5日ほど早く6月7日に入梅したので、梅雨が長くなりそうだ。横町利郎挨拶皆さん、新しいブログには慣れましたでしょうか?私はユーザータグの表示(... 続きを読む
[タグ] 夏至 横町利郎

水の森地区のポタリング

Journey - Don't Stop Believin' (from Live in Houston 1981: The Escape Tour) リンク曲について馬が合うという言葉があるが、自分にとっては70年代~80年代の洋楽(ポップス)がこれに当たる。あとは酒があればいい。例え空想の中でも再び青春時代が甦る。本日はその感動を胸に抱きながら、休日の夕暮れ時を愉しんでいる。今と言う刹那は二度と戻らないが、全盛時代のスティーヴ・ペリー(ボーカル)を見ていると、若... 続きを読む

仙台青葉まつり開幕・雀踊りが最高

 本日、仙台青葉まつりが開幕した。私が中央通(クリスロード)を訪ねたのは11時過ぎであった。どんな祭もそうだが、雀踊りは特に笑顔が求められる。見物人の視線を一手に集めるコツがこの笑顔である。(クリスロード洋服の青山前で撮影)普段は全天候型のアーケードを備えるクリスロードだが、特別な日にはこのように開放し、青空を望める趣向が施されている。政宗公の命日(5月24日)が近づいたが、本日の五月晴れは正に祭... 続きを読む

今年も仙台青葉まつりが近づいた!

今年の仙台青葉まつりもいよいよ週末に迫った。本日はその模様を含めてお気に入りのカフェからのビューをお伝えしたい。紹介する場所は仙台の目抜き通りである一番町の広瀬通~中央通(クリスロード)である。司馬遼太郎は1980年代に、街道をゆく「仙台・石巻」を書く際、取材で中央通~東一番町へと立ち寄っているが、その時のことを「例え500メートルでも、東北に若者が最新に流行の服装を着飾って歩く目抜き通りが存在す... 続きを読む

仙台北五番丁界隈の散策

自分は現役時代建設業に携わっていた。その時分によく青葉区の北五番丁周辺で仕事をしたことがある。本日はそんな懐かしい時代を振り返る為、この界隈(北六番丁~北四番丁)をウォーキングをすることにした。現在の北六番丁は片側二車線、片側一車線となっているが、二十数年ほど前に北四番丁が四車線化された為に脇道的な存在になっている。付近は住宅地と商業地が入り乱れる地域で、マンションやアパートも多い。都心のような雑... 続きを読む

新緑の仙台定禅寺通

本日、私は青葉区の仙台市図書館(メディアテーク仙台)に向かった。30分ほどで所用を済ませ、定禅寺通を東へと歩いた。新緑から深緑に移り変わろうとしているケヤキ並木からは木漏れ日が差す。薫風そよぐ清々しい季節到来である。ケヤキ並木の下を歩くだけで心の深呼吸をしている気持ちになる。(メディアテーク側から南側を望む)仙台は杜の都と呼ばれているが仙台駅から東に延びる青葉通とこの定禅寺通が双璧と言っていい。仙... 続きを読む

ブランチ仙台と古内モール行ってきました

本日は八十八夜(立春から87日後)である。思い起こせば暦の上での春を迎えてから三箇月近くが経ったが、もうそんなに経つのか?と思うのが偽らざる実感である。とことで八十八夜は春から夏に移り変わる節目の日で縁起のいい日とされている。縁起がいいと言えば昨日は天皇即位の日であった。明日から祝日のオンパレードだが、世の景気もそれに便乗してもらいたいものである。本日の仙台はやや風が強いものの、好天に恵まれた。八... 続きを読む

仙台若林界隈のウォーキング

去る4月28日、仙台市東部の若林地区のウォーキングに出かけた。目的は健康作りである。私は酒を嗜むが週二日の禁酒(二日飲んで一日休む)と一日4キロ以上のウォーキングを心掛けている。お陰で今のところ、特に悪いところもなく健康である。この日の歩き始めの場所は若林区図書館である。駐輪場にバイクを止め4~5キロを目安として東の仙台バイパス方面に向かって歩き始めた。八十八夜も近づくと空の色が一層青くなる。気温... 続きを読む
[タグ] 六郷堀

ウォーキングで立ち直った私

今から数年前、煮え切らない毎日を送っていた頃、ほぼ毎日行っていたことがあった。それはウォーキングである。ウォーキングは何も特別なことでない。今は自分の生活の一部にさえなっている。毎日の通勤に約4キロ弱のウォーキングを取り入れているからだ。それでも以前の5・5キロと比べると少なく、その分休日に歩くようにしている。休日に歩く場所としては最近は街中が多くなったが、出来れば郊外を歩きたい。掲載画像は数年前... 続きを読む

息子との散策ダブルヘッダー

本日、私は息子を伴い散に向かった。息子と散策に行くのは何年ぶりだろう。私の記憶が正しければ、現役時代最後の年となった2016年の秋以来、実に三年ぶりと察している。本日AM10時過ぎに車で向かったのは仙台市青葉区の西友ストアー台原店である。¥300以上の買い物をすれば駐車料金が1時間まで無料となる。先日下見しておいた三本松緑地散策路には10分ほどで到着。登りでの息子の速さには健脚の私でさえ舌を巻く。と... 続きを読む

三本松緑地散策路探検

午後から仙台市北部の三本松緑地散策路に行ってみることにした。正面のなだらかな丘陵地が三本松緑地である。擁壁の傍にバイクを止めて歩くことにした。登り口は簡易な階段が施されていて登り易い。ちなみに数日前に降った雪はこのところの寒さの緩みで殆ど融けてしまっている。案内図が最近新設されたようで大変興味深い。途中は住宅地を通るルートもあり、変化に富んだロケーションが楽しめる。概して言えば「クロスカントリー的... 続きを読む

お洒落用のステッキでウォーキング

 The Big Country - Jerome Moross (1958) https://www.youtube.com/watch?v=aWlhBwPncVQリンク曲について1958年公開の「大いなる西部」の主題歌である。自分がこの曲を初めて聴いたのが中学2年の時であった。或る朝起床したときテレビ局の試験放送から流れていた曲で、そのスケールの大きさに酔いしれた曲だった。後で西部劇の主題歌とわかったのだが、この主題歌がその後の自分を西部劇に引きずり込むきっかけとなった曲... 続きを読む

雪の日の散策

 Mr Mister - Kyrie (Live) https://www.youtube.com/watch?v=GCtLrwmPMzIリンク曲について昨年の9月以来、久々のMr. MisterのKyrie(キリエ)である。今は一年中で一番寒い頃である。そんなColdな日こそ、Mr. MisterのHotに行きたい。この曲は85年に全米1位になった曲である。その頃の自分はまだまだバリバリであった。そんな過去を振り返って、本日は週末の美酒に酔いたい。気持ちだけでも若くありたい。セカンド... 続きを読む

三が日の最後もウォーキングで

6連休もいよいよ本日で終わりとなるが、天気が良かったのでウォーキングに興ずることにした。遠くには雪を頂いた七ツ森がくっきりと浮かび上がっている。住宅地の中の遊歩道は車の通行がなく、歩くには最高のシチュエーションである。道路脇の石碑には藩政時代の旧町名が刻まれている。石切町と覚性院丁である。コンクリート製の橋の欄干は古そうである。左の石材店は老舗だろうか?間もなくショッピングモールに到着。今日から初... 続きを読む

今年も元日の放浪癖でSTART!

 The Who ''You Better You Bet'' (Album Version) from "Face Dances" March 16,1981 https://www.youtube.com/watch?v=h_9Dv7UYz-Qリンク曲について気に入っていながら、題名のわからない曲というのは未練が残るものである。ならば、もう二度と聞けないと思っていた曲に再び出遭うことは奇跡であるとともに、正に歓極まることである。自分はそんな不思議な体験をここ半年ほどの間に二度も経験した。... 続きを読む

大晦日ウォーキング

自分にとって大晦日はけして特別な日ではない。大晦日とて一年365日のうちの1日であることは違いない。そんな私が選んだのは大晦日ウォーキングである。とは言っても風光明媚な郊外ではなく、所謂仙台都心部である。地下鉄北四番丁駅の駐輪場は年末年始の6日間、料金が無料となる。その恩恵に預かりバイクを止めさせてもらった。外記丁(げきちょう:侍町)を通って県庁に向かった。日陰の一部を除いて雪はほとんどない。スニ... 続きを読む

ユアテックスタジアム界隈散策

交響詩「フィンランディア」  作曲 シベリウスhttps://www.youtube.com/watch?v=D8DxmUutTgcリンク曲についてシベリウスのフィンランディアは本ブログ初リンクとなる曲である。実はこの曲を聴いたのは数十年ぶりのことで大変感銘を受けている。特に3分30秒以降のリズムは感動を伴うものであり、自分が死ぬまで心の中に焼きついているものとなることだろう。この曲との再会を人物に例えれば、今生で二度と会えないと思っていた... 続きを読む

仙台光のページェント開幕!

 Wes Montgomery - Here's That Rainy Day - Live London 1965 https://www.youtube.com/watch?v=-iVgONy8kMYリンク曲についてのっぺらぼうな日常を送るよりかは、多少変化のある生活のほうがいい。これは間もなく定年2年を迎える私の偽らざる実感である。人間関係で多少のつっかりはあるものの、今年は概ね平穏な年になりそうである。現役時代には修羅場を何度か経験したが、そう思うと今の職場での苦労など、苦労のうちに... 続きを読む

雪の日のウォーキング

朝、外に出てみると5センチの積雪があった。そんな時に真っ先に考えたのはウォーキングである。以前から私には雪の日にじっとしていられないという変な性癖があった。思い立ったら即行動。今日のウォーキングの起点はJR東照宮駅である。樹木に積もったご覧願いたい。雪のない日に比べると立体感が全く違う。これが自分の好奇心を刺激する気がする。駅から進むべき方向は既に決めていた。市街地を縫うように流れる小川(梅田川)を... 続きを読む

晩翠通りの枯葉

昨日、仙台メディアテーク(青葉区市民図書館)で本を数冊借りた。そのついでに晩翠通りのイチョウの木を見てみた。木によっては殆ど葉を落としたものもあった。ちなみに晩翠通りは有名な詩人土井晩翠にちなんで名づけられた通りである。参考までにこの写真の容量は305KBである。ちなみに今回掲載した写真は全てJTrimの保存オプションで最大値を500KBとしたことをお断りしたい。バスが通ると黄色いイチョウの葉が舞い上... 続きを読む

輪王寺の紅葉

連休最後の本日、青葉区北山の輪王寺の庭園に紅葉見物に行った。落葉樹と常緑樹が織り成す錦には思わず目を奪われる。陽の角度によって様々なバリエーションが愉しめるのも魅力である。輪王寺の場所をGoogle3D立体画像で確認して頂きたい。北山五山と言われる臨済宗の東昌寺・覚範寺・資福寺・ 光明寺・満勝寺の五ヵ寺の並びに建つ曹洞宗の禅寺である。池には錦鯉が放たれている。日差しが池の透明度を上げてくれたのは願っても... 続きを読む

紅葉を愉しみながらウォーキング

 The Blue Angels - Set to Van Halen's Dreams https://www.youtube.com/watch?v=KH7j185hotEリンク曲についてトラブルもなく週の前半をこなし、今週もハーフタイムの水曜日を無事に迎えた。水曜日が休みであることの意義は非常に大きい。月、火と二日行けば休みとなる。水曜日は後半に向けて鋭気を養う日となる。働き方改革が叫ばれる昨今、サラリーマンにとっての仕事とプライベートのバランスは生命線と言ってもいい。私... 続きを読む

仙台すずめ踊り紹介します

仙台すずめ踊り 一番町通流し【2018仙台・青葉まつり 】SUZUME ODORI(sendai,Japan) https://www.youtube.com/watch?v=33O2g04t0ioリンク動画について仙台を代表する七夕は目抜き通りの飾りを見て歩くという静かな祭である。そんな仙台にもこのような躍動感に溢れた踊りがある。それが雀おどりである。仙台と言えば伊達家である。伊達の三つの家紋の一つが竹に雀である。従って雀おどりは伊達家の家紋に関わる踊りと言っていい。... 続きを読む

黄檗宗・大年寺の探訪その2

本日は先日に続き仙台市太白区の大年寺を紹介したい。二百数十段の参道の階段を登りきると平坦な地形となる。中世の頃、大年寺には粟野大膳の居城とされる茂ヶ崎城があった。粟野氏が去ってから二百数十年後、ここに新たな伊達家の菩提寺が創建された。きっかけは仙台藩四代藩主伊達綱村の黄檗宗への帰依である。両足山大年寺は一時は僧三百人を擁した仙台藩有数の大寺院であった。※茂ヶ崎城跡には立札が立っているが、往時の城跡... 続きを読む

黄檗宗・大年寺の探訪その1

先週の木曜日(10月18日)私は仙台市太白区にある或る禅寺を訪ねた。目指す寺は国道(286号)からのアプローチになる。秋空が澄み渡って大変気持ちのいい日であった。正面に見えるのが黄檗宗(おうばくしゅう)大年寺の惣門である。大年寺には伊達家の当主の廟所がある。大年寺の本堂はこじんまりとしているが、これは近代になって再建されたものである。実はこの寺は由緒ある古刹であった。過去形を用いたのは明治維新の後... 続きを読む