fc2ブログ

松本清張が執筆前に徹底して行ったこととは?

【松本清張③】松本清張と櫻井秀勲の深い関係とは?リンク動画解説YouTube「櫻井秀勲の書斎」からのリンクである。櫻井秀勲は作家としては松本清張の後輩格だが、光文社に入社した駆け出し時代に清張に可愛がられた。櫻井氏は若手ながら、清張の才能を見出して仕事をどんどん発注している。二人は仕事を依頼する側の編集者と作家という関係のみでなく、プライベートでも親しく交際している。今回紹介する動画をご覧頂ければ、その片... 続きを読む

松本清張が22歳年下の櫻井秀勲から盗もうとしたこととは?

【松本清張②】櫻井秀勲しか知らない松本清張とは!?リンク動画解説「櫻井秀勲の書斎」からのリンクである。最近、松本清張の短編を複数読んだ。正直に言えば当たり🎯と外れ🆖がある。具体的に言えば堅い内容(主に1950年代半ばまでの作品)のものと、そうでないもの(三欲など、人間の煩悩を著しく刺激する作品)があるということである。同じ作家であるにも関わらず、硬軟織り交ぜたような作風(50年代後半あたりから作風が... 続きを読む

松本清張『鴉』のあらすじと読後感想

松本清張『鴉』あらすじ浜島庄作は風采が上がらない男(小説の中では松本清張の外見とそっくりに描かれている)だが、仕事でもうだつの上がらない中年サラリーマンだった。中堅家電メーカー「火星電器株式会社」に勤めていたが、38歳になっても平社員(既婚)のままであった。販売部の所属だが、複数の後輩から出世で先を越され、会社では肩身が狭く仕方なく漫然と毎日を過ごしていた。そんな時にどういう風の吹き回しか、浜島は... 続きを読む

松本清張の生い立ちと文章の特徴を櫻井秀勲が氏が語る

【松本清張】推理小説作家の意外な原点とは!?櫻井秀勲の書斎リンク動画解説最近、私は仕事の合間(送迎の待ち時間のインターバル)の時間に松本清張の作品(今のところはすべて短編)を読むようになった。これについて作家の櫻井秀勲氏(92)が興味深いことを語っている。櫻井氏は大学卒業後の駆け出し時代(光文社の記者)に、複数の著名作家に可愛がられたというが、そのうちの一人が松本清張であり、その後の自己の文章に多... 続きを読む