FC2ブログ

今年の相馬野馬追に伴う私の予定

相馬野馬追 総大将出陣今年も国指定重要無形民族文化財である相馬野馬追が近づいた。相馬氏下総国北西部(現在の千葉県北西部)や陸奥国南東部(現在の浜通り夜ノ森以北)を領した大名。桓武平氏良文流千葉氏の支流。通字は「胤」(たね)。初代の相馬師常は、鎌倉時代初期の武将千葉常胤の次男である。師常が父常胤より相馬郡相馬御厨(現在の千葉県北西部で、松戸から我孫子にかけての一帯)を相続されたことに始まる。戦国時代... 続きを読む

拝啓、日本全国のブロ友様

拝啓、日本全国のブロ友様私はブログの概念を真っ白いキャンバスと捉えている。即ち、何を書こうが本人の選択に委ねられるからである。但し、そうした中にも倫理観が必要なのは言うまでもない。ブログに於ける倫理のあり方については過去に何度か述べた経緯もあるので本日は控えたい。私は現在対話式ブログを運営させて頂いているが、守らねばならないコンプライアンスやモラルはさておき、対話式ブログに於いてはどういうスタンス... 続きを読む

大空への憧れ

Van Halen Dreams Blue Angelsリンク曲Van Halen歌唱&演奏Dreams Blue Angelsについてもし、人様から「あなたがもう一度だけ人生にやり直しが利くとするなら、どういう職業に就きたいか?」と聞かれたら、迷わず「できることならパイロットになりたいです。」とお答えすることだろう。精一杯努力してもなれるかどうかは自信はないが、パイロットを目指してチャレンジすることイコール、己の全てを賭けるに価するものと認識するか... 続きを読む

誼を通じた或る人物との別れ

Albinoni Adagioリンク曲解説昨今、スレッド(直訳:撚り糸、転じてウェブ上で言う一つ一つの記事)を立てる際、YOU TUBEの音楽から入ることが多くなった。今回リンクしたトマゾ・ジョヴァンニ・アルビノーニ(1671~1751)作曲のアダージョはバロック音楽であり、荘厳な旋律の中に、人としてけして失ってならない信念を彷彿させる曲である。私は七年ほど前に人生の分水嶺を越えたが、それからは新たに芽生えた「第三の性... 続きを読む

誹謗中傷対策とは?

ブログに於ける誹謗中傷対策長年ブログを運営していると相当数のかたが誹謗中傷コメントに直面する。聞くところによると、私の親しいブロ友様も経験されている。本日は、そのかたから聞いた情報と、私自身の経験を交えて皆さんにお話したい。特に、まだ一度も誹謗中傷を経験してないブロガー様には是非参考にして頂きたい所存である。先ずはブログの禁止事項となっている誹謗中傷とは一体どういうことなのか?※以下の資料は「誹謗... 続きを読む

いつものカフェで息子とくつろぐ至福のひと時

SONNY ROLLINGS-Round Midnight昨日の昼前、私は仙台市南部の長町駅で電車を降りた。ちょっとした所用を為すためである。いつものカフェで息子とくつろぐ至福のひと時所用を終えてから息子を連れて仙台市街の出入りのカフェに行った。一方通行の狭い道なので、初めて来るかたはここにカフェがあるのになかなか気づき難い。右側のカーサ上杉のサインの下の看板が行きつけのカフェ・モンサンルーである。看板に照明が灯っている時は... 続きを読む

富永有隣に纏わる二人の人物

我が師匠『井澤先生』執筆に向けて前書き2015年12月8日更新のブログで、私は自分が尊敬し師と仰ぐ人物を作品に残したいという旨を述べた経緯がある。その大きなきっかけとなったのが国木田独歩の『富岡先生』である。この作品に登場する富岡先生のモデルになったのが本日紹介する富永有隣であったとされる。奇遇にも最近読んだ「司馬遼太郎が語る日本」の中の『松蔭の優しさ』の中で吉田松蔭と富永有隣の関わりについて触れ... 続きを読む

最近のブログライフ

前書きこれと言うものは何もございませんが、本日は私の最近のブログライフの舞台裏などについてお話したいと存じます。乱筆ゆえ見苦しい点もお在りかと存じますが、何卒宜しくお願い申し上げます。最近のブログライフ朝の私はコーヒータイムから始まる。朝と言っても起床は午前2時前後ゆえ、深夜の部類なのかも知れない。先ずはパソコンの立ち上がりを待つ間の起き掛けにコーヒーを淹れる。これが私のスタンダード的な日常の始ま... 続きを読む

古田織部直筆の手紙

読者の皆様、並びにブロ友様へ日頃のご愛顧には深く感謝しております。以前も述べましたが、私の今のブログの運営スタンスは必ずしも共通の趣味にこだわらないことです。現在、私のブロ友様は多岐に渡ってそれぞれの御趣味をお持ちです。趣味が異なれば己の知らない分野で様々なことをご教示頂きます。世に「知るは楽しみなり。」という言葉がごさいますが、これが今の私の一番の楽しみであります。教えを頂くからには謙虚な姿勢は... 続きを読む

週末の番ブラ

Eric Dolphy-Green Dolphin Streetリンク曲解説byミック今週も一週間が終わろうとしている。全国から次々に梅雨入りの便りが伝わる中、我が東北も来週中には梅雨入りしようとしている。新緑の季節は終り木々の色もすっかり濃くなった。既に6月も半ば近くになって薫風の季節とはいい難いが、せめて週末くらいは都会の匂いに浸りたい。私は殊の外、梅雨入り前の仙台に未練があったのだ。そんな心境に相応しいのが1950年代のJAZZ... 続きを読む

尊敬語と謙譲語は話術の両輪である

ショパン「幻想即興曲」リンク曲について「光陰矢の如し」、「少年老い易く学成り難し」、「馬上少年過ぐ」…若い頃には考えもしなかったことだが、振り返ってみると人生は短い。あっというまに時は過ぎ去った気がしてならない。年を重ねるとほとんどの人はそう思うのではないだろうか。1分10秒頃から始まるこの曲の旋律を聴くと、改めてそういう思いに駆られ、人生の儚さを重ねてしまうのである。では、その儚い人生で人は一体... 続きを読む

あなたはフランク派?それとも至誠派?

 ミックの決意表明フランク派か?それとも至誠派か?いちいちそんなことを考えながら、ブログを運営しているブロガーは少ないのでは?と察している。その前に「ミックさんはなぜこんなことにこだわり、他人にそれを聞くのか?」と逆に聞き返されそうな気がする。本日、私がこうした記事を書こうと思い立ったのは、活字を主な媒体として行われるSNSには、特有の性質(顔と顔を合わせて行う実生活とは異なり、微妙な食い違いが多く... 続きを読む

俊英・秋山真之が用いたT時戦法とは?

その時歴史が動いた「秋山真之が日本海海戦で用いた作戦」秋山真之が用いたT時戦法とは?最近、NHKで過去に放送された「その時歴史が動いた」に接することが多くなってきた。これによって、以前は近世が中心だった私の歴史指向が徐々に他の時代に広がってきた。本日紹介するのは近代の日露戦争にまつわる英傑・秋山真之の活躍である。20世紀初頭の帝政ロシアの南下政策は我が国にとって大きな脅威であった。清国の北部を支配下... 続きを読む

グレースリッジカントリークラブにて

オペラ音楽 Giseppe Verdi - Nabucco - Overtureリンク曲解説(世界の民謡・童謡より引用)『ナブッコ(Nabucco)』は、ヴェルディ作曲の全4幕からなるオペラで1842年にミラノ・スカラ座で初演された。ナブッコはヴェルディにとって3作目のオペラだが、初めて大成功を得た出世作として知られる。特にその第3幕での合唱「行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って」は、今日のイタリアにおいて国歌並みに有名な旋律となっている。ちなみ... 続きを読む

サラリーマンにおける三種の神器とは?

サラリーマンにおける三種の神器とは?昭和三十年代「三種の神器」という言葉が一世を風靡したことがあった。即ち、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の普及である。これによって得られた豊かさは計り知れないものがある。普遍的に人は環境が豊かになれば、自ずと余興に視点が向くものである。従って「三種の神器」がもたらした衣食住の充実は人々に余暇時間を与えた。このころからTVでのナイター中継、プロレス中継、歌謡番組などが始まり、... 続きを読む