fc2ブログ

年度末にあたって2023年度の就職活動を振り返る

本日は年度末ということで、2023年度の私の就職活動と就業を振り返ってみたい。わかりやすくするために月別の表を作ってみた。セカンドライフで務めた企業(建設会社)は2022年いっぱいで退職したので、5月までは無職であった。毎日が日曜日とも言える日々だったが、どうも社会からの疎外感、虚無感を感じて、居所がなく落ち着かなかった。6月になって就職活動を開始した。私は定年して間もなく大型一種免許を取得したの... 続きを読む

ウイークエンドの私/サードライフにピリオドを打つ

そろそろ70も近づいてきたが、これまでの私のワークライフを大きく分類すると①現役時代(建設企業に所属し品質、コスト、安全などを管理)②セカンドライフ(建設業の安全管理で安全パトロールなどを行う)③サードライフ(企業の送迎)④4thライフ(幼稚園の送迎)となる。実は昨日の3月28日はサードライフの最後の勤務日であった。携わった期間はたったの8箇月だが、今振り返ってみれば貴重な経験であった。8箇月間では幼稚... 続きを読む

所属企業とのちょっとしたトラブル:マネージャーとのやり取り

所属している企業の送迎業務の終了まで、残すところあと二日半となった。この企業(ドライバー派遣業)に所属して8箇月となるが、その人事(支店管轄)を司るコントロールタワーがマネージャー(仮にAさんとする)である。Aさんは人手不足の折、自らもハンドルを握らざるを得ない立場にあるが、人望に優れた人物でアサーション(人を損じないで、自分の意向を伝える術)を良く心得ておいでである。そういう理由もあり、私とは馬が... 続きを読む

昨夜の仙台駅界隈:夜景三態

サードライフで就業している企業送迎も、残すところ今月いっぱいとなった。今日は待ち時間に撮影した仙台駅前の夜景を紹介したい。東北の玄関・仙台駅である。仙台駅は、セカンドライフで建設業の安全管理をした際にも仕事で訪れた思い出のスポットである。こちらは駅前通である。ペデストリアンデッキで仙台駅は中央通方面と繋がっている。中央通(愛称:パピナ名掛丁)である。昨晩は気温3度と結構寒かったが、日も長くなり春の... 続きを読む

ウイークエンドの私/就職内定しました。心境を意中の洋楽に託す。

We're All Alone Boz Scaggs1976Boz Scaggs We're All Alone歌詞和訳 外は雨が降り始めた止みそうにないだからもう泣かないで浜辺では夢が僕たちを海に連れ出すああ、永遠に 永遠に眼を閉じて 愛しい君そうすれば僕と一緒にいられる波をくぐり時の洞窟を抜けて今はずっと忘れられているああ、僕ら二人だけ 僕ら二人だけさ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※【リンク曲について】今週もウイークエンドがやってきた... 続きを読む

横町流:仕事のモチベーションの揚げ方

今の仕事(企業送迎)について、早いもので7カ月経った。仕事柄冬場の運転は嫌なものだが、それなりの自己ゾーンも構築している。今日はそれについて述べたい。このところ、最寄りの図書館に立ち寄ってDVDを観て時間調整をしているが、月曜日は図書館が休みなのでDVDは視聴できない。そんな時に立ち寄るのがマクドナルド(マック)である。読みかけの推理小説を読むわけだが時間の経つのが速く感じられる。既に二十四節気の雨水に... 続きを読む

意中の職業への想い/今の心境は”もどかしさ半分、期待半分”

クルーサポート(株)幼稚園バス運転技能研修リンク動画解説幼稚園バスの研修風景である。幼稚園バスはその園の看板を背負っていることもあり、安全に関しては自動車教習所並み厳しさが要求される。(マナーが悪いという理由で幼稚園にクレームの電話が入ることもある)路上に出れば様々な車両や歩行者に遭遇するが、常に冷静沈着な対応が求められる。忘れてならないのは教育の場ということもあり、礼儀作法や笑顔も求められる職業... 続きを読む

幼稚園バスドライバーを目指して/ハローワークへ

意中の幼稚園の就業がどうも思わしくなく、昨日ハローワークに出向いた。但し所属企業からの雇用は繋がったままである。所属企業のマネージャーには「ハローワークに行くが、幼稚園バスの仕事が決まるまで置いてください」と申し出ている。事前にネットで、或る幼稚園の求人に目星をつけていたので、ハローワークの窓口で迷うことはなかった。(幼稚園バスの求人に関しては、仙台市内だけで複数の案件がある)明らかに売り手市場に... 続きを読む

夜間の運転で眠くならないコツ

企業送迎の仕事をして半年が経つ。ここで何が怖いか?と聞かれたら「夜間に眠気を催すことです」とお答えしたい。なぜ眠くなりやすいのか?下の図をご覧頂きたい。実は12時間サイクルで勤務とインターバルを繰り返すというパターンだからである。(一般に我々の体は24時間サイクルのライフに慣れ切っている)8時間のインターバルには移動時間や食事、入浴などの時間が入ってくるので、まとまった睡眠時間は3時間前後となる。... 続きを読む

今は過渡期:企業送迎と幼稚園送迎の狭間に思うこと

昨年の9月から某企業の送迎をしていたが、徐々に心が幼稚園送迎のほうに変わりつつある。理由は拘束時間の違い(企業送迎は夜勤者も乗せるので夜間の送迎があり、悪天候と重なればリスクが高くなる。これに対して幼稚園の送迎は朝の登園と午後の降園みの勤務で、夕方前には退勤できる)である。先月中頃、幼稚園送迎への職場替えを所属企業に意思表示してから、横乗り研修(ベテランドライバーの横に座って、いろいろと勉強するこ... 続きを読む

好きで選んだ道だから…

今月になって、新たな職場への出勤頻度が高くなってきている。あくまでも応援だが、今日で五日目(昨年から通算だと七日目)となった。街中の通勤時だけに歩行者や自転車がやたらと多く、神経を遣う。或る交差点(右折)では信号が黄色にならないと通過できない場所もある。当然ながら、乗用車の感覚ではとても運転できない。これにはだいぶ慣れてきたが、狭い場所での車庫入れや切り返しでは、まだ車体の大きさを掴み切っていない... 続きを読む
[タグ] マイクロバス FUSO

只今マイクロバス(幼稚園バス)の研修中/求められる要素は?

今日から久しぶりにマイクロバスのハンドルを握っている。実は昨日、人事権を握っている上長(実質的にマネージャー)に逢い、某幼稚園への配置換えを希望し、「それならば研修を」という運びになったのである。コースは以前走った場所(仙台の都心部)だが、既に一箇月半経過していて、うろ覚えである。それでも実際にハンドルを握らないと覚えないので、レギュラー(フルタイム勤務でこのコースを任されているベテランドライバー... 続きを読む

昨日の悪天候(積雪と暴風警報)での送迎ワーク;

昨日の16日は早朝から深夜にかけての送迎業務であったが、それをダイジェストで振り返ってみたい。1、朝の部・早朝は雪の降る中を自家用車(FF)で出勤したが、気温はマイナス5度ということもあり、滑りやすい雪質であった。・仕事場のハイエースは5センチほどの降雪があり、スノーブラシでガラスの部分の雪を払った。フロントガラスは凍り付いていたのでしばらく暖機運転をした。・早朝の道路(往路)は空いていたが風が強か... 続きを読む

今年一年の仕事を振り返る「新天地を求めて」

そろそろ年の瀬も押し迫ってきたが、今日は今年一年を振り返ってみたい。昨年12月にセカンドライフで世話になった職場を退職しフリーとなった。最初のうちは良かったのだが、次第に虚無感(社会と関われなくなる)に襲われ、6月頃から求職活動した。視野に入れたのが送迎という仕事である。せっかく取得した大型免許を活かしながら、好きな運転ができれば…と考えたのである。6月末に面接を受けたが、この時の人事担当責任者(... 続きを読む

ハンドルを握る仕事の普遍/車窓から見る様々な人間模様

よく運転には人間性が現れるというが、この仕事(送迎)の仕事をしていると様々な立場の人々(歩行者・自転車・バイク・車…)の多様性に遭遇する。割り込みや一時停止の無視、信号が赤になったのに無理やり交差点に突っ込んでくる車、あおり運転…と挙げればキリがない。でもいちいちこれに腹を立てていればキリがないのを改めて認識する気がする。これが人間の本質であり、実社会の縮図のような気がしてならない。これはあくまでも... 続きを読む

夜勤前のカフェ/マクドラルドへ

サードライフで送迎の仕事をしている私だが、今回は最近始めたことを掲載したい。それはカフェ(マクドナルド:通称マック)への立ち寄りである。送迎の仕事をしているが、この仕事の肝となるのは如何に待ち時間を有効に使うか?である。但し、カフェ立ち寄りは夜勤前なので時間調整と言ったほうが実情に近いのかも知れない。マックと言えばセットも悪くないが、食事は家でとってきたのでコーヒーのみをオーダーした。スーパーのイ... 続きを読む

ウイークエンドの私/幼稚園の送迎という仕事

Queen - Radio Ga Ga (Live Aid 1985)【コラム】今日は花の金曜日である。現役時代の私なら、ようし週末だから少し羽目でも外すかとなるのだが、サードライフに入った今は、外す羽目の具合を抑えなければならない。それでもライフにメリハリをつけるには、外さなければならない。こういう気持ちになったのは、この年になっても働いているからである。今宵はQueenのフレディ・マーキュリー「Radio Ga Ga Live」の天才的な歌唱に酔い... 続きを読む

明日、憧れのFUSOマイクロバスを運転します

サードライフに入って送迎の仕事をしているが、時にピンチヒッターでワンポイントで応援を頼まれることがある。今回は久しぶりに或る幼稚園のマイクロバスの運転を頼まれた。今日は助手席に座るだけの研修のみで明日が本番である。街中で狭い道が多い場所だが、それだけにやり甲斐を感じる仕事である。もちろん車は選べないが、今回は意中のマイクロバスFUSOローザ29人乗り(要中型限定解除免許以上)である。仕事で好きな車を運... 続きを読む

送迎と言う仕事

サードライフで今年の8月から今の仕事(送迎)に就いている。そろそろ4カ月になるが、改めてこの仕事について俯瞰してみたい。今の仕事の特徴は、乗客や顧客(送迎依頼者)とあまり関わらなくてもいいという点である。しいて言えば、乗客に挨拶(おはようございますorお疲れさまです)と挨拶するくらいである。このあたりは他の職業とは大きく異なる点である。また公営バスの運転手ほど服装は厳しくない。ごく地味な格好(ジャン... 続きを読む

三日間の連続勤務(インターバルあり)に入った。

今日から三日間の勤務に入った。シフト(スケジュール)は下記の通りである。通常ならば、二日間の連勤を経て四日間の休みとなるが、今回は変則的な三日連続勤務である。横町コメント3944番目の記事です。賃金が日給制(時給✖8h)なので月末のかき入れ時となります(笑)二日目、三日目の夜勤で眠気を催さないように、しっかりと仮眠をとりながら、ブラックコーヒーなどのカフェイン飲料を摂取しながら頑張りたいと思います。\... 続きを読む

この仕事で何よりの追い風は晴天である。

本日から二日間の勤務に入った。日が昇るのがだいぶ遅くなってきたが、仙台駅前に着くころには朝日が差してきた。先日も述べたが、この仕事にとっての一番の薬はお客様の笑顔とお礼(ありがとうございますetc)である。この仕事(某企業の送迎)に就いて一カ月半が過ぎた。要領も身に着き、当初感じたようなプレッシャー(他人様の命を預かることへの重圧)も少なくなった。但し油断しているという意味ではない。気を引き締めるべき... 続きを読む
[タグ] 送迎 車線変更 天職

雨上がりの今日から連勤に入った!

昨日まで四日連続で休んだ後、今日から二日間の勤務に入った。ラッキーだったのは雨☔が上がったことである。雨上がりの青葉通。ウイークデーだが、早朝とあって往来の人や車は少ない。この後、日も差して西のほうには虹🌈も掛かった。こちらは東二番丁(県道22号)である。インターバルの間の朝の散策はその日の気分次第で行く先を決めている。駅寄りの南町通に直交する横丁は仙台銀座と呼ばれる。庶民的な店が並ぶセクションであ... 続きを読む

YouTube動画/60代の約5割が老後も働く…老後の働き方…

年金受給者が老後も働き続けるとどうなるのか?【メシのタネ】リンク動画解説久しぶりにYouTube動画「メシのタネ」のリンクである。物価高の折、現在65歳~69歳までの半分近くが就業していると言うが、私もその一人である。動画に出てくる主人公の長井ムネオは65歳を迎えたばかり。年金(ごく平均的な14万4千円)を受給しながらフルタイムで働いているという。長井が年金をもらいながら働く気になったのは、家でだらだら... 続きを読む

サードライフという名のフィクション/送迎車の車窓から

サードライフで送迎と言う仕事に就いて二箇月が経つ。自分なりのルーティーンも出来上がり、すっかり仕事に慣れたが、今日は自分なりに見えてきたものを述べてみたい。断っておくが送迎と言っても、介護送迎とは全く異なる。乗客は幼稚園児や、小中学校の児童や生徒、企業の社員etcと様々な職場があり、一概には言えないものがある。今の職場のシチュエーションを一言で言えば、黙々と働くことが可能であり、外部(顧客・所属会社... 続きを読む

私にとってのDreams:サードライフ編

Van Halen - Dreams (Blue Angels)リンク動画解説Van HalenのDreams (Blue Angelsバージョン)はこれまで何度もリンクした曲である。その理由はいくつになってもDreamsを持ち続けたいという気持ちからである。DreamsはVan Halenのヒット曲だが、YouTube上には、これに様々な映像を組み合わせたものが存在する。或る意味で異色の存在だが、この曲ほど夢を抱かせる曲はない。Blue Angelsによる飛行はショー的な要素(曲芸)を強く感じ... 続きを読む

私の今の職業”送迎ドライバー”について説明します

送迎ドライバーってどんなお仕事なの?リンク動画解説私は先月から送迎ドライバーの仕事をしているが、ピンと来ない人も多いことだろう。そんな中で、YouTubeで送迎ドライバーの仕事がどんなものなのかを紹介する動画を見つけた。ちなみにYouTubeに掲載している送迎の仕事のほとんどが介護施設のものである。今回リンクした動画は、某グループの求人募集(送迎ドライバー)に伴うYouTube動画である。動画では「手が空いた際に、寮... 続きを読む
[タグ] 送迎ドライバー

JSバッハ「主よ、人の望みの喜びよ」/サードライフは希望である

JS BACH - JESU, JOY OF MAN'S DESIRING BWV 147 - ORGAN OF ST. PANKRATIUS-KIRCHE, GÜTERSLOH, GERMANYリンク曲について久しぶりにジョナサン・スコットのチャーチオルガン演奏である。JS・バッハによる「主よ、人の望みの喜びよ」はスコットの曲では初リンクとなる。60代後半で再び職に就きサードライフを迎えたが、気持ちをリセットしたいという心境をこの曲に託したかったのである。いろいろと波乱の多い現役時代だったが... 続きを読む

新たなルーティーンのポイント・夜勤とどう向かい合うか?

私はサードライフ(セカンドライフをもじった造語)で送迎ドライバーという仕事に就いた。近い職業として介護施設の送迎ドライバーがあるが、接点はあるものの異なる仕事という印象である。それは①乗客の乗り降りに補助を必要としない。②運行には分単位の時間管理が適用される。③待ち時間を自由に使うことが可能。という点が挙げられる。逆に言えば、③の持て余し気味となる待ち時間をどう有効に使うか?(自己ゾーンをどう構築する... 続きを読む

サードライフで新たに構築されつつあるルーティン

ようやく研修が終わり、一人での運転に入った。今日からすべてが自分の采配の下に託された。現役時代、職場のメンタルチェック(ストレスチェックシート)を受けさせられたが、その中に「あなたは仕事のやりかたを自分で決められるか?」という質問があった。それに照らし合わせれば、今の職種は言うことなしという感じである。🆗これだけでモチベーションが大きく高揚するのを実感する。送迎の仕事は待ち時間が多いので、その時間... 続きを読む

完全リタイア後の就職/送迎の仕事もいいかも?

3889番目🎰の投稿である。完全リタイア後に就業した送迎🚌の仕事だが、いよいよ昨日から待望のハンドルを握っている。今回の乗り物はけして大きくない。ロングバンと言われるカテゴリーの車である。マイクロバス(要中型限定解除免許)とは異なり、乗用車と同じサイズである。運転はしやすいが、大型車が好きな私には物足りない感は否めない。でもそんな贅沢など言っていられない。とにかく60代後半になった自分を雇ってくれる... 続きを読む

新たな職場:長いインターバルの使い方

本記事で3887番目の投稿である。今回の職場では朝勤と夜勤の間に長いインターバル(8時間)がある。その時間をどう使うか?いろいろと考えてみた。職場の近くには図書館やショッピングセンターがあるが、8時間は長過ぎるので一度家に戻ることにした。夜は遅く、翌朝は早いので、帰ったら寝酒を飲んで寝るしかないようだ。但し、明後日までの三連荘(れんちゃん)の研修をこなせば、次の日は休みである。あと二日頑張るしかな... 続きを読む

明日から新たな配属先で研修が始まる。

3886番目の記事である。明日から新しい配属先での研修が始まる。内容は某大手企業の派遣社員(ライン作業)の送迎である。一日4往復で仙台市では交通量の激しい都心部を走るだけに慎重な運転が求められる。中型バスとは異なり、車はさほど大きくないが神経を使う仕事である。朝勤と夜勤があり、インターバルが長いのが特徴である。明日は助手席に乗るのみだが、早くコツのようなものを修得したいと思っている。先ずは職に就け... 続きを読む
[タグ] 送迎

新たな職場での人脈、或る好人物との邂逅

 The Rolling Stones Slave リンク曲The Rolling Stones Slaveやるんだ やるんだ やるんだ さあ やるんだ 俺はお前の奴隷になんかなりたくないんだ!俺はお前の奴隷になんかなりたくないんだ! お前の奴隷になんかまっぴらご免だぜ!  ああ、1日は24時間だぜ スーパーに行って食うものを買ってくるんだ! 棚からめぼしいものをかっ〇らってくるんだ! 酒屋の前を通って12時15分前には戻ってくるん... 続きを読む

ウイークエンドの私/定年後三度目の就職

 U2 With Or Without You Live U2:With Or Without You歌詞君の目に映る石つぶて君を取り巻く茨それでも俺は君を待ちわびる小手先のごまかしと運命のいたずらが俺を厳しい境遇に陥れるそれでも俺は動じない例え君がいなくても俺は待ち続けるんだリンク曲について今宵はU2の味わい深い曲を聞きながら、週末の酒を嗜み人生の黄昏にいる自分と対話している。併せる酒は焼酎のオンザロックである。私は以前、何度か哲学者・... 続きを読む