fc2ブログ

多くの力士の背筋を正した毒舌家・玉の海梅吉を偲ぶ

 NHK過去放送/あの人に会いたい・玉の海梅吉 HABA DOJOの動画リンク(NHK番組「あの人に会いたい」)である。玉の海梅吉(最高位は関脇1912~1988)の現役時代は「怪力玉の海」で知られ、右腕一本で相手をひねり倒すような力技が得意であった。NHKの解説者としてもよく知られた存在だが、無類の毒舌家として有名であった。相撲のことを角力とも書くが、立ち合いから変化する力士は全く評価しない。力を出し合っ... 続きを読む

大相撲春場所を振り返る/尊富士の快挙・人となり

昨日、大相撲春場所(大阪場所)が15日間の熱戦を閉じた。まだ記憶に新しいうちに振り返ってみたい。実は4日目の3月13日に横綱照ノ富士のことを書いたが、その後連敗が続き休場してしまった。😖💧場所前から照ノ富士には期待していただけに、何か肩透かしを食らったかのような思いだった。大関陣は霧島が大不調で、終わってみれば5勝10敗と信じられない成績であった。残りの三人は中盤以降まで、何とか優勝戦線に留まったが... 続きを読む

紙相撲中継(笑)ユニークなYouTubeを発見!

【紙相撲】羅皇連勝ストップ(第十八回加古川紙相撲本場所)リンク動画について加古川紙相撲協会とは聞きなれない言葉だが、偶然にもYouTube動画をあさっているうちにヒットした。NHKさながらの実況放送風(解説付き)にはユーモラスなものを感じたのでブログに掲載したい。紙相撲とはかなり”コアな世界”という印象だが凝りようが尋常でない。動画は全部で34本あるようなので、興味のあるかたはYouTubeの検索で「加古川紙相撲協... 続きを読む

横綱照ノ富士:土俵上での憤怒の表情/今後に期待すること

つい先日、元横綱白鵬(宮城野親方)の指導者失格の記事を書いたが、今回は現役の横綱照ノ富士について書きたい。私としては、特に今年の初場所の初日に横綱照ノ富士が宇良を破った相撲が印象に残った。下手をすれば大怪我に繋がるような荒技だが、ぐにゃりと曲がった宇良の腕を見てほとんどの人は折れた?と思ったのではないだろうか?幸いにも宇良は体が柔らかい(NHK解説者・舞の海氏の談)とのことで、事なきを得たようである... 続きを読む

北青鵬を指導できなかった元横綱白鵬は親方の器なのか?

大相撲が、またもや土俵外の不祥事で揺れ動いている。事の発端は元幕内北青鵬(宮城野部屋)の起こした一連の暴力問題(弟弟子への暴力等を理由に相撲協会から引退勧告が出され、本人がこれを受理)である。これに伴い、師匠の元横綱・白鵬は監督不行き届きを咎められ、二階級降格(ただの年寄)となった。宮城野親方は少し前までNHKの大相撲解説を務めた人物でもある。私はこれについて、正直こんな人をメインの解説者(今は時折... 続きを読む

大相撲初場所を振り返る

連日、大相撲ファンを沸かせた初場所は15日間の幕を閉じた。結果的には横綱照ノ富士(32)が優勝を飾ったが、関脇琴ノ若(26)や大関霧島、新入幕の大の里(23)らの活躍が目立ち、見どころの多い場所であった。故障だらけのの照ノ富士を心配する声も多いが、やはり強い横綱の復活が場所を大いに盛り上げた気がする。※千秋楽の本割の霧島戦では145キロもある霧島を軽々と持ち上げ、怪力(相手力士に怪我をさせかねない... 続きを読む

早朝のダイジェスト版で大相撲を観ています。

サードライフに入って、大相撲をよくテレビで観ている。その大きな追い風になっているのがNHKテレビの翌朝(AM4時前に放送開始)の”幕内の全取組”(前日の幕内の取り組みのダイジェスト版)である。かつて民放で大相撲ダイジェストという番組があったが、今はこれを似たような番組をNHKで放送しているのである。異なるのは大相撲ダイジェストがその日の深夜に放送されたのに対してNHKのほうは翌日の早朝に放送していることである... 続きを読む

花形力士出演のCM&土俵以外の顔

Sumo wrestlers in Commercials! 相撲CMリンク動画解説またしてもYouTubeでユニークなチャンネルを見つけた。SarahLikesSumoである。CMには人気力士が多いが、力士の土俵以外の顔を垣間見る思いがする。お堅い相撲協会のことだから、CMの内容には相応の規制がついて回るのだろうと推察している。現役力士では宇良関のふんわりとした面(力士とは不似合いな、ゆるキャラにも通じる雰囲気)は、今すぐ力士を辞め、タレントになっても... 続きを読む

納得できない昨日の大相撲・千秋楽の優勝決定戦

3911番目の記事である。昨日、私はブログを書きながらテレビで大相撲に見入っていた。それは優勝が千秋楽に持ち込まれたからである。14日目を終えた時点で、3敗が平幕の熱海富士(21歳の新鋭)ただ一人で、4敗勢が大関貴景勝、関脇大栄翔、高安(平幕)、北青鵬(平幕)の四人だった。このうち貴景勝と大栄翔は直接対決だったので、どちらかが4敗をキープとなり、熱海富士が本割で朝乃山(平幕)に負ければ、優勝決定戦... 続きを読む

土日は高校野球観戦、相撲観戦etcに明け暮れました

3847番目の更新である。昨日から今日にかけて、スポーツ観戦に明け暮れた感がある。昨日はラグビーW杯に同じリーグ(プールD)となる日本対サモアの試合(リポビタンカップ)があった。リーチ・マイケルが反則でレッドカードとなったこともあり、日本(世界ランキング10位)はサモア(同12位)に22対24で惜敗した。プールDにはイングランド(世界ランキング6位)アルゼンチン(同8位)が入っていて、日本の予選突破... 続きを読む

大器晩成の風格漂う相撲取りは無類の芋焼酎好き

大相撲名古屋場所がある平幕力士(前頭筆頭)の活躍で俄然、盛り上がってきている。力士の名前は錦木(32)である。錦木は2日目(去る7月10日)に先場所優勝の横綱照ノ富士を破り錦木は4年ぶりの金星(平幕が横綱を破ること)を挙げた。それも豪快な力相撲での快勝であった。錦木は照ノ富士に立ち合い、頭からぶつかりもろ差しに成功したが、その後”かんぬき”(両腕を抱え込む大技)に決められそうになった。普通の力士なら... 続きを読む
[タグ] 錦木 照ノ富士 翔猿