FC2ブログ

津軽の温泉とRDの先祖

津軽の片田舎の温泉旅館にて津軽出張、青森県弘前市で泊った温泉旅館中野、ここは岩木山山麓の百沢温泉である。田舎の夜の温泉街、ひなびた温泉という表現がピッタリだ。この日の温泉旅館は空いていた。宿泊客は5名にも満たなかった。シーンと静まり返った廊下。冬場には湯治客もよく利用するようだ。この階段を降りて行けば温泉がある。突飛なことを申し上げればこの日の私は小説「城の崎にて」の主人公(志賀直哉)に成り切って... 続きを読む

春とは名ばかりの弘前探訪

春とは名ばかりの弘前 昨日から今日にかけて寒波に見舞われ雪が降りました。 最高気温4度とまだまだ寒い青森県弘前市ですが、市内を回ってみました。 弘前と言えば古い建物が多くあるので有名です。 街を歩いて最初に目に付いたのが赤煉瓦貼りの弘前昇天教会 ひとめで古い建物であることがわかりました。 建物の側面方向からの入り口です。 十字架が屋根についています。 後側のビューです。 明治のロマン、そして津軽地方の... 続きを読む

美味!小説「津軽」風のリンゴクッキー

 下の写真はけして小説「津軽」の文庫本ではありません。林檎ファイバー入りクッキーです。昨日中身をお伝えすることを約束したので、さっそく開封してみました。 本の中身は、ご覧のようにビニール袋に入ったクッキーの詰め合わせでした。付録の挿し絵は太宰直筆の昔の津軽地図です。…津軽への旅情を誘うパッケージ…肝心の味のほうは林檎エキスの甘酸っぱい風味が入って非常に美味!程よい歯ごたえと甘さも上等↑コーヒーや紅茶... 続きを読む

秘境白神山地の山岳道路走破後編、菅江真澄を偲ぶ

民俗学者、菅江真澄が愛した秋田 釣瓶落峠を過ぎると、秋田県藤里町側はほとんどが舗装はされていますが道幅が狭く、くねくねしていて車がすれ違えないような細い道が続くため、カーブミラーを頼りにしての運転になります。時折落石の跡が見られるので慎重な運転が必要です。詳しい地図で見る 30分ほどで太良峡に到着しました。ここは江戸時代の有名な民族学者、菅江真澄(1754年~1829年)という人が訪れて詩歌や随筆... 続きを読む

秘境白神山地の山岳道路走破中編、難所つるべおとしへ

難所、つるべおとし峠へ 釣瓶落(つるべおとし)トンネルをくぐるとついに秋田県に出ます。前編の地図とあわせて御覧ください。皆さんは「つるべおとし」の意味がわかるでしょうか?航空写真ではちょっと分かりにくいですが、実はこの西目屋-二ツ井線が通っているところは急峻な山の尾根、それもなんと両側とも絶壁というすごいところだったのです。詳しい地図で見る まず秋田県側のトンネルを出て左のアングルです。ガードレー... 続きを読む

秘境白神山地の山岳道路走破前編

世界遺産、白神山地の山岳道路の走破に挑む きょうは世界遺産、白神山地の東側の山岳道路(冬期は豪雪のために閉鎖される)西目屋二ツ井線を通ってみたので、その概要をお伝えします。県道28号線から目屋ダム(津軽ダム建設中)の南側湖畔を通ってTの字の交点を南に行き県境の釣瓶落(つるべおとし)峠(地図の+のところ)を経由して秋田県の藤里町に抜けるルートです。詳しい地図で見る この山岳道路の名前が立て札で確認で... 続きを読む

私が愛する青森りんご

津軽出張も今日で終わり。この出張を健康に風邪もひかずに過ごせたのは青森りんごを毎食食べていたから…と言っても言い過ぎでないと思います。毎食と言っても一日平均で2つぶくらいでしょうか。代表的な青森りんごを紹介します。左が「ふじ」、ほどよいすっぱさとしっかりとした歯ごたえが特徴、おそらくビタミンCも豊富でしょう。昔よくたべていた「コッコウ」とちょっと似ています。右は「王林」(おうりん)、ふじと違って甘... 続きを読む

津軽三味線♪

哀愁漂う津軽三味線津軽の音楽と言えば津軽三味線です。今日、宿泊先で津軽三味線の弾き手のかたを見つけ写真撮影を申し出たところ、快く応じていただきました。右の女性が三上英美子さん、左の男性が五十嵐清勇さんです。ちょっとだけ演奏を聴かせていただきましたが、テンポが速く力強いなという印象を受けました。厳しい冬を耐え抜く津軽の人の強さ、「じょっぱり」(いじっぱり、頑固者)という言葉に代表される情熱を感じさせ... 続きを読む

JR木造(きづくり)駅の土偶モニュメント

オッ、土偶の怪物!五能線JR木造駅のオブジェを紹介します。遠くから見ると巨大なハニワのようなものが駅の玄関の上部にあるのが確認できます。駅を横から見た写真です。このオブジェは遮光器土偶というサングラスのようなものをつけた珍しい縄文時代の土偶です。思わず立ち止まって見入ってしまいました。... 続きを読む

白神山地ビジターセンター見学

世界遺産白神山地の概要を知るには?弘前市の西にある西目屋村の「白神山地ビジターセンター」に行ってきました。観光で世界自然遺産、白神山地に来られるかたにはお勧めのスポットです。場所的には津軽富士(岩木山)の南西側のふもとにあると言ってもいいでしょう。ビジターセンターの玄関と庭に植えているブナの木です。先のとがった葉が特徴です。センターには白神山地の象徴であるブナの森のしくみや生息している動植物が模型... 続きを読む

りんごの花咲く♪

豪雪に屈しないりんごの木の強い生命力朝の散歩で宿の近くの「鷹巣自然歩道」ってところに行ってみました。立て札は冬場の豪雪で曲がっているようです。ここにも観光客が来るんでしょうか?離れたところからりんごの花を見ると白っぽい(桜のソメイヨシノよりは)ようですが…近寄って見ると、つぼみはピンク色なんですね~。りんごの花は今回の津軽出張で初めて見ました。... 続きを読む

2日目、日本海沿岸を激走開始!

http://map.yahooapis.jp/MapsService/Flash/V3/?appid=YahooMapsPasteMap&pos=40.772267148799706%2c140.04990854773194&layer=10&mode=aero&visibleSliderbar=false&enableWheelOperation=false&enableUgButton=true&datum=wgs84詳しい地図で見る3時に目が醒め、ルートの確認、身支度を済ませてようやく明るくなった4時に宿を出る。途中深浦町のテトラポットが並んでいる海岸で写真を撮る。今日はいい天気で天候はまったく問題... 続きを読む

鰺ヶ沢に宿泊

http://map.yahooapis.jp/MapsService/Flash/V3/?appid=YahooMapsPasteMap&pos=40.82354415101948%2c140.3515182063123&layer=10&mode=map&visibleSliderbar=false&enableWheelOperation=false&figureKMLurl=http%3A%2F%2Fmap.yahooapis.jp%2FMapsService%2Fembedmap%2FV2%2Froutexml%3Fhlat%3D40.61504306%26hlon%3D140.20603&crossDomain0=http%3A%2F%2Fmap.yahooapis.jp%2FMapsService%2FFlash%2FV3%2Fcrossdomain.xml&enableUg... 続きを読む

中泊町「小説津軽の像記念館」見学

http://map.yahooapis.jp/MapsService/Flash/V3/?appid=YahooMapsPasteMap&pos=41.12971290555505%2c140.31066729417947&layer=10&mode=map&visibleSliderbar=false&enableWheelOperation=false&enableUgButton=true&datum=wgs84詳しい地図で見る 太宰治の文学に興味があったので、通り道がてら寄ってみました。(激走中で危うく通過するところでしたが…笑い)実母が病弱だったこともあり、太宰は幼い頃、このタケに育てられまし... 続きを読む

濃霧の竜泊ラインにびびるが、滝発見!

http://map.yahooapis.jp/MapsService/Flash/V3/?appid=YahooMapsPasteMap&pos=41.095107746330335%2c140.31675804017323&layer=11&mode=map&visibleSliderbar=false&enableWheelOperation=false&figureKMLurl=http%3A%2F%2Fmap.yahooapis.jp%2FMapsService%2Fembedmap%2FV2%2Froutexml%3Fhlat%3D40.96249194%26hlon%3D140.443515&crossDomain0=http%3A%2F%2Fmap.yahooapis.jp%2FMapsService%2FFlash%2FV3%2Fcrossdomain.xml&enabl... 続きを読む

苦労の末、竜飛岬に到達!

降りしきる雨の中、寒さと戦いながら、私はふと今から500年以上も昔の航海者、ヴァスコダガマのことを思い出していた。壊血病で多くの乗組員を失い、幾度もの嵐を乗り越えてアフリカ最南端の喜望峰を周ってインドへ渡ったポルトガルの英雄。そしてついに竜飛に到達。太宰治をして小説津軽で「今夜は本州の北端の宿で一つ飲み明かそうじゃないか。」と言わしめた下北と並ぶ北の果て、常に荒れる海、寂寥感を漂わせる殺伐とした荒... 続きを読む

本州側の青函トンネル入口へ

JRの高架橋の下で、そして外ヶ浜町の物産館で雨宿りしても一向にやまない雨、ついに私の決意は雨に向かって進め、進め…んっ、ポルトガル国歌(大砲に向かって進め、進め)じゃないんだから。もういやっ↓トンネルに入る列車を撮影すればよかったんですが…モンスターブーツの中に水が入ってきて(ブーツがでかすぎて合羽ズボンがはけなくて、すっかり笑い話ですね)心は泣いてました。... 続きを読む

ずぶ濡れになって高野崎灯台へ

地図でわかるように津軽半島には有名な竜飛岬の他に東側に「高野崎」という岬があります。ずぶ濡れになって震えながらこの地点に到着、岬の先端に離れ小島が二つありますが、ごらんの通り赤い橋がかかっています。橋を渡ろうとしていたアベックがいましたが、臆病者の私はパスしました。また反対側には巨岩がありました。... 続きを読む

平舘灯台で一休み

http://map.yahooapis.jp/MapsService/Flash/V3/?appid=YahooMapsPasteMap&pos=41.174451698466115%2c140.64279420367188&layer=5&mode=aero&visibleSliderbar=false&enableWheelOperation=false&enableUgButton=true&datum=wgs84詳しい地図で見る280号線をむつ湾に沿って北上すると外ヶ浜町の平舘灯台というところに到着、この辺から雨が降ってきました。シェルパの向こうにかすかに影のようなものが見えますが、これは下北半... 続きを読む

むつ湾フェリー乗場見物

http://map.yahooapis.jp/MapsService/Flash/V3/?appid=YahooMapsPasteMap&pos=41.04770852870411%2c140.6437590325601&layer=5&mode=aero&visibleSliderbar=false&enableWheelOperation=false&figureKMLurl=http%3A%2F%2Fmap.yahooapis.jp%2FMapsService%2Fembedmap%2FV2%2Froutexml%3Fhlat%3D41.039225%26hlon%3D140.64732583&crossDomain0=http%3A%2F%2Fmap.yahooapis.jp%2FMapsService%2FFlash%2FV3%2Fcrossdomain.xml&enableU... 続きを読む

津軽半島への乗り込み

連休を利用してシェルパで秘境、津軽半島~日本海沿岸を激走(あえてツーリングとは言いません)を決意しました。写真を見ておわかりかと思いますが津軽半島は北部が国定公園になっていてほとんどが原生林の深い山、東部もご覧の通りの自然が多く残されています。初日の5月3日、青森からアクセスして280号線を少し走ると看板がたっていました。よ~し、根性入れて走ってやるぞ~!... 続きを読む

旧弘前市立図書館訪問

太宰治は弘前のことを「ここは津軽人の魂のよりどころである」と表現しました。この街を見たときに歴史ある北の城下町のたたずまいと、厳しい冬を耐えてねぶたを待つ津軽人の情熱「じょっぱり」の精神を、私はひしひしと感じました。弘前市内は神社仏閣の他、古くて趣のある西洋建物が非常に多いのです。1906年に建てられたこの旧弘前市立図書館もそういう建物のひとつです。木造3階建てで八角形の二つの塔からなるこの建物は、ル... 続きを読む

朝日を浴びる津軽富士

4月30日、朝のジョッギング中に撮影した快晴の空にそびえる津軽富士です。津軽富士(岩木山)は見る角度によっていろいろな形に見えます。写真は西目屋村役場の近くの小高い丘から撮りました。下段の写真は建設会社の資材置き場の裏にあった残雪です。4月もきょうで終わりだというのに…... 続きを読む

弘前オートバイサーカスその3

最後に出てくるのがヤマハDT250です。このバイクで大きな樽の中をグルグル回るのです。ただ回るのではなく樽の上で観客の差し出した千円札を高速で走るバイクに乗りながら受け取るのです。でも見てるほうもバイクが上に行きすぎてぶっ飛んでくるんではないかと心配でした。樽の中を回るバイク(180度横になっている状態)を何度も写真に撮りましたが、暗い中バイクが高速で動くためにカメラの性能がついていけませんでした。…物... 続きを読む

弘前桜祭りのオートバイサーカスその1

4月24日、夜桜見物でにぎわう中、知人から「バイクのショーを見に行きませんか?」と誘われました。行ってみると懐かしい看板…そう言えば小学生のころ確か見たような記憶があります(見たのは球体の鉄骨のフレームをバイクがぐるぐる回るようなショーでした)…この看板は一種の昭和ロマンかも知れません。... 続きを読む

弘前城の桜と鴨

4月24日、弘前城の桜(日本で3本の指に入るといわれる)が満開になりました。外堀で桜を撮っていたら偶然1羽の鴨が泳いできました。あまりにもかわいかったのでシャッターを押しました。... 続きを読む

春の訪れを予感する津軽の虹

http://map.yahooapis.jp/MapsService/Flash/V3/?appid=YahooMapsPasteMap&pos=40.58794410273075%2c140.38737812982376&layer=9&mode=aero&visibleSliderbar=false&enableWheelOperation=false&figureKMLurl=http%3A%2F%2Fmap.yahooapis.jp%2FMapsService%2Fembedmap%2FV2%2Froutexml%3Fhlat%3D40.82161611%26hlon%3D140.7436&crossDomain0=http%3A%2F%2Fmap.yahooapis.jp%2FMapsService%2FFlash%2FV3%2Fcrossdomain.xml&enableUg... 続きを読む

レアなお菓子!「奇跡のりんご」のかりんとう入手!

今、話題の奇跡のりんご(無農薬栽培で作ったりんご)のお菓子(かりんとう)を手に入れました。味はりんごの風味がして歯ごたえがあり、とてもおいしいです。販売ルートは弘前市内(市役所近く)のレストラン山崎です。店員さんの話だと、この店以外は入手できないということです。... 続きを読む

笹と白神山地の山

西目屋村の小高く尾根になったところで笹薮を見つけました。風になびく笹薮越しに白神山地の山を撮影しました。幾重にも並ぶ山並みが確認できます。白神山地は非常にふところが広そうです。厳寒の津軽の冬に耐えてきた笹が春の光を浴びています。... 続きを読む

クマゲラの絵

この建物は津軽ダムより下流にある発電所です。世界遺産の白神山地に近くでいろいろな動植物が見られます。この絵は付近に生息するクマゲラという鳥です。雄と雌のつがいでしょうか。... 続きを読む

りんご畑と目屋ダム

写真の上に見えるのが古い目屋ダムです。この下流間近に新しい津軽ダムを作っています。手前にはりんご畑が広がっています。左に見える白いものは残雪です。このあたりは冬は氷点下20度くらいになることもあります。地元の人の話だと今年はだいぶ雪が少なかったそうです。... 続きを読む