fc2ブログ

木枯し紋次郎の再放送:個人主義の彼から何を得たか?

木枯し紋次郎(フジテレビ1972)友達はいらない 中村敦夫 ストーリー解説リンク動画解説YouTubeでまたしても面白い動画チャンネルを見つけた。「テレビドラマ専門チャンネル」である。本日はこの動画を見ながら、時代劇「木枯し紋次郎」の魅力に迫りたい。断っておくが木枯し紋次郎(俳優は中村敦夫)は実在した人物ではなく架空の人物である。最近「時代劇チャンネル」で放送され、懐かしい思いに駆られつつ、シリーズ中の十数作を... 続きを読む

笹沢左保原作・木枯し紋次郎「大江戸の夜を走れ」感想

 だれかが風の中で 木枯し紋次郎 リンク動画について映画やドラマを鑑賞された時のことを思い起こしてほしい。成りきりは誰にでもあり得ることだろう。但し私の場合は少し事情が異なる。それは過去に躁うつ病を発症した際、様々な人物に成りきり、現実との境界を彷徨った経緯があったということである。成りきった人物は武士が多かったが、木枯し紋次郎のような任侠物の主人公もあった。自分が紋次郎に成りきったのは、今から8... 続きを読む

「帰って来た木枯し紋次郎」を読んで

帰って来た木枯し紋次郎笹沢左保原作「帰って来た木枯し紋次郎」あらすじ或る事件に関わり、瀕死となった紋次郎は己の命を救った豪商花菱屋友七の手厚い看護を受けて回復に至る。渡世人ゆえ隠まれての生活だった。堅気との関わりを避けてきた紋次郎も命の恩人である友七には特別な恩義を感じたのである。そうこうしているうちに彼は事件に巻き込まれて行く。利害によって生き方を左右される堅気と義理と人情に生きる渡世人は一部に... 続きを読む