FC2ブログ

不平等を糧とする生き方

 不平等を怨まず、逆に追い風とする処世術 人は哲学などに接しなくても生きて行ける。生涯を通して順風満帆の人生なら問題ないだろう。しかし人生には往々にして山と谷が存在する。運勢が下降線を辿り、スランプに陥った時、趣味に興ずることで気分転換をしストレスを発散するのも手であるが、スランプの大小に関わらずものを言うのが自己の信念であり哲学である。  人は哲学を身につけることによって人生を普遍的な視点で... 続きを読む

私にはすべての重いものが軽く感じられる

 すべての重いものが軽く感じられる 仮面を被って踊る舞踏者、このような快適でリズミカルなワルツを聞けば誰しも楽しげな踊りを踊りたくなることだろう。 だが人生はいつも凪とは限らない。もし貴方が人生に行き詰まり普遍的なものを見出したくなった時にはこんな本もいいだろう。  以下、ニーチェ 「ツァラトゥストラはこう語った」第三部七つの封印を基にミックがアレンジ 私にはすべての重いものが軽く... 続きを読む

互いに同情しない友達関係

    真の友情のありかたとは?「相手によって同情はあつかましいと感じられることがある。あなたは交友関係においてこれを未然に察知しておく必要がある。」ニーチェ「ツァラストラはこう言った」より ニーチェの解説書を読んで気付くのは直訳した場合、補足しないと読者に誤解を招くことがよく見受けられる点である。ニーチェの言葉はインパクトが強く、独創的であるがゆえに余計に誤解を招きやすいのである。あ... 続きを読む

黙っていることは簡単なようで難しい。。。

ニーチェ、ツァラストラはかく語りきより、「人々とともに生きるのは難しい。それは黙っていることが難しいからなのだ。」 沈黙を徳として掲げた人物はもちろんニーチェだけでない。アメリカの政治家、ベンジャミン・フランクリンもその一人だった。以下新潮選書「人生を考えるヒント」(木原武一著)から引用。  ベンジャミン・フランクリンは自己の倫理観を更に高めるため、13にも及ぶ道徳的目標を掲げている。その中に... 続きを読む

喜び方がまだ足りない

El?na Garan?a - Carmen - Chanson Boh?me Eldna GaranLa - Carmen - Chanson BohQme ソプラノの澄んだ声、そして極めてスピード感あふれるテクニカルなオーケストラの演奏を最後まで聴いて頂きたい。  思いを込め、滑らかなフランス語で情熱的に歌い上げられるオペラは人生の筋書きのないドラマを彷彿させ、思わず歌詞の意味を知りたくなる…     以下超訳「ニーチェの言葉」(ツァラストラはかく語り... 続きを読む

人生の経過点に過ぎない今現在を尊ぶ

 人生の通過点に過ぎない今を尊ぶ  あなたは人生の行きつくところにこだわり過ぎるあまりに、今現在のことをなおざりにしてないだろうか?ここに哲学者フリードリヒ・ニーチェが生前親交の深かったワーグナーの名曲「タイホンザー入場行進曲」を披露するとともに、極めて印象に残る彼の言葉をお伝えする。         以下ニーチェの言葉より「漂泊者とその影」を基にミックが要約  山登りをしたとしよう。たゆまず... 続きを読む

注目されない理由

 カルメン 第一組曲 闘牛士  大観衆の注目を集める闘牛士、彼らを支えるのは卓越した技術と勇気である。彼らは命を張っているのだ。数ある戦いの中では彼らは命を落とすこともある。だからこそ彼らは注目されるのである。では彼らとは違った一般人はどうなのか?  ご存知の通り、世間には自己顕示欲の強い人間がいっぱいいる。だがニーチェに言わせると彼らのほとんどは注目されたくても注目されてないというのだ。それ... 続きを読む

ニーチェの哲学は我々になにをもたらしたか?

 ニーチェ著「ツァラトゥストラ」とは?フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(1844~1900) ある書店で超訳「ニーチェの言葉」という本を見つけた。その著の内容だが、彼の独創的な言い回しに興味はひかれたものの大雑把に言って7割かた支持、残りの3割は首をかしげた。首をかしげたというのは全部を肯定できなかったからだ。  例「おしゃべりな人は隠している」…自分についてしきりとおしゃべりばか... 続きを読む