FC2ブログ

エッセイ『英雄に成りきれなかった私』

英雄ポロネーズ オーケストラバージョンエッセイ『英雄に成りきれなかった私』あと少しで三月になる。今は名曲「英雄ポロネーズ オーケストラバージョン」聴き、早春を迎えた慶びに浸りながら美酒に酔っている。昨年の3月末に転勤で亘理に住んで、そろそろ一年が経つ。勤務地の相馬もであるが、ここは非常にローカルな土地柄である。此の地はそろそろ人生の黄昏を迎えようとしている私には願ってもない場所となった。買い物にや... 続きを読む

亘理四季の森でのワンダーフォーゲル

亘理四季の森でのワンダーフォーゲル昨日の金曜日、有給を使って山(実際は丘)に登ることにした。目的は息子と約束した亘理町内の阿武隈山地のワンダーフォーゲルの下見である。ここは亘理中学校の校庭の南に隣接する「四季の森」へ通ずる道である。読者様におかれては、早くも極めてローカルな印象を受けるのではと受け止めている。(笑)ここが四季の森の入り口である。ワンダーフォーゲルでは入り口がなかなか掴めない場所も多い... 続きを読む

私のブログの未来像

 私のブログの未来像これはここ一ヶ月間における訪問者の推移である。私は2月14日にブログの棚卸を行ったが、ここ半年間の一日当たりのブログ訪問者数は平均で188人である。赤い線が200人なので多少の浮き沈みはあるものの、この一ヶ月間は平均値に近い数字と捉えている。意外だったのは四日前の21日の「息子のゴルフコースデビュー」に対して、当日と翌日の二日間で500人以上の訪問者があったということである。2... 続きを読む

私の歴史小説が新聞に紹介されました

昨日(2月22日)の河北新報(宮城県の地元新聞)の文芸欄に私の書いた歴史小説が紹介された。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※歴史小説『金色の九曜紋とともに』粗筋1613年、最後の戦国武将と言われた伊達政宗は生涯最後の天下取りの野望を夢見て、慶長遣欧使節団をヨーロッパに派遣した。使節団を率いた支倉常長は多くの苦難を乗り越え、スペイン国王やローマ法王との謁見を果たす。しかし支倉を待っていたものは…※※※※※※※※※... 続きを読む

息子のゴルフコースデビュー

Van Halen-Dreamsリンク曲解説byミック本日ついに息子がゴルフコースデビューを果たすに至った。世に手の掛かる子ほど可愛いという言葉がある。実は、或る事情で彼にはスランプがあった。彼がスランプに陥った際、私は己の苦い経験を話し、まずは体を動かすことを助言した。最初はウォーキングから始め、ワンダーフォーゲルも体験した。休みの度に私が彼と相伴し、行動をともにした。これは私が幼少時祖父母から恩愛を受けたせめて... 続きを読む

フェニックスと言われた港町石巻

榎本武揚と石巻                                      榎本武揚(1836~1908)以下国立国会図書館「近代日本人の肖像」より引用しミックが編集1836年、幕府御家人下級武士の次男として生まれる。1856年長崎海軍伝習所に入所。文久1862年から4年間に渡りオランダに留学する。明治元年(1868年)海軍副... 続きを読む

誕生日を迎えた息子への贈り物

モーツアルト「玩具の交響曲」リンク曲解説byミックこの曲(モーツアルト「玩具の交響曲」)には非常に懐かしい想い出がある。あれは物心がついたばかりの4歳のころ、テレビを見ていてオーケストラ演奏を聴いたのがきっかけだった。もちろん生涯における初クラシックである。カッコーが鳴くような不思議なメロディーで、目を閉じて聴くと、あたかも自分が森の奥に佇んでいるような不思議な倒錯を覚える。この曲は三部で構成される... 続きを読む

港町酒田の興隆と日本海文化の伝播

港町酒田の興隆と日本海文化の伝播ブログをやって良かったと思うのは日本全国のブロ友様から各地の情報が届くことをである。そのブロ友様の一人に庄内の酒田にお住まいのかたがおられる。そのかたからは藩政時代に北前船で栄えた古き良き時代の酒田に関する情報を頂き、大変感謝している。感謝と申し上げたのは、私の出身地が藩政時代に庄内酒田と同じ港町として栄華を呈した石巻だからである。良著との出会いは人生に潤いをもたら... 続きを読む

第五回ブログ棚卸し公開します

第五回ブログ棚卸し公開しますブログの棚卸しを始めて丸二年が経つ。恐らくYahoo blogで棚卸しをやっているサイトは拙ブログのみと察している。(他にも見かけたかたはお手数ですがお教えください。)趣味の分野にあるブログであるが、棚卸しをしてまでなぜブログをやるのか疑問に思うかたもお在りになることだろう。私はその大きな理由として己への客観視を挙げたい。己のブログがどういう傾向になってきているのか、なかなか自分... 続きを読む

息子とのゴルフ練習第三弾

キング コットンマーチbyスーザーリンク曲キングコットンマーチ解説byミック武士道修得で新たに授かった私の第三の性格はともかく、息子は私の若いときとよく似ており、どちらかと言うと大人しいほうである。そんな息子を見るにつけ、時としてはがゆさを感じることがある。例を挙げて説明に及べば、封建時代における筆頭家老が評定(会議)の場で他の者に席を取られた際(昔の評定の席は相撲の番付の如く、各々の家臣の座る位置が... 続きを読む

再び戻ってきたんだ!

Whiteanake HERE I GO AGAINWhitesnake HERE I GO AGAIN歌詞これから何処に行こうとしているのかそれは俺にもわからないでもこれまで何処を通ってきたのかそれはもちろんわかってるんだ昔の曲達のなかで歌ってきたことにしがみついてたのさいま俺は決心したんだ一分たりとも時を無駄にできない再び俺は立ち上がる俺はこの道を行くんだ答えを探し続けてきたけど探してたものは決して見つかりはしなかった神よ 俺は祈る進み続ける力... 続きを読む

Yahoo blog岡目八目

Yahoo blog岡目八目岡目八目とは知っての通り、ことの当事者よりも第三者のほうが情勢や利害について正しく冷静に判断できるという意味であり、囲碁の八目まで手を見越すということを語源とした言葉である。ご存知の通り昨年11月26日の変更によってYahoo blogに於いてはログインしないで記事を閲覧したりコメントやトラックバックすることができなくなった。本日は本件について私の私見を交えながらメスを入れてみたい。Yahoo... 続きを読む

立春を迎えた慶びを分かち合う宴のひと時

Mendelssohn 春の歌リンク曲メンデルスゾーン「春の歌」解説byミック南のほうにお住まいのブロ友様からは既に梅やフクジュソウが咲いたとの便りを頂いた。立春を過ぎた昨今、まだまだ寒さは続くが寒さのピークは過ぎた。これからは徐々に三寒四温の様相を呈して行くことだろう。昨年春の転勤で生まれて初めて宮城県亘理町に住んだが仙台から30キロほど南に来ただけで冬場の気候が穏やかなのに驚いた。これは南のほうにお住まいの... 続きを読む

彼女に何があったのか?惜しまれる女高生ブログの撤退

納得できない或るブロ友様のブログ撤退以前自分の記事で何度も述べた通り、私は趣味や年代でブロ友様を決めていない。偽りのない姿勢をモットーに、常に忠恕の精神(自分がされて嫌なことを人様にしない)を持ち、真摯なお付き合いをさせて頂くのが私の本分である。そのために、私はあまり人様の取り上げないブログのモラル(マナーからもう一歩踏み込んだ良識の領域)にメスを入れてきた。これを自ら表明する結果として自ずと人に... 続きを読む

波乱の後半生をともに歩んできた我が自転車

Vatican-National Anthemリンク曲解説byミック人はどんなときであっても、己のモチベーションを高くキープしなければならない。それには名誉を失わないことである。これは数年間に渡る人生のトンネル(精神病)を克服した今の私がもっとも掲げるスタンスであり、何よりも重視しなければならない大切なものと受け止めている。本日はバチカンのローマ法王近衛兵の堂々とした振る舞いと法王の慈悲深さに授かる彼らに己の失ってならな... 続きを読む

常磐線代行バスから見える牡鹿半島遠景

常磐線代行バスから見える牡鹿半島遠景昨日から二月に入った。まだまだ寒さは続くが、冬至の頃と比べて日が長くなり春遠からずを実感する昨今である。本日は一昨日乗車したJR常磐線代行バスから見える景色についてお伝えしたい。相馬駅から国道6号線を北に向かい、駒ヶ嶺駅を経て相馬共同火力発電所に差し掛かかった辺りである。火力発電所の反対側の西側には阿武隈山地の低い山が見える。左側に見えるこの風景は亘理に着くまでず... 続きを読む