FC2ブログ

太平洋戦争前夜、日本を揺るがした演説

本日参考にさせて頂いた資料はNHKの歴史番組「その時歴史が動いた 我が言は万人の声~太平洋戦争前夜、日本を揺るがした国会演説~」である。 司馬遼太郎は、「統帥権は日本を別国に変えてしまった魔法の杖である。」と述べ、昭和初期の十数年間を日本史にとって極めて異常な時代だったとしている。統帥権を平たく言えば、「軍部が幅を利かせて国民の主権を奪う」ことである。本日はこの統帥権と真っ向から戦った一人の政治家... 続きを読む

元寇が世界史にもたらしたものとは?

本日は文永11年(1274年)と弘安4年(1281年)に起きた元寇(蒙古襲来)について、記事を進めて行きたい。本日参考にした資料はNHKの歴史番組の「その時歴史が動いた 北条時宗、起死回生の決断~モンゴル軍壊滅の時~」である。ユーラシア大陸の草原地帯に出現したモンゴルは農耕民族とは異なり牧畜を主とした遊牧民族であった。人によって赤子の時に蒙古斑というものがあるが、黄色人種と言われる我々日本人も、彼... 続きを読む

吉田松陰が遊歩した東北2

吉田松陰が遊歩した東北2・江戸では桶町の河岸の鳥山信三郎宅に身を寄せた。・嘉永5年4月18日:松蔭、足軽二人に護送され江戸を去る。・同年5月12日:萩に到着。室に幽閉さえ藩の沙汰を待つ。・同年12月8日:士籍を剥奪され、家禄没収の沙汰が下る。但し松蔭は父百合之助の育み(預かり)となり、長州藩に仕える身は留保された。同時に長州藩主・毛利慶親から百合之助を通して、松蔭の十年間に渡る諸国遊学の許可を申し... 続きを読む

幕末の志士・清河八郎と近藤勇

 新選組誕生 幕末に青春を掛けた二人の志士NHKの歴史番組「その時歴史が動いた」を私は高く評価している。それはたった45分の視聴で、自分の知りたい分野について粗筋を知ることが出来るからである。本日新撰組を取り上げた理由だが、それは赤穂浪士や真田雪村などと並んで、我が国で人気の高い志士だからである。大義に生き、潔く散る。これは現代人の我々にも、強く心に訴えるものがある。また彼らの多くは農民出身である。幕... 続きを読む

日本を愛したアインシュタインの葛藤

そのとき歴史が動いた「日本を愛したアインシュタイン・その悲劇」https://www.youtube.com/watch?v=nQuXDrAu76Y※3月14日にヤフー以外のサイトから、記事と全く関係のないコメント(スパム行為に準ずる一方的なコメント)が入ったゆえ、一部の読者様には不快感を与えたことをお詫び申し上げます。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※本日はノーベル物理学賞を受賞した天才科学者アインシュタイン(1879~1955)について、過... 続きを読む

小村寿太郎によるポーツマス条約締結

その時歴史が動いた 「逆転の極秘電報154号 知られざるポーツマス講和会議の真相」https://www.youtube.com/watch?v=y-1KiroRrWAポーツマス講和会議に出席する日本全権団が横浜港からアメリカのポーツマスという軍港に向かったのは今から112年前の1905年7月8日(明治38年)のことだった。日本がポーツマスに派遣した全権団の面々。中央の前席が小村寿太郎(1855~1911)である。これは日露戦争を勝利した... 続きを読む

逆境にめげず強かに生き残った相馬の恩人とは?

 二宮尊徳に見る究極のサバイバル手法去る5月17日、私は相馬中村にお住まいのAさんご夫婦を訪ねるかたわら、或るスポットを訪ねた。そのスポットは相馬藩の本城が置かれた中村城から徒歩5分に存在する。江戸時代後期の相馬を救った人と言えばこの人である。彼は百姓の家に生まれながら希なる才覚を発揮し、士分に取り立てられた逸材中の逸材と言える人物である。二宮尊徳(二宮金治郎:農政家、1787~1856)※以下Wiki... 続きを読む

榎本武揚に学ぶ負けても生き残る術

榎本武揚に見る負けても生き残るテクニック一昨日NHK Eテレ「知恵泉」でこのような番組が放映された。「だから、生きる」榎本武揚 敗北からの復活劇である。私は中世史が好きで様々な戦国武将から現代社会で生き残る術を模索してきた。例えば伊達家の家臣となった大内定綱などは数度に渡る寝返りを行ったにも関わらず、伊達政宗に抱えられ、晩年は伊達藩の参謀として君臨した武将である。(書庫の「伊達政宗の研究」の「大内定綱... 続きを読む

物理学者湯川秀樹が残した哲学

 ノーベル物理学者湯川秀樹 最近私が注目しているNHKDVDがある。それは「あの人に会いたいである。」この番組は既に故人となった著名人の生前インタビューなどを流し、その実像や後世に残したものにスポットを当てるユニークなものである。今回印象に残ったのは日本人として初めてノーベル賞を受賞した湯川秀樹博士である。以下Wikipediaより抜粋湯川秀樹1907~1981理論物理学者、理学博士、京都市出身。原子核内部において、陽... 続きを読む

祝、ビーグル号出港180周年

  並み外れた好奇心が偉大なる冒険と理論を生む                  チャールズ・ロバート・ダーウィン(1809~1882)  きょう12月27日はダーウィンが進化論を生み出すきっかけになったビーグル号世界周航出航180周年に当たる日である。(以下、青春出版社「歴史を変えた大航海の世界地図」を参考に編集)  けして大きな船で... 続きを読む

人類初の太平洋無着陸横断飛行

79年前にプロペラ機で初めて太平洋を無着陸で渡った男たちその思いは幾度の失敗の後に成し遂げられた偉業でした。また初めて挑むということは男たちにとって非常に価値のあることでした。ここは青森県三沢市にあるミス・ビ―ドル号記念広場です。赤を基調とした配色に男たちの情熱を感じます。(この機体はレプリカです。)79年前(昭和6年)はまだプロペラ機の時代だったのですね。アメリカ人パイロットのハーン・ドーン(2... 続きを読む