FC2ブログ

歴史講演会「近代の相馬野馬追」

2010相馬野馬追イントロダクションリンクYOU TUBE「2010相馬野馬追イントロダクション」解説相馬野馬追は「勇壮な戦国絵巻」とよく言われるが、極めて動的な要素の多い祭りである。生で見るとその迫力に圧倒される。これを単なる動的な祭りとしてだけ捉えるのでなく、相馬武者の熱い心意気を感じ、これを意識しながら見れば一気にこの祭りに単なる祭りでなくなる。即ち、立派な戦闘訓練に他ならない。例え相馬地方にお住まいでない... 続きを読む

先んずれば云々、十連休初日の過ごし方

ベートーベン交響曲第6番「田園」第1楽章社説&リンク曲理由本日から10連休に入った。暦通りだと5月2日(月)と6日(金)は平日だが、有給休暇を取得して10連休とした。ここ数年意識して10連休前後の長い休みを取ることにしている。人生の後半に入った私だが、今まで社会の荒波に弄ばれ権力の狭間にもがき苦しみ、本来の自分を失い大海の藻屑となって消えていった人物を何人も横目に見てきた。人生はたった一度しかない... 続きを読む

いつものダーツバーで味わう英国パブ感覚

 Charlie Parker - Hot House リンク曲理由byミックサラリーマンに限らず人生はゾーン構築との戦いである。仕事とプライベートを如何に切り替えるか?私の精神的な病の脱出の原点がここにあり、今では己のライフスタイルとしてすっかり定着してきた感がある。単身赴任のサラリーマンに於いては、アフターファイブを如何に快適に過ごすかが重要と考えている。これを言い換えれば「憂さを晴らす」という言葉になる。昨今趣向が変わ... 続きを読む

九州の皆様へDIYで震災の壁のひびを直す方法

     DIYで壁クロスを復旧しよう! ミック挨拶今回熊本を始めとした内陸地震に遭われたかたがたに謹んでお見舞い申し上げます。これは東北太平洋沖地震に遭遇した私が、過去自分の記事(2011年5月3日)から転用したものになります。本記事の再掲載が九州地方でお困りのかたにとって、少しでもお役に立てればと考えています。今回の震災では多くのかたの住宅の壁にひびが入ったと思います。今日はDIYでこ... 続きを読む

ミック式正しい日曜日の過ごし方

William B Hogg invite Scott Hamilton社説季節もすっかり良くなった。今はアパートの窓を開け、春宵の心地よいひと時に己の身を任せ、ウイスキーを嗜みながらScott HamiltonのJAZZを聴いている。今日も平凡な日曜日が過ぎ去ろうとしている。私は過去の記事で、一日を平穏に過ごすことこそが非凡であるとしてきたが、本日はそんな日曜日だった。平凡を突き詰めて解釈に及べば、中庸が生み出した因果も取れなくはない。サラリーマン... 続きを読む

亘理町内のポタリング

Dave Brubeck Take Fiveリンク曲Dave Brubeck Take Five理由今までの人生を振り返る時、酒をコントロールできない人物を何人か見てきた。仕事のストレスをアルコールで発散するのはいいが、酒に飲まれてしまうのである。一回で飲む量が相当多く休肝日を設けない。そのような人物のうちの多くは体を壊して肝臓がんを患い、早めのリタイヤを余儀なくされ現世から消えていった。私も彼らと同じ運命をたどらないという自信はないが、酒... 続きを読む

JR代行バス、県境付近の車窓より

JR代行バス、県境付近の車窓よりJR代行バスによる通勤を始めて1年を過ぎた。本日は昨日4月20日の朝の車窓からのロケーションを紹介したい。ここは今年の12月に開通する予定の常磐線坂元駅(宮城県沿岸部南端)である。駅のそばには去る2月にコンビにもオープンし、利便性も増した。駅舎建設と同時に周囲には宅地造成も進められ、震災による人口流出を食い止めようとする行政側の意図を強く感じている。坂元駅からわずか数分... 続きを読む

愛弟子二人による志賀直哉インタビュー

志賀直哉 肉声 ①昭和30年5月 ②昭和34年9月つい最近YOU TUBEでお宝映像を見つけた。それは志賀直哉の愛弟子二人による生前インタビューである。26分のうち前半のインタビューは四人の弟子の中で兄弟子となる尾崎一雄氏の「朝の訪問」(NHK)である。尾崎一雄(1899~1983)※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※このとき(昭和30年5月)の直哉は72歳、弟子の尾崎氏は56歳である。尾崎氏のインタビ... 続きを読む

歴史エッセイ『夜討坂ロマン』

歴史エッセイ『夜討坂ロマン』※前書きこのエッセイは先月二度に渡って訪ねた宮城県亘理町の旧道「夜討坂」を訪ねたことを基にいくつかの文献を調べ、史実を転用し、それに私の見解を加えて歴史エッセイとしたものである。一部において、過去に更新した記事との重複があることを始めにお断りしたい。ちなみに歴史上の事実のみを並べた郷土史史書と歴史エッセイは似ていながら根底で異なるものである。読者様には一部に私の想像を加... 続きを読む

こんな折、謹んでゴルフ練習の記事更新;

モーツァルト フィガロの結婚リンク曲解説byミック私はプロフィールに書いてある通り古風な人間である。従って今でも「家」という概念にこだわって生きている。従って大学生となった我が息子が将来幸せな結婚を遂げることを何よりも願っている。ゆえに、本日は感極まって「フィガロの結婚」をリンクした次第である。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※九州の被災地の皆様へ本日の更新記事のタイトルに謹んでと申し上げたのは、今回の... 続きを読む

ポエム「春宵に想いを馳せる至福のひと時」

メンデルスゾーン「春の歌」今宵は春の晩に相応しいメンデルスゾーンの曲を聴きながら意中の日本酒「政宗」を常温で味わっている。晩年の伊達政宗公の詩に「馬上少年過ぐ」というものがある。この詩に関しては司馬遼太郎らが様々な考察を加え梟雄と称された彼を偲んでいる。馬上少年過※馬上少年過ぐ世平白髪多※世平らかにして白髪多し残躯天所赦※残躯天の赦す所不楽是如何※楽しまずして是を如何にせん※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※... 続きを読む

ミック式現代サラリーマン生き残り術

最近、守屋洋氏の中国古典言語録という本を読んでいる。内容は主に会社経営者に向けた啓発本であるが、見方によっては雇われる側にも応用が効くものとなっている。私はこの本の多くの箇所にサラリーマンとしての生き残りに必要なヒントを見い出した。エッセイ「ミック式現代サラリーマン生き残り術」サラリーマンとしてスマートに生きるのであれば波風の立たない生き方をしたほうが断然楽だし、得なことのほうが多い。但し、こうし... 続きを読む

満開を迎えた相馬中村城址の桜

Van Halen Jumpリンク曲解説byミック百人百様という言葉の通り、人の趣味趣向は多岐に渡っている。中には洋楽はどうも…、ロックはどうも…、というかたもいっらっしゃることだろう。なのになぜ洋楽をリンクするのか?本日はこれについて述べたい。私は過去の記事で自分の更新する記事と人様のブログにおじゃましたときのスタンスはまったく違うと述べてきた。(ヘッダーからリンクしている【ホームとビジターの違い】参照)従って自... 続きを読む

今の息子に望むこと

アメリカ海軍行進曲「錨をあげて」リンク曲解説byミックアメリカ海軍行進曲「錨をあげて」は兵士たちの士気を揚げるためのものであり、彼らの誇りの拠り所となる曲でもある。シケの大洋に立ち向かう戦艦、海の男に「弱気」という文字はない。今の息子に望むこと時化のない人生など在り得ない。大学生になったばかりの息子に欠けているものがあるとすれば、物事に立ち向かうという強い気持ちである。そんな息子には大学生生活を単に... 続きを読む

人生初めてのダーツバー体験

人生初めてのダーツバー最近、単調になりがちな朝晩の通勤で気になることがあった。それは相馬駅前に気になる店がオープンしたことである。その店はLetoというダーツバーである。私は好奇心の塊を自認している。私から好奇心を除いたら何も残らない。従って、十日ほど前にその店構えを見たとたん、話の種にこの店に是非入ってやろうという「好奇心モード」に突入した次第である。(笑)※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※簡単な自己紹... 続きを読む

南北の差が縮まった?今年の桜開花

南北の差が縮まった?今年の桜開花ブログを運営していて毎年春になると楽しみにしていることがある。それは日本全国にお住まいのブロ友様から桜の便りを頂くことである。既に、西日本や関東、東海にお住まいのブロ友様からは桜開花の便りが届いている。これは3月30日に日本気象協会から発表された今年の桜開花予想である。これを見て気づくのは北日本の桜の開花が例年と比べてかなり早めということである。ちなみに開花から満開... 続きを読む

旧道「夜討坂」を訪ねて

 旧道「夜討坂」を訪ねて旧道にはロマンがある。旧道に佇み、目を閉じ在りし日の昔人の想いに浸れば、かすかに遠い日の喜怒哀楽が瞼に浮かんでくる。悠久の時の流れに己の身を委ねれば、是あたかも大河に浮かぶ小舟の如し。小舟が激流に飲み込まれてひっくり返るも、しばし緩い瀬をゆったりと行くものになるも、全ては運任せである。今まで私は様々な旧道に接してきたが、昨今は想像できる範囲を少しでも膨らませ、幻影(小舟の行... 続きを読む

再度の機能変更でヤフーブログの巻き返し成るか?

再度の機能変更で巻き返しは成るのか?昨年11月26日、ヤフーは突然ブログ内のコメント閲覧や投稿をヤフーID所持者(ログイン者)に限定する措置に踏み切った。狙いはスパム行為(自分のサイトの売り込みのみを目的とし、不特定多数のブログに記事とは関係のない書き込みをする行為)防止としているが、その副作用として多くのブロガーで訪問者が減ったのは否めない。ブログを大別すると①情報提供型ブログ②対話重視... 続きを読む