FC2ブログ

躁をもって躁を制する

恩讐の彼方になにが残ったのか…すさまじいばかりの自己肯定の極致、激躁(げきそう)をどうやって乗りきったか?(後編)日本ブログ村、短編小説ランキング「ノンフィクション小説」に登録しています。クリックすると同サイトにワープします。https://novel.blogmura.com/novel_short/(前号までの粗筋:05年末に転勤をきっかけにうつ病を発症した私は、闘病2年後に病状が躁中心(激躁)に転じた。躁状態でテンションが異常に高... 続きを読む

躁とは一体何なのか?中編

天才画家フィンセントファン・ゴッホ 彼の絵が売れたのは皮肉にも彼の死後だった。それはなぜなのか?日本ブログ村、短編小説ランキングに登録しています。クリックすると同サイトにワープします。https://novel.blogmura.com/novel_short/  躁の時のゴッホの目つきは非常に攻撃的である。だが、その強い攻撃性が独創的な絵を描かせるのだ。 攻撃性のある人間は世間の反感を買いやすく、生前は評価されないことが多い... 続きを読む

我輩は躁である!

 我輩は躁(そう)である。日本ブログ村、短編小説ランキングに登録しています。クリックすると同サイトにワープします。https://novel.blogmura.com/novel_short/ (※注釈:現代の精神医学ではうつ病と双極性の躁うつ病が一般的に知られているが、稀に躁のみの躁病という症状を持つ人が存在する。しかしこの躁病も現在は分類上は躁うつ病の一つと分類される。)  これは有名なゴッホの星月夜という作品である。この絵を見... 続きを読む
[タグ] 我輩は躁である

鬱に悩むかたのご相談お持ちしております!

4年前の2005年12月、転勤先の東京から九州出張を言い渡された私は、慣れない土地での仕事と家族から離れた寂しさからうつ病を発症しました。周囲からは本当にうつ病なら「自分はうつ病だ」とわかるわけがない。能力がないのでは?やる気がないのでは?などと誤解されました。状態をわかりやすく言えば、車で言えば排気量が1/10になった感じと言えばわかっていただけるでしょうか?この状態が一時的でなくずっと継続して続くのです... 続きを読む