FC2ブログ

後輩K君との再会

このシーンは大河ドラマ「独眼流政宗」第46回に登場する老境に至った伊達政宗である。第46話の冒頭には、この番組の脚本を担当したジェームス三木が晩年近い政宗公の詠んだ漢詩を説明するシーンも登場する。『馬場少年過ぐ世平らかにして白髪多し残軀天の赦すところ楽しまざるを是如何』意味:馬上の少年も幸いなことに無事に世を渡り、最近は白髪も目立ってきた。ここまで生きてきたからには楽しまずしてどうしよう。更... 続きを読む