fc2ブログ

通算4000番目の記事を更新/まだまだ続けます!

ブログを始めたのが2008年の11月なので、今年の11月で15周年を迎えたことになる。そしてもう一つのけじめとも言うべき、本日は4000番目の記事の更新となった。記念すべき4000番目の記事に何を書くか、いろいろと迷ったが自分の心に正直に書きたいと考えた。趣味のことを書くかたが圧倒的に多い中で、私は都度自分の心に問い、書きたいことを書いている。ブログを始めた頃は精神的不調を克服した後であり、見くび... 続きを読む

ブログ開設15周年を迎えて

間もなくブログ開設15周年となる。ブログの経歴を図式化してみた。始めたころは、唯々何も考えずに更新したり、人様の記事にコメントしていたが、2012年あたりからブログにはモラルがあるのを悟った。それは更新時と訪問コメント時はスタンスを変えなければならないという点である。一部のブロガーは他人のコメント欄において、記事の内容を二の次にして自分のことだけを書きたがる傾向があるが、これだとちゃんと記事を読ん... 続きを読む

拝啓ブロ友様、ブログのコメント欄を閉じるのはネガティブなことだけではない。

仔細は語りたくないが、事情があってブログのコメント欄を閉じることにした。間もなくブログ開設15周年を目前にしてのことである。何か物足らない気分がしないでもないが、ブログのコメント欄は必要なのだろうか?これについて考えてみたい。FC2ブログは、ゲストブック機能(記事と関係のない事をやり取りできるコーナー)がないなど、非常にコミュニケーションを取りづらいブログであることを以前述べたが、FC2ブログのユーザー... 続きを読む

ブログを斬る。迷惑な準スパム行為について

3900番目の記事である。大変残念なことに、最近またしても記事の内容にまったく触れない自己本位なコメント(スパム行為の定義は、承諾を得ていない相手に無差別に大量の情報を送りつけることなので、スパムとは言えないものの、準スパム的なコメントと言い得る)があった。大変遺憾であるが、これが一部のブロガーに有り勝ちな心理(他人の記事のことなどどうでも良い。とにかく自分に注目して欲しい)と解釈している。恣意性... 続きを読む

ブログ雑感/ブログはこのまま衰退の一途をたどるのか?

3878番目の記事である。この二三年の間に、様々な理由でブロ友が去って行った。これは単に健康上の問題でない気がする。個人ブログが衰退した主な理由①SNSやInstagram等の流行でブログ人口が減った②ツイッターに見られるように、インターネット発信の主流が短文となり、長文を掲載できるブログのアドバンテージに魅力を感じなくなった③検索エンジンからの流入が少なくモチベーションが揚がらないetcこれは認めざるを得ない事実... 続きを読む

ブログとSNSの比較 コミュニケーションはあったほうが断然楽しい

データは覆面パンダ様からの引用である。ブログとSNSは兄弟だが、それぞれ特徴がある。一言でいうと短いコメントでのコミュニケーションを重視したのがSNSとなる。これには異論のないものを感じる。短文でコミュニケーションを取ろうとすれば、挨拶などは重視されず、必然的にフランクなものが求められるということになる。こちらは主なブログである。この中ではアメブロが明らかに毛色の違うものを感じる。アメブロを運営している... 続きを読む

ブログ開設14周年を迎えて「交換と交歓の違いは大きい」

ブログにおける私の倫理観 ブログを開設して14年が過ぎた。14年と言えば結構長いが、その間に様々なことがあった。よくブログは社会の縮図と言われるが、ブロガーには多彩なダイバーシティが見られる。その中で特に感じるのは聞き役に徹する事が出来る人は相当少ないということである。それなりに社会的な立場を持ったおかたでも、他人のブログに訪問し、自分の都合ばかり触れ、記事の内容にはまったく触れないかたもおいでで... 続きを読む

対話型ブログでは先ず相互の信頼を築くことが大切

初めに インターネットの性質上、ブログにこんなこと(ブロガー同士のコメントの在り方)を書くのは珍しいのかも知れない。但し、独自性を貫くのが拙ブログの持ち味ゆえ、敢えてそのタブー的な部分に挑みたい。 FC2ブロガーには特有のカラーがある。それは良しも悪しきも個人主義の色合いが強い(ブロガー同士のコメントはさほど重視しない)であるということである。これはアメブロから移ってきたかたには違和感を感じる... 続きを読む

ブログ更新通算3500のけじめを迎えて

本日の7月30日をもって拙ブログの記事が通算で3500記事となった。FC2ブロガーなら既にご存知と察しているが、一つ一つの記事には通し番号がついているので、これを把握するのは容易いことである。自分は3500という数に対して蘊蓄を述べる意図は毛頭ない。単なる区切りのいい数字に過ぎず、一つの通過点と受け止めている。一日一記事が自分のポリシーだが、対話型ブログを自覚する自分としては、一日に複数の記事を更... 続きを読む

ブログに必要なのは倫理観:常識だけでは不十分・良識が必要!

【前書き】FC2ブログは個人主義的な色彩の強いブログである。これは他のブログを経験したことのないブロガーにとってわかり難いことなのかも知れない。但し、これはFC2ブログ運営サイドの意図したもの(敢えてブロガー同士の交流の便宜は図らず、スパムや誹謗中傷対策への備えを重視したもの)であり、ブログの構成上止むを得ないものである。 察するに、その中でも誼を通じたブロ友様とのやり取りは愉しくブロガー冥利... 続きを読む

お陰様でブログ開設13周年

1、この13年間を振り返ってヤフーブログで私がブログを始めたのは今から13年前の11月9日のことだった。今日はその13年間の変遷を振り返ってみたい。震災前の2年半ほどはなにもわからず、書きたいことを書けばいいというくらいのレベルであった。恥ずかしながら、コンプライアンスもモラルもあったものではなかったのである。往時は書いた者勝ち的な軽い考えで、自分の記事やブロ友へのコメントを書いていたのである。こ... 続きを読む

マナーとモラルはブログに欠かせない

私は2016年1月30日に「ブログに於ける三つの山とは?」と題して論文を書いたことがあった。あれから2年10箇月近く過ぎたが、本日はその補足をしたい。下図は本日私が作図した「コンプライアンス、マナー、モラル概念図」である。コンプライアンスとは法規や規則のことである。マナーはコンプライアンスよりも縛りの弱いもので社会的ルール(ほぼ世界共通)と解釈して良い。モラルはその下に位置するものとなる。前回はモ... 続きを読む

ブログのエキスパートに求められるものとは?

ブログのエキスパートに求められるものとは?初めに最初にお断りしておくが、私はまだまだエキスパートに達してないブロガーの一人ゆえ、本記事はその未熟ぶりをお含みの上でお読み頂きたい。但し、自分のブログに於ける理想像だけは持っている。ヘッダーにリンクした「ご挨拶&ミックのブログ総論」にも書いたが、私は自分にブログのエキスパートとしての在り方を問うとともに、人様にも礼節やモラルの大切さを語りかけてきた。こ... 続きを読む

ブログに於ける三つの山とは?

ブログに於ける三つの山とは?過去に於いて私はあまり人様のブログで取り上げないテーマを記事として取り上げてきた。それはブログに求められるモラルである。その目的は「自他に於ける快適なブログライフの実現」である。私はブログに於いて求められるものとして、①コンプライアンス(ルール)の厳守②マナーの厳守③自他のモラルの近似今までに挙げてきた。これについて改めて本日は話を進めて行きたい。この概念をわかりやすく説... 続きを読む
[タグ] 新ブログ総論

ブログ総論

         ブ ロ グ 総 論 私は以前に「ブログという名の社交場」、「ブログという名の救世主」、「ブログという名の自己表現」の三つのエッセイをブログに発表した。きょうはその内容を集大成的に凝縮し、「ブログ総論」としてまとめてみた。集大成であるからにはその主旨を手短に纏めないとダラダラしたものになってしまう。そこで次に箇条書きした三つのテーマについて述べてみたい。 ... 続きを読む