FC2ブログ

仙台の街中で涼んできました。

本日の仙台の最高気温は31度、昼近くになって台風接近のため、風やや強くなってきた。私は束の間の涼を求めて街に出てみた。ここは定禅寺通と一番町の交差点である。適度な風がある為、欅並木の緑陰に入ると凌ぎやすい。私は汗かきでいつもならタオルが手放さないのだが、本日は無用なほど涼しかった。盆中ということもあって車の通りも少なかった。街ゆく人も涼しそうである。一番町に入るとビル風の効果(一番町が風の通り道に... 続きを読む

仙台のうどう沼の今昔

十連休も今日で半分以上が過ぎ、残り四日となった。これまで殆ど日照のない毎日だが、一日中雨の日もない。本日は中途半端だったが、仙台育英VS鳴門高校、鶴岡東VS習志野高校の高校野球をテレビで観た後、合羽を着用してバイクでポタリングに行った。向かった先は仙台市北西部のうどう沼である。うどう沼は何度かブログに登場しているが、うどう沼は七北田川の支流である梅田川の源流地点でもある。合羽を着ても水辺ゆえ、蒸し... 続きを読む

タンクトップでの暑中ウォーキングは快適

本日の仙台は最高気温が35度まで上昇し昨日に引き続き猛暑日となった。普通ならウォーキングなど思いも尽かないのだろうが、そこは横町流。思い切って炎天下の町に出ることにした。町場(中心街)をウォーキングに選んだ理由はビルによる日陰が多いからである。それと本日工夫したことは男性用タンクトップの着用である。私は今まで生まれてこの方、袖のない夏服で外出したことは一度もないが、本日は敢てそれにチャレンジしてみ... 続きを読む

本日の暑中ウォーキング

本日の仙台は最高気温が31度まで上がった。日中は青空こそ臨んだが、台風崩れの熱帯低気圧の影響で湿度が高かった。そんな時に思い立ったのは暑中ウォーキングである(笑)先ずは仙台メディアテークから路地を北に向かう。位置的には法務局の裏側に当たる部分である。体が暑さモードに慣れきっていないが、大敵はなんと言っても熱中症である。公園の水道でペットボトルの水を補い、小まめに水分を補給しながら歩いた。ベンチに座... 続きを読む

雨中ウォーキング決行しました

一昨日の7月14日(土)雨中ウォーキングを決行した。自分は無類のへそ曲がりであり、天候にモチベーションを左右されるのを嫌う性分である。一昨日は「雨がなんだ、雨の中でも市街地ウォーキングをとことん愉しんでやるぞ!」という気持ちで家を出た。とは言え雨の中を数キロも歩くには雨具の完全装備は不可欠、完全防水のゴム長靴とヤッケズボン(通気性があるので蒸れない)で下半身を固め、上半身は長袖のシャツ(放熱の為、... 続きを読む

仙台中心街の路地裏

振り替えで帰宅時間が少し早かったので仙台市中心街の路地裏をさまよってみた。裏通りには様々な飲食店が店を構えている。突き当たりが目抜き通りの一番町通りである。Google航空写真で上の写真を撮影した路地をご覧頂きたい。路地側からタワービルを見上げた。ビルのガラスには青空が反射してなかなか快適な空間である。定禅寺通りでは造園業者による街路樹の枝払いが行われていた。仙台は杜の都と言われるが、こうした維持管理費... 続きを読む
[タグ] タワービル

国見ヶ丘地区のウォーキング

私は水曜日を「週のハーフタイム」と呼んでいる。現役の頃とは異なり、月、火と二日出て水曜日に一日休む。これに土日を加え、週休三日となっているが、このバランスが丁度いい按配で絶妙なバランスなのである。仮に、水曜にどうしても出勤しなければならない事情が生じた際は、出勤し木曜に振り替え休日を取ることもあるが、この場合はハーフタイムとは呼べない。水曜の休みが週の中間に位置するからハーフタイムなのである。私が... 続きを読む

水の森地区のポタリング

Journey - Don't Stop Believin' (from Live in Houston 1981: The Escape Tour) リンク曲について馬が合うという言葉があるが、自分にとっては70年代~80年代の洋楽(ポップス)がこれに当たる。あとは酒があればいい。例え空想の中でも再び青春時代が甦る。本日はその感動を胸に抱きながら、休日の夕暮れ時を愉しんでいる。今と言う刹那は二度と戻らないが、全盛時代のスティーヴ・ペリー(ボーカル)を見ていると、若... 続きを読む

仙台青葉まつり開幕・雀踊りが最高

 本日、仙台青葉まつりが開幕した。私が中央通(クリスロード)を訪ねたのは11時過ぎであった。どんな祭もそうだが、雀踊りは特に笑顔が求められる。見物人の視線を一手に集めるコツがこの笑顔である。(クリスロード洋服の青山前で撮影)普段は全天候型のアーケードを備えるクリスロードだが、特別な日にはこのように開放し、青空を望める趣向が施されている。政宗公の命日(5月24日)が近づいたが、本日の五月晴れは正に祭... 続きを読む

今年も仙台青葉まつりが近づいた!

今年の仙台青葉まつりもいよいよ週末に迫った。本日はその模様を含めてお気に入りのカフェからのビューをお伝えしたい。紹介する場所は仙台の目抜き通りである一番町の広瀬通~中央通(クリスロード)である。司馬遼太郎は1980年代に、街道をゆく「仙台・石巻」を書く際、取材で中央通~東一番町へと立ち寄っているが、その時のことを「例え500メートルでも、東北に若者が最新に流行の服装を着飾って歩く目抜き通りが存在す... 続きを読む

ブランチ仙台と古内モール行ってきました

本日は八十八夜(立春から87日後)である。思い起こせば暦の上での春を迎えてから三箇月近くが経ったが、もうそんなに経つのか?と思うのが偽らざる実感である。とことで八十八夜は春から夏に移り変わる節目の日で縁起のいい日とされている。縁起がいいと言えば昨日は天皇即位の日であった。明日から祝日のオンパレードだが、世の景気もそれに便乗してもらいたいものである。本日の仙台はやや風が強いものの、好天に恵まれた。八... 続きを読む

仙台若林界隈のウォーキング

去る4月28日、仙台市東部の若林地区のウォーキングに出かけた。目的は健康作りである。私は酒を嗜むが週二日の禁酒(二日飲んで一日休む)と一日4キロ以上のウォーキングを心掛けている。お陰で今のところ、特に悪いところもなく健康である。この日の歩き始めの場所は若林区図書館である。駐輪場にバイクを止め4~5キロを目安として東の仙台バイパス方面に向かって歩き始めた。八十八夜も近づくと空の色が一層青くなる。気温... 続きを読む
[タグ] 六郷堀

ウォーキングで立ち直った私

今から数年前、煮え切らない毎日を送っていた頃、ほぼ毎日行っていたことがあった。それはウォーキングである。ウォーキングは何も特別なことでない。今は自分の生活の一部にさえなっている。毎日の通勤に約4キロ弱のウォーキングを取り入れているからだ。それでも以前の5・5キロと比べると少なく、その分休日に歩くようにしている。休日に歩く場所としては最近は街中が多くなったが、出来れば郊外を歩きたい。掲載画像は数年前... 続きを読む

息子との散策ダブルヘッダー

本日、私は息子を伴い散に向かった。息子と散策に行くのは何年ぶりだろう。私の記憶が正しければ、現役時代最後の年となった2016年の秋以来、実に三年ぶりと察している。本日AM10時過ぎに車で向かったのは仙台市青葉区の西友ストアー台原店である。¥300以上の買い物をすれば駐車料金が1時間まで無料となる。先日下見しておいた三本松緑地散策路には10分ほどで到着。登りでの息子の速さには健脚の私でさえ舌を巻く。と... 続きを読む

三本松緑地散策路探検

午後から仙台市北部の三本松緑地散策路に行ってみることにした。正面のなだらかな丘陵地が三本松緑地である。擁壁の傍にバイクを止めて歩くことにした。登り口は簡易な階段が施されていて登り易い。ちなみに数日前に降った雪はこのところの寒さの緩みで殆ど融けてしまっている。案内図が最近新設されたようで大変興味深い。途中は住宅地を通るルートもあり、変化に富んだロケーションが楽しめる。概して言えば「クロスカントリー的... 続きを読む

お洒落用のステッキでウォーキング

 The Big Country - Jerome Moross (1958) https://www.youtube.com/watch?v=aWlhBwPncVQリンク曲について1958年公開の「大いなる西部」の主題歌である。自分がこの曲を初めて聴いたのが中学2年の時であった。或る朝起床したときテレビ局の試験放送から流れていた曲で、そのスケールの大きさに酔いしれた曲だった。後で西部劇の主題歌とわかったのだが、この主題歌がその後の自分を西部劇に引きずり込むきっかけとなった曲... 続きを読む

雪の日の散策

 Mr Mister - Kyrie (Live) https://www.youtube.com/watch?v=GCtLrwmPMzIリンク曲について昨年の9月以来、久々のMr. MisterのKyrie(キリエ)である。今は一年中で一番寒い頃である。そんなColdな日こそ、Mr. MisterのHotに行きたい。この曲は85年に全米1位になった曲である。その頃の自分はまだまだバリバリであった。そんな過去を振り返って、本日は週末の美酒に酔いたい。気持ちだけでも若くありたい。セカンド... 続きを読む

三が日の最後もウォーキングで

6連休もいよいよ本日で終わりとなるが、天気が良かったのでウォーキングに興ずることにした。遠くには雪を頂いた七ツ森がくっきりと浮かび上がっている。住宅地の中の遊歩道は車の通行がなく、歩くには最高のシチュエーションである。道路脇の石碑には藩政時代の旧町名が刻まれている。石切町と覚性院丁である。コンクリート製の橋の欄干は古そうである。左の石材店は老舗だろうか?間もなくショッピングモールに到着。今日から初... 続きを読む

今年も元日の放浪癖でSTART!

 The Who ''You Better You Bet'' (Album Version) from "Face Dances" March 16,1981 https://www.youtube.com/watch?v=h_9Dv7UYz-Qリンク曲について気に入っていながら、題名のわからない曲というのは未練が残るものである。ならば、もう二度と聞けないと思っていた曲に再び出遭うことは奇跡であるとともに、正に歓極まることである。自分はそんな不思議な体験をここ半年ほどの間に二度も経験した。... 続きを読む

大晦日ウォーキング

自分にとって大晦日はけして特別な日ではない。大晦日とて一年365日のうちの1日であることは違いない。そんな私が選んだのは大晦日ウォーキングである。とは言っても風光明媚な郊外ではなく、所謂仙台都心部である。地下鉄北四番丁駅の駐輪場は年末年始の6日間、料金が無料となる。その恩恵に預かりバイクを止めさせてもらった。外記丁(げきちょう:侍町)を通って県庁に向かった。日陰の一部を除いて雪はほとんどない。スニ... 続きを読む

ユアテックスタジアム界隈散策

交響詩「フィンランディア」  作曲 シベリウスhttps://www.youtube.com/watch?v=D8DxmUutTgcリンク曲についてシベリウスのフィンランディアは本ブログ初リンクとなる曲である。実はこの曲を聴いたのは数十年ぶりのことで大変感銘を受けている。特に3分30秒以降のリズムは感動を伴うものであり、自分が死ぬまで心の中に焼きついているものとなることだろう。この曲との再会を人物に例えれば、今生で二度と会えないと思っていた... 続きを読む

仙台光のページェント開幕!

 Wes Montgomery - Here's That Rainy Day - Live London 1965 https://www.youtube.com/watch?v=-iVgONy8kMYリンク曲についてのっぺらぼうな日常を送るよりかは、多少変化のある生活のほうがいい。これは間もなく定年2年を迎える私の偽らざる実感である。人間関係で多少のつっかりはあるものの、今年は概ね平穏な年になりそうである。現役時代には修羅場を何度か経験したが、そう思うと今の職場での苦労など、苦労のうちに... 続きを読む

雪の日のウォーキング

朝、外に出てみると5センチの積雪があった。そんな時に真っ先に考えたのはウォーキングである。以前から私には雪の日にじっとしていられないという変な性癖があった。思い立ったら即行動。今日のウォーキングの起点はJR東照宮駅である。樹木に積もったご覧願いたい。雪のない日に比べると立体感が全く違う。これが自分の好奇心を刺激する気がする。駅から進むべき方向は既に決めていた。市街地を縫うように流れる小川(梅田川)を... 続きを読む

晩翠通りの枯葉

昨日、仙台メディアテーク(青葉区市民図書館)で本を数冊借りた。そのついでに晩翠通りのイチョウの木を見てみた。木によっては殆ど葉を落としたものもあった。ちなみに晩翠通りは有名な詩人土井晩翠にちなんで名づけられた通りである。参考までにこの写真の容量は305KBである。ちなみに今回掲載した写真は全てJTrimの保存オプションで最大値を500KBとしたことをお断りしたい。バスが通ると黄色いイチョウの葉が舞い上... 続きを読む

輪王寺の紅葉

連休最後の本日、青葉区北山の輪王寺の庭園に紅葉見物に行った。落葉樹と常緑樹が織り成す錦には思わず目を奪われる。陽の角度によって様々なバリエーションが愉しめるのも魅力である。輪王寺の場所をGoogle3D立体画像で確認して頂きたい。北山五山と言われる臨済宗の東昌寺・覚範寺・資福寺・ 光明寺・満勝寺の五ヵ寺の並びに建つ曹洞宗の禅寺である。池には錦鯉が放たれている。日差しが池の透明度を上げてくれたのは願っても... 続きを読む

紅葉を愉しみながらウォーキング

 The Blue Angels - Set to Van Halen's Dreams https://www.youtube.com/watch?v=KH7j185hotEリンク曲についてトラブルもなく週の前半をこなし、今週もハーフタイムの水曜日を無事に迎えた。水曜日が休みであることの意義は非常に大きい。月、火と二日行けば休みとなる。水曜日は後半に向けて鋭気を養う日となる。働き方改革が叫ばれる昨今、サラリーマンにとっての仕事とプライベートのバランスは生命線と言ってもいい。私... 続きを読む

仙台すずめ踊り紹介します

仙台すずめ踊り 一番町通流し【2018仙台・青葉まつり 】SUZUME ODORI(sendai,Japan) https://www.youtube.com/watch?v=33O2g04t0ioリンク動画について仙台を代表する七夕は目抜き通りの飾りを見て歩くという静かな祭である。そんな仙台にもこのような躍動感に溢れた踊りがある。それが雀おどりである。仙台と言えば伊達家である。伊達の三つの家紋の一つが竹に雀である。従って雀おどりは伊達家の家紋に関わる踊りと言っていい。... 続きを読む

与平衛沼の探検

 Starship - We Built This City https://www.youtube.com/watch?v=K1b8AhIsSYQリンク曲について本日は久しぶりに音楽をリンクした。80年代のホップスをいろいろと聴き、お気に入りの曲を選び、その中からリンク無効になり難いものを選ぶ。これに気付いてからリンク無効にされることは少なくなった。音楽と酒がブログに相乗効果をもたらす。これに気付いたとき、ブログに無限の奥深さを感じる。さあ、今宵も軽快なこのメロディ... 続きを読む

壮観!地方新聞十数紙の一斉展示

本日は仙台市の中心地の一番町で開催されているNEWSPAPER CAMPUS 2018 in Sendaiからの抜粋を紹介したい。イベントの趣旨は「さまざまな参加型プログラムを通して新聞の面白さを知り、知識を得ることができる親子向けのイベント」である。企画として、新聞の見出しや記事を組み合わせて紙面を作る「新聞パズル」や、テーマに合わせて自分だけのスクラップが作れる「新聞スクラップ体験」コーナーのほか、実際に取材した体験をもと... 続きを読む

三連休の初日のウォーキング

 Carmen - Ouverture https://www.youtube.com/watch?v=PQI5LtRtrb0リンク曲について天から授かったこの命、されば常にこだわりをもって生きていたい。自分には原色のような生き方のほうが性に合っている。ところで闘牛士の服装は派手な色彩が使われているが少しも違和感を感じない。それは常に彼らが命を張っているからだ。自分は現役時代に権力に立ちはだかり、常に背水の陣を強いられていた。この時は家族を抱えながらの孤軍... 続きを読む

新旧入り乱れた団地の散策

 REO Speedwagon - Don't Let Him Go (1981) (Music Video) WIDESCREEN 720p https://www.youtube.com/watch?v=DPS58WZ-SUAリンク曲について81年演奏のREO SpeedwagonのDon't Let Him Goである。ワープしそうなリズムの曲だが、この爽快なメロディーに昨日のウォーキングに於ける自分の気持ちを合わせたい。間もなく二年を迎えるセカンドライフだが、ネガティブは捨て去り将来を悲観せずに希望を持って進みたい。最近... 続きを読む

三百メートルの人道橋の見聞録

 Rossini - William Tell Overture - Finale https://www.youtube.com/watch?v=-0q994XsYV4リンク曲について今日は三連休の中日である。宮城県沿岸部の天気予報は一日中曇りとイマイチだが、朝から時折日も差し、気温も27度とさほど上がらず、絶好の散策日和となった。こうなったら行動あるのみ、ロッシーニ: 歌劇「ウィリアム・テル」:序曲(スイス軍隊の行進)は気分の高揚した時に聴く時、心の中に共鳴を導く曲である。行進... 続きを読む

仙台駅前の眠らない複合ビル

昨日の朝、私は出勤前に去る6月22日にオープンしたばかりのドンキホーテ仙台駅西口店に立ち寄った。ドンキホーテ仙台駅西口店は仙台駅から徒歩6分と非常に便利な場所にある。1階~5階が売り場で、6階と7階にはネットカフェ&カラオケのDiCE仙台店が入っていてともに24時間営業と正に眠らないビルである。Google3D立体画像でドンキホーテ仙台駅西口店の位置を確認して頂きたい。画像は2年前のものなので更地となってい... 続きを読む

最高気温26℃での快適ウォーキング

 Bee Gees - Stayin' Alive [Version 1] (Video) https://www.youtube.com/watch?v=fNFzfwLM72cリンク曲について映画「サタデーナイトフィバー」のワンシーンにも登場するBee Gees - Stayin' Aliveは1977年に大ヒットした曲だった。若かりし頃の自分もテンポの良いこの曲を聴いて洋楽版の流行歌を感じたものだった。その頃の自分の髪型はオールバックのパーマ(パンチパーマではないし、今のように口髭は生やしてい... 続きを読む

仙台七夕初日

 ミス仙台 島倉千代子 https://youtu.be/00szciN4Fjkリンク曲について哀愁を帯びた旋律の中に古き良き時代の仙台を重ねる。古くは魯迅、島崎藤村らが一時期この都に住んだ。彼らが仙台に住んだ頃の七夕がどんなものであったのか知る由もないが、仙台七夕の歴史を遡る時、或る大御所にたどり着く。その大御所とはもちろん仙台藩祖・伊達政宗公である。文武両道に秀で和歌の才能にも恵まれた政宗公は七夕にちなんだ句を八首詠んで... 続きを読む

六十数回目の少年の夏

 Don Henley-Boys of Summer HD/HQ 1984+Info✔ https://www.youtube.com/watch?v=gb1wYslTBk8リンク曲について現世の様々なものには旬がある。自分は毎年この曲を聴く度にこの曲における旬が言うまでもなく夏であるのを自覚する。熟年となったドン・ヘンリーもけして悪くないが、若かりし頃の彼に’キレ’を感じるのがこのリンク曲である。だからと言って今のドンヘンリーに魅力を感じないというわけでない。人間において肉... 続きを読む

長町地区のウォーキング

 Foreigner - That Was Yesterday https://www.youtube.com/watch?v=E4fyuBYZIcEリンク曲についてどこか哀愁を帯びた感のあるForeignerのThat Was Yesterdayである。過去を振り返るのは人間の普遍性だが、どんなに振り返っても過ぎ去りし日は返ってこない。そんなことは百も承知しているのだが、あの時こうしていればと過去を悔やむのが人間の性である。この曲を聴くて思い出すのがほろ苦い思い出の多い我が青春時代である。若い... 続きを読む

連休最終日をウォーキングで閉める

 Elgar - Pomp And Circumstance No. 1 In D Major https://www.youtube.com/watch?v=Q0PHWKRFgZ0雑感人には相性というものがある。人が人と誼を通ずるにはこの相性がものを言う。人が社会の一員として生きるには、多くの人物と関わらねばならない。要領の悪い自分はこの難問に対して若年の頃から煩悶し、失敗を積み重ねてきた。だが、無事に定年退職を果たして、ようやく人付き合いのコツのようなものが飲み込めてきたのである... 続きを読む

拝啓こんなGW過ごしてます(笑)

ゴールデンウイーク(以下GW)前半3連休最後の本日、私は町に繰り出した。今年のGWは特に遠くに出かける予定はない。ウォーキングやゴルフ練習場や図書館などに出かけるくらいである。ここは青葉区二日町である。都心部を少し離れたこのセクションだが、この辺りはマンションやアパートが多い。仙台の今日の最高気温は24度まで上がった。服装はTシャツで二の腕に受ける風が気持ちいい。定禅寺通には、青葉通(駅前から西に伸びた... 続きを読む

久しぶりの広瀬川散策

 歌劇《ニュルンベルグのマイスタージンガー》前奏曲(ワーグナー) https://www.youtube.com/watch?v=wmphY0hrsfIリンク曲について1957年11月3日 東京:旧NHKホールヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団による演奏である。ヘルベルト・フォン・カラヤンは1908年4月5日生まれなので、満48歳の時の指揮となる。カラヤンはこの時、壮年バリバリということでシャープな動きが印... 続きを読む

黒松地区ウォーキング

セカンドライフを快適に過ごすためにはメタボになるのを避けなければない。天気予報では当初マークだったが、途中から変わってとなった。これは願ってもないことだった。そんな中、私が思いついたのは仙台市北部の黒松地区のウォーキングである。地下鉄南北線に乗って向ったのは一駅南寄りの駅・旭ヶ丘駅である。旭ヶ丘駅で降りた目的は隣接する台原森林公園で桜を見ることである。満開の桜もあるが既に葉桜になりつつある桜もあり... 続きを読む

榴ヶ岡公園での息子との花見

 《吹奏楽行進曲》双頭の鷲の旗のもとに/ワーグナー https://www.youtube.com/watch?v=MUwWRogQPqYリンク曲について行進曲が似合うシチュエーションと言えば、何と言っても澄み渡った青空である。今日の仙台は青空が望め、正に行進曲が似合うシチュエーションだった。サラリーマンという仕事を続けていくとどうしても流されやすくなる。漱石の言葉ではないが意地を通せば窮屈になる。然らば、面倒なことになる前に大きな流れに... 続きを読む

若林地区のウォーキング

 Napoleon March - Johann Strauss II https://www.youtube.com/watch?v=0rredmrNF-4リンク曲についてナポレオンという柄ではないが、せめて背筋を伸ばして颯爽と歩きたいものである。私はクラシックの中でもMarchが好きだが、この曲は本日初めて出遭った曲である。現代社会を生きるには調和や協調も大事だが、それ以上に大切なのが自分なりの矜持を持つことだと私は思っている。もちろん矜持は人前で出すべきでないが、普段は心... 続きを読む

団地内バイクポタリング

 「大脱走マーチ The Great Escape March」 https://www.youtube.com/watch?v=pMdWHR8gk4Iリンク曲について今日はバイクで近場のポタリングに行った。それを相応しいリンク曲を探しているうちに往年の映画音楽にたどりついた。スティーブ・マックウィン主演の「大脱走」のテーマの大脱走マーチである。バイクが趣味と言うスティーブ・マックウィンだが、代役なしでのこの乗りこなしは見事というしかない。逆ハンドルなどの高度な... 続きを読む

小さな春を求めての番ブラ

 Willem van Twillert plays Bach, Jesus, Joy of Man's Desiring / Jesus bleibet meine Freude, https://www.youtube.com/watch?v=l3UuGPCCm_Iリンク曲についてバッハ作曲の有名な「主よ、人の望みの歓びよ」である。パイプオルガンの奏でる荘厳な音色が大空間に流れるとき、例え個人主義者と言われようが、自分がこの世に生を受けた歓びをこの曲に託さないわけにいかない。自分に欠けているのが家族以外の人に対する思い... 続きを読む