FC2ブログ

1月最後のバイクラン

 Don Henley The Boys of Summer リンク曲について今の私はあまりチャラチャラした曲を好まない。どちらかと言うと落ち着いた洋楽が好みである。自分の範囲としてはテンションを高めたい趣向なら70年代~80年代のハードロック、ヘビメタ、マーチ。落ち着きたいシチュエーションなら、クラシックやジャズ(ジャズになると年代の範囲は広く50年代~最近のものまでOK)といったところである。本日リンクしたドン・ヘンリーのTh... 続きを読む

随筆「坂口安吾という作家」

随筆「坂口安吾という作家」坂口安吾という作家の独創性は認めるが、尊敬する人物には至っていない。その理由は二つある。一つは尊敬して止まない伊達政宗公のことを見下した作品「安吾の新日本地理 伊達政宗の城に乗込む」-仙台の巻-(1951年発行)http://www.aozora.gr.jp/cards/001095/files/45903_37422.htmlの存在である。この作品ははっきり言って「仙台藩祖・伊達政宗公へのダメ出し」である。坂口は冒頭から政宗公... 続きを読む

大正末期の仙台を走った路面電車

懐かしい路面電車を見たい…昔の仙台の街を走った路面電車(市電)を見るために、私は仙台市南部の富沢に向かった。航空写真で「仙台市電保存館」の位置を確認して頂きたい。位置はややわかりづらい場所にあるが、この富沢南ポンプ場が目印である。(ポンプ城から南西に200メートルの地点が「仙台市電保存館」である。住所:仙台市太白区富沢字中河原2-1 問い合わせTEL022-244-1267休館日・月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)... 続きを読む

本日の春探し

本日の春探し後一週間で節分である。この時期になると全国に散らばるブロ友様から続々と花便りが届く。特に温暖な地域にお住まいのかたからはヒヤシンスやパンジーや梅の開花などが届いている。残念ながら、我が仙台に於いて梅の花が咲くのは3月ゆえ、まだまだ先である。それでも何か春の兆しを感ずるものはないか…片鱗でもいい。私はそんな思いに駆られて愛車に跨った。足元は建設現場用のブーツである。バイクに乗るとき、心の... 続きを読む

久しぶりの塩竈訪問

久しぶりの塩竈訪問本日、私は8ヶ月ぶりで塩竃(塩釜とも)を訪れた。昨年の5月に息子とゴルフのラウンドをして以来の訪問である。まず私が向かったのは国道45号線沿いの中華食堂・金華である。金華の外観はお世辞にもきれいとは言えない。老夫婦がやりくりする老舗の大衆食堂である。このメニューは海老そばと言って他の地域ではあまり見かけないメニューであるが、海老を一度揚げてからあんかけに絡めるという非常に手の込んだ... 続きを読む

ドトールコーヒー北仙台駅前店で味わう至福

 Stan Getz - Dreams リンク曲についてこのところ、ディスコソングのリンクが続いたので、今回は趣向を変えて80年代のジャズをリンクしてみた。この年になると、ちゃらちゃらした曲よりもこうした落ち着いた曲調に己の感性がピッタリ来るのである。私は昔からものの価値を古い新しいという基準で決めないし、ファッションも流行は追わない。身だしなみは不可欠であるが、人は中味が肝心である。口髭(コンチネンタル)こそ生や... 続きを読む

エッセイ「寒中興在り」

小学校高学年の頃、仙台市北部の水の森というところにスケート場があった。私は冬休みになると、親しい友達数人と連れ立ってよくスケートをしに行ったものであった。その時にかけられていた音楽がこのスケーターズワルツである。小学校高学年時の冬場の遊びと言えばそり遊びとスケートとサッカーだった。親友でもあり、ライバルでもあったSとは何かにつけてライバル意識を燃やしたものだった。スケートに於いてモチベーションどち... 続きを読む

エッセイ「在りし日の親父への回想」

 Pet Shop Boys-It's a Sin-Live リンク曲についてPet Shop Boysを代表するこの曲は80年代後半から90年代前半に大ヒットし、夜の街に行くと、クラブやキャバレーなどでよく耳にしたものであった。前奏のパイプオルガンによる演奏はまるで賛美歌を思わせるような宗教音楽を彷彿させる。しかしながら、1分過ぎに曲調が豹変し、ディスコミュージックの本性を現す。私はこの曲調の変化に自分がたどった人生航路の暗喩を感じ... 続きを読む

ドトールコーヒー北仙台前店開店!

 Kool and The Gang-Celebration リンク曲についてクール&ザギャングのセレブレーションと言ったら70年代のディスコソングを代表する曲の一つである。私もサラリーマン駆け出しの頃、通勤時にカーオーディオで毎日のように聴いたことがあり、ほろ苦い当時の思い出も彷彿し大変懐かしい曲である。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※祝!ドトールコーヒー北仙台店開店本日午前中、私はあるカフェの開店に際し、JR北仙台駅前に足を... 続きを読む

寒い冬を制するための秘策を交換しませんか?

寒い冬を制するための秘策を交換しませんか?今日の天気予報を見ると宮城県地方は夕方から雪が降るということで、今現在も外を見るとみぞれがちらついているようである。雪の降る前にできることをいろいろと考えた私はバイクでポタリングに出かけることにした。気温は6度である。普通の手袋では手がかじかむ温度である。私はそれに備えて普通の皮手袋と防寒手袋の2種類を持って、羽毛ジャンバーを纏い出発した。10分ほどで普通... 続きを読む

歴史エッセイ「伊達政宗公生誕450周年を迎えて」

2007年放送NHKその時歴史が動いた「天下に旗をあげよ 伊達政宗ヨーロッパに懸けた夢2/4」リンク動画についてこの動画はわずか13分ですが、伊達政宗公が大船を造ってまで海外に使節団を派遣した理由がよくわかります。興味のあるかたはご覧になってください。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※歴史エッセイ「伊達政宗公生誕450周年を迎えて」仙台城を訪ねたのは三年ぶりくらいだろうか。仕事で仙台を離れて他方に移り住み再... 続きを読む

仙台新港14キロウォーキング

 Pet Shop Boys - West End Girls リンク曲についてウォーキングする時に単調を避ける意味で気に入った洋楽を心の中で口ずさむことが多い。そんな時にはこのようなテンポのよい曲がベストマッチである。敢えて歌詞がわからない洋楽を選ぶことで自分なりにイマジネーションを膨らませる。Pet Shop Boys - West End Girlsから連想するのは「雑念を捨てて淡々と歩く」ことである。※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※仙台新港14キロウ... 続きを読む

仙台城の探訪その1

仙台城の探訪その1本日の午後私は地下鉄東西線に乗って、或る目的地に向かった。私が降りたのは国際センター駅である。ここからは仙台国際センターの他に仙台城、仙台市博物館、宮城県美術館にアクセスするのに便利である。仙台に観光目当てで来るかたには是非お見知りおき願いたい駅である。駅の斜め向かいにあるのが扇坂である。藩政時代、藩主の出入りは大手門からであったが、その他の家臣(仙台藩士)はこの扇坂から城に出入... 続きを読む

本日14時現在の仙台の積雪状況

私のブログの特徴はブロ友様とも誼を重んずることである。歴史や文学ばかりを扱うとどうしても堅い雰囲気となりかねないので、時に親睦を深める意味に於いて四方山話を重要視している。四方山話の定番と言えば天気のこととなる。これは本日14時頃の仙台市の積雪の状態である。積雪は2センチほどで、路面でも日の当るところは融けて湿潤状態となっている。天候は基本的に晴れで、時折日照が曇で遮られ、たまに小雪が散らつく程度... 続きを読む

映画「五稜郭」感想

 映画「五稜郭」宮古湾海戦 映画「五稜郭」前書き私は以前から全国に散らばるブロ友様の郷里の歴史についていろいろと調べているが、本日紹介する映画版「五稜郭」は北海道の函館にお住まいのブロ友様・joeyrock様への誼を深めたいということが動機の一つになっている。※joeyrock様ブログTake delight in rockへのリンクhttp://blogs.yahoo.co.jp/joeyjoey6966もう一つの動機は私の昨今の幕末指向である。ここで、もし人様から「... 続きを読む

ミックポエム「最後のカウントダウン」

 Eurrope-The Final Countdown ミックポエム「最後のカウントダウン」今思えば俺のサラリーマン人生の最後はイチかバチかの懸けだった。武士は大義に生き、大義を果たせて死ねるならば、死を恐れずに敵に向かって行く。「立ったまま最後のカウントダウンを聞くのはどっちだ?」俺はこれを何度自分の胸に言い聞かせたかわからない。格闘技の試合を見ればわかるだろう。戦う前に相手の目を見ないファイターはその時点で負けている... 続きを読む

ブラミック…南仙台近辺

ブラミック…南仙台近辺今朝の仙台はほんの少しだけ積雪も見られた。昨年末から続いた暖冬もそろそろ終りだろうか?ウォーキングのために本日、私が東北本線上り列車で向かったのはJR南仙台駅である。※画像は南仙台駅西口である。駅から徒歩1分のところに鎮座しているのは明治時代に造られた中田神社である。この後、私は駅前通りを西に向かった。本日の行程をgoogle航空写真でご覧頂きたい。黄色:下車したJR南仙台駅オレンジ... 続きを読む

仙台北部ポタリングパートⅡ

 Creeping Death-Metallica リンク曲についてきょうは久々にハードロックのリンクである。ハードロックやヘビメタはどうも…というかたはパスして頂きたい。私はクラシック音楽(主にオペラ音楽)を好む一方でこうした激しい旋律の洋楽も好む。バイクに乗って疾走する感覚を音楽に現すとハードロックやヘビメタになるのである。だからと言ってハイテンションが理性を上回った状態でライディングするわけではない。実はライダ... 続きを読む

今年の仙台は暖冬です

今年の仙台は暖冬です今年は全国的に暖冬傾向と聞いているが、我が仙台もご覧の通りで雪がまったく積もっていない。仙台の冬の積雪はバラツキが大きく年によっては1月初めに降った雪が解けずにずっと残ることがある。そんなときはバイクもゴルフもシーズンオフになるが、今年は今のところその気配がないようである。定年を迎えて今はゆっくり過ごしているが、今気をつけているのは①運動不足にならないこと(ウォーキングや... 続きを読む

エッセイ「早い時間から飲む酒の味」

 TOTO I'll Be Over You Live 1990 https://www.youtube.com/watch?v=zrZUh9ZzeBQエッセイ「早い時間から飲む酒の味」五十台前半までの私の仕事は、当に陸の上の船乗りのようなものだった。船乗りは港を出て長い航海に旅立つ。外海に出れば板子一枚地獄の世界が待っている。長い航海(地方出張)での唯一の楽しみが酒であり、つかの間の余興だった。東北の地方都市の飲み屋でウイスキーのオンザロックを飲みながらよく歌... 続きを読む

藩政期に於ける庄内藩

前書き私は今、ブログで何ができるかいろいろと考えている。単なる日記に留めるのは余りにももったいない気がするからである。最近試みたものの一つに全国に散らばるブロ友様のお住まいの地域の歴史やゆかりの人物などを探ることがある。今回取り上げる本間勝喜著『庄内藩』は山形県の日本海沿岸部に位置し、ブロ友様のつや姫様が居住されている地区である。つや姫様日記のブログへのリンクhttp://blogs.yahoo.co.jp/battenyokodes... 続きを読む

過ぎ去ったサラリーマン時代への回想

 Mozart - Marriage Of Figaro リンク曲についてモーツアルトの「フィガロの結婚」を今改めて聴くと、亡くなった叔父のことを思い出す。今でも仙台市青葉区一番町の向陽会館の前を通るときあの日のことを思い浮かべるのである。あれは昭和三十年代半ばのことだった。物心ついたばかりの私は当に暴れん坊で結婚式に招かれたら何をしでかすかわからないような腕白坊主だったと母は後になって語っている。叔父の結婚式は私の追憶の... 続きを読む

今年初のショートコースラウンド

今年初のショートコースラウンド今日の仙台地方は最高気温は8度であったが、曇り空で日照が遮られ肌寒い一日であった。私は息子を連れ立ってショートコースのホームグラウンドである青葉山ゴルフ場に向かった。42球の打ちっ放し練習の後、ショートコースで今年の初ラウンドを行った。一番ホール(100ヤード)でティーショットを放つミック、今日は出だしが悪く3オン2パットのダブルボギーを叩いてしまった。同じく一番ホー... 続きを読む

エッセイ『苦労をともに分かち合ったベスト』

エッセイ『苦労をともに分かち合ったベスト』以前、私のサラリーマン生活の後半をともに歩んだ自転車の話をしたが、今日はチョッキの話をしたい。あれは11年少し前のことだった。人生初めての転勤で東京勤務となった私は更に九州に出張を命ぜられた。三週間ほどの福岡勤務を経て11月半ばからは佐賀に乗り込んだ。このベストはその時に地元のホームセンターで買い求めたものである。なんの変哲もないダウンのベストであるが、そ... 続きを読む

ミック流元日の過ごし方

ミック流元日の過ごし方皆さん、あけましておめでとうごさいます。元日と言えば初詣に行き、おせち料理を食べ、おとそを飲み、ご家族様や親族様とのんびりと過ごされているかたも多いと察しています。もちろん、それはそれで素晴らしいことですが、元日と言ってもじっとしていられないのが私の通年の元日です。(笑)家族が寝静まっている本日の早朝、私は家に置手紙を残して一人でJR仙台駅に向かった。私が乗車したのは6時32... 続きを読む